青森県精子提供ボランティア スタリオン AB型(コミナティワクチン2回接種済み)

東北の青森県を中心に個人精子提供者をしています。男性不妊のご夫婦、選択シングルマザーご希望の方に無償提供致します。

NHK クローズアップ現代+「それでも子どもをもちたい 広がるSNS精子提供」

2021-09-10 21:11:33 | 日記
 以前取材受けをしていたNHKの番組が9月14日に放送されるそうです。
仮取材という事で先方からお話があったのですが、いつの間にか完成していた様です。

本日までオフレコの約束でしたが、事前に連絡があったのでスタリオンからの取材内容も少しは含まれているのかも知れません。
30分程度の番組なのでどこまでの内容なのかは分かりませんが、あれこれと推測はせずに番組を観てから論評したいと思います。

取材に協力する条件として私が特に強調した点があります。
昔の事を覚えている方もいるかと思いますが、クローズアップ現代が精子提供についての番組を作るのは今回が初めてではありません。

2014年2月27日に
「徹底追跡 精子提供サイト」
というタイトルで番組を作った実績があるのですが、これがあまりにも酷い内容で、当時活動していた個人精子提供者の相当数を敵に回した経緯があります。

最初のボタンの掛け違いは恐ろしい物で、当時の番組内容を簡単に書くと、
「個人精子提供者は危ない危ない、怪しい問題のある奴ばかりだ!」
の様な内容で、最後に否定論者の権威の様な人の話で締め括っていたような内容でした。

それから随分時間も経ちましたが、今回の方は前回の作成者とは違う方で、以前の番組に対しては真摯に反省しているとの事でしたので、リモート取材での協力をする事にしました。
勿論〇ラ〇ナパートナーの様な悪質なサイトもあるので、こうした点に受ける批判に反論の余地はありません。

その上で、真面目に無償・自分の力で情報発信している正統派提供者がいる事も知って欲しいと言う要望でお答えしました。

交流のある提供者の中には、番組の影響を恐れて一時的にサイトを閉鎖する意向の方もいらっしゃいますが、今回は私も番組作成の片棒を担ぎましたので、私は私で正面から向き合いたいと思います。
その上で、この番組により依頼が増えるとは思っていませんが、個人精子提供業界に迷惑が掛かる様ならスタリオンも責任を感じます。

メディアに協力する精子提供者は先行者が何人かいますが、とにかく私が心配しているのは他の方達に迷惑が掛からないかという事です。
NHKが良い方向に変わってくれたか・・・自らの目で確かめたいと思います。

精子提供のご相談は、青森県精子提供ボランティア スタリオンの自己紹介・連絡先について に記載されているメールアドレスまでお願いします。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 妊娠協力金 | トップ | 概ね公正な内容だったのでは... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事