カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

散歩

2016-10-19 00:22:09 | 字書きさんにお題出してみったー
たかあきさん、『編集室』を舞台に、『紺青』と『刑事』と『落葉』の内二つをテーマにして話を書いてみませんか。

 自称三文文士の鷹塔が編集部の担当に泣き付かれつつ『不死の兵士』のテコ入れに励んでいた秋のある日。
 修理が終わった御嶽丸は大家がアイツの「蒸気犬は本当の犬のように毛を散らかしたり粗相をしたり無駄吠えしたりは絶対にしません!だから追い出さないで下さい!」という哀願を聞き入れ、何とか事務所に置いても良いことになった。「クロおいで」などと嬉しそうに御嶽丸に声を掛けながら散歩に出ていくアイツは、ついでに先生の茶菓子でも買ってきますよと付け加える程に上機嫌で、俺としてはいきなり天候が崩れて雷でも落ちて来ないかと心配になる程だった。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 恩讐 | トップ | 傷跡 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。