青森県精子提供ボランティア スタリオン AB型

東北の青森県を中心に個人精子提供者をしています。男性不妊のご夫婦、選択シングルマザーご希望の方に無償提供致します。

タイミング法に対する抵抗

2019-12-08 16:09:48 | 日記
 精子提供の方法も色々とありますが、その中でもやはり最も確率が高いのはタイミング法になります。
私の活動する広域な地方での提供活動には、公共交通機関の発達している都心部とは違う制約が伴います。

電車等の公共交通機関が発達している都心部では、低料金で短時間の移動ができるため、シリンジ法もそれなりに有効な手段として成立すると思います。
また、匿名や正規の配偶者の精子と偽っての病院持ち込みによる人工授精も比較的容易でしょう。

ですが、地方では上記のシリンジ法や病院持ち込みで成功を望むとなると、なかなか難しいのが現状です。
まず、移動は自動車が基本となるため、ガソリン代も都心部での電車賃とは比べ物にならない程かかりますし、往復の移動時間も相当なものです。

そうした制約がある地方でのご提供となると、必然的にタイミング法が最良の選択肢になってきます。
どうしても第3者とのタイミング法に抵抗があると言う方は、残念ながらもっと大きい街の大病院で多額の治療費と交通費を掛けて妊娠を目指されるのが良いでしょう。

そうした、タイミング法に対する抵抗感を乗り越え、一歩踏み出すお気持ちになられた女性に対してスタリオンは協力して行きたいと思います。
まずは、タイミング法に対する抵抗感が取り除けないのなら、メールだけでのご相談でも結構ですし、実際に面談してみてそこでキャンセルして頂いても構いません。

基本的に、生殖は男女が体を一つにすることによって成立するのが自然であり、最も成功します。
それは分かっていても、なかなか踏み出せないお気持ちも理解できます。

しかし、そこで第一歩のメールを送信して頂けなければ、私は貴女の存在を知りえませんし、出来ることは何もありません。
最終的に元気なお子様を授かって頂きたい、それが叶わないご夫婦や選択的シングルマザーを希望される方に対する実務的なお手伝いをするのが提供者の使命であり、それ以上個人の家庭に踏み込まないのも、また義務であると考えています。

批判はお断り致しますが、前向きなご相談ならいつでも歓迎しています。
寒い師走ですが、気持ちは暖かく前を向いて過ごして頂ければと思います。

精子提供のご相談は、青森県精子提供ボランティア スタリオンの自己紹介・連絡先について に記載されているメールアドレスまでお願いします。
コメント   この記事についてブログを書く
« ブログの更新頻度 | トップ | 新進気鋭 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事