カケラノコトバ

たかあきによる創作文置き場です

第二十九夜・葡萄棚のある光景

2017-07-13 19:38:09 | 百人一首と色名で百物語
たかあきで『光のどけき』と『葡萄色』を使って創作してください。

 澄み渡る空の下で一面に広がるのは青々と茂る葡萄棚。ちょうど目線の高さに据えられた線路は時折マッチ箱を連ねたような電車が通り過ぎる、極めて長閑な、文字通り絵に描いたような田舎町の光景。
 だが、それが一体何処なのか、私にはどうしても思い出せない。代わりに思い出すのは、何故か瓶を叩き割ったような衝撃と、辺り一面に飛び散る黒ずんだ葡萄酒色に染まった自分。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 第二十八夜・ピヨの未来 | トップ | 第三十夜・懐(ゆか)しい名前 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。