<表示される広告について>

パソコン・スマートフォン版などでご覧になる場合に広告が表示されることがありますが、「立正佼成会」および「立正佼成会館山教会」・「トンヤイの個人ブログ 立正佼成会館山教会の一会員」とは一切関係はありません。パケット料金など発生するかもしれません。また有料サイトもあるかもしれません。閲覧などはご自身の責任でお願いします。生じたトラブルなどは「立正佼成会」および「立正佼成会館山教会」・「トンヤイの個人ブログ 立正佼成会館山教会の一会員」は一切対応できませんのでご注意をお願い致します。

佼成9月号 会長先生ご法話
『善い縁を結ぶために』
~最高のご縁とは~

私たちは日々、さまざまなご縁のなかで生きています。縁によって生かされている、といってもいいでしょう。人との出会い、ものごととの出会い、そして家族との会話一つも、そのときのタイミングが生みだす縁によるものです。
●いつかのどこかで縁が違っていたら、今の自分はいない。多くの出会いの中で今の自分が存在している。多くの出会いの中でご結婚される縁。
●現象もいろいろな円の中で自分にとって都合のよい現象だけあってほしいと思ってしまいます。
●「いつも応援してくれる人」と「いつもそっぽを向いている人、反抗的な人」など違いがる
◎私の心が決めている・自分の主観的な見方
◎人の心と向き合って自分が学んでいく⇒自分の心にふれる縁は、すべて神仏のおはからい

どうしてもに嫌いな人もいるかもしれませんが、こちらが思うえば相手も思う・・・調和している
◎縁をとおして真理を学び、受けとることができたら、それこそが「善い縁を結ぶ」ことの本来の意味だと思います。仏教徒であれば、仏の教えを伝えるご縁がそれに当たります。すると、すでにサンガに連なる私たちは、最高の善縁に恵まれた幸せ者といえそうです

~心の姿勢が大事~
「ところで、私たちはどうして善い縁を望むのでしょうか」
→仏の教えからすると、私たちは仏性(ぶっしょう)そのものとして生まれてきたからです。それが、善い縁を結びたいと願う根源的(こんげんてき)な理由です。すべてが調和した円満な状態を、私たちの心はつねに求めているのです。
→そのような私たちが、つい顔をのぞかせる自分勝手な思いに負けないで、出会う人やものごとをいつでも善い縁にしていくポイントは、
◎そのご縁が何を教えているのかを「学ぶ」姿勢と、そのことで気づいた点を「省(かえり)みる」こと
◎仏は、あらゆるかたちで教えを説き、真理を示していますから、人やできごととの出会いのなかにあるお諭(さと)しをキャッチすることで、すべてが善縁となる


また、法華経(ほけきょう)の「妙荘厳王本事品(みょうしょうごんのうほんじほん)」は、子が親を仏の教えに導く説話ですが、ここでは親である妙荘厳王が、立場や体面(たいめん)にとらわれないで「柔軟(にゅうなん)」に子の進言(しんげん)を聞き入れ、「謙虚」な気持ちで仏道修行に励む姿勢が描かれています。
●自分の苦が人を救う経験にもなる。
●親を教化→子どもは奇跡を見せる=教えを実践することで自分が変わっていく

開祖さまは、善い縁をつくるには「まず人さまを拝(おが)むこと」と示され、自分を高く見せようとする小我(しょうが)を捨てると、善い縁となるふれあいが生まれるともいっています。心一つで、わが子が人生の師ともなる善縁が展開するのです。子どもからの指摘を柔軟に受け入れられない「頑固(がんこ)おやじ」には耳が痛い話ですが、わがままが出がちな家族だからこそ、日々、善い縁を繰り返す心の姿勢が大切なのだと、自戒(じかい)しています。
●「頑固おやじ」自分の経験・知識だけがすべてだと、人の話を聞かない、人の話をさえぎって自分の話をする・・・にならないように。

今月十日に「報恩会」を迎える脇祖さまは、「人の気持ちをよくくんでものごとにあたったらなら、どんな人とでも円満におつきあいできる」といって、つねに人を思いやることを忘れず、「人さまを救うのは、まごころが第一」と語ったとおり、慈悲(じひ)に徹する姿勢を貫きました。病(やまい)の問屋といわれるほどの病苦や、貧しい暮らしのなかで味わった悲しみから、「善い縁は、まごころが結ぶ」という真実を体験的に学ばれたのだと思います。
 
では、いま私たちのまわりで苦悩にあえぐ人の求めに、私たちはどう応(こた)えたらいいのでしょうか、----大事なご縁を見逃しているのかもしれません。
 
 
 

 ******************************************************************

「佼成9月号 会長先生ご法話かみしめ」の投稿はこれで終わりです。

*******************************************************************

 表示される広告は、「立正佼成会」および「立正佼成会館山教会」・「トンヤイの個人ブログ 立正佼成会館山教会の一会員」とは一切関係ありませんのでご注意ください。