サイトが復活しました!是非♪ http://www.a-fastrun.com/

修羅の国と人は言う

2018年11月20日 07時10分03秒 | 日記
■おはようございます!
ある記事でこんな表現を見ました。
インスタグラム ⇒ オアシス  ツイッター ⇒ 修羅の国

体感的に理解できる部分もありますが、
そんなものなのかなーとキョトンとして記事を読んでました。


■ツイッターをあまり見ないようになってから10カ月くらいかな。
スマホもほとんど触りませんし、ラインなんて広告の着信の方が多いというw
身の回りにコミュニケーション相手がいるのでネットを介す必要が無いという点と、
もうひとつは、今、ネットの向こう側に、趣味の合う人をもう探していないのかもしれないですね。
後者が多分核心何だと思います。


■いろんなニュースや映像に簡単に触れれるようになりました。
個人の発信力も強い方々が増えて、うちの子供たちもユーチューブにはまってますし^^

で、私はと言えば、今は吸収する期間に入っている気がします。
いろんな本物の作品に触れて、自分を磨く時間とでも申しましょうか。
そっちの方に欲は傾いております。


■で、昨日、健康診断の結果が届きました。
胃・肝臓はずいぶん改善されましたが、お酒を抑えるために食欲を開放してたことと
ランニングをしていなかったことがたたって、メタボの一歩手前です(TT)
今日から食事をカロリー抑制の野菜中心に変えて、走り込みを始めないとあかんですな~w
30代や40前半のようにはいかず、
しっかりと付けが回ってくる身体になってますw

ではではみなさん、今日もよい1日を~(・∀・)
コメント

「湯を沸かすほどの熱い愛」

2018年11月19日 06時44分57秒 | movie & touch
■私の好みなのかも知れませんが、最近見た日本の映画のほとんどが
まず主人公の余命が少ないことを知らされ、残された時間をどう過ごすんじゃいという
パターンのものです。
この映画もそうです。

世間がこういう映画や物語を求めているのでしょうね。きっと。


■一方、訳の分からない不条理劇も多いですが、
中でもぶっちぎりなのが巨匠デビッドリンチ監督の
ツインピークスリミテッド・イベント・シリーズでしょう♪
他の追随を許さない独走っぷりがすごいです。
ツインピークスの記号を用いて全く別の物語を展開しているようです。
楽しんでいる感がめちゃめちゃ伝わってきます。

あーーー連休が恋しいっすな~(-_-)
コメント

仕事で灰になる年末(ノД`)

2018年11月15日 21時37分38秒 | MGガンダム ver2.0






■そんな訳で、燃えかすの日々を送っております。
部屋でぼーっとして過ごしているうちに、新年になりそうな勢いですが、焦らずに、このキットを進めてます。

うぇ~い(-ω-;)
コメント

「勝手にふるえてろ」

2018年11月10日 07時49分08秒 | movie & touch
■おはようございます!
今日は3男の誕生日でして、なんだか不思議な気分です。
我が家の中で、もっとも怪我した回数が多い野郎なんです。
車にはねられたこともありますし、救急車には2年に1回のペースでお世話になっております。
それでも廃人のように、モニターの前に座って今日もゲームを楽しんでおります。
模型や漫画に廃人のように溺れる私を見て
親も同じ心境だったんだろうな~と遠い目になります(^^)


■主役の松岡さんが結構気になってましてw
彼女の作品は「桐島部活やめるってよ」からですが性格の悪い子役が巧いっす。

で、作品そのものは最近見た作品の中では胸に刺さるものがありました。
とにかく緩急のテンポがいいのと隅々まで気配りが行き届いてる感じがして
最後まで一気に見れました。
コメント

まずは(´▽`)ノ

2018年11月09日 22時20分46秒 | MGガンダム ver2.0


■やっぱりいい顔してます(´▽`)ノ
一部パーツが無かったので、途中で止まっておりましたが、
ようやくキットを購入しまして、再開しております♪


■勢いで買うだけ買っておいて完成しない率ナンバー1は
間違いなくファーストガンダムですw
当時のガンプラブームの影響で、ガンプラを買うことにはほぼ抵抗がありませんので
ゲットできた喜びで満足してしまうんですねw
同じくらいの金額の牛肉やウィスキー買うときの方がそーとー迷うという
昔の体験の擦り込みって怖いです。


■デカダンスに大きく傾いていたオーラバトラーを
王道のシンプルな造形で一気に原点に引き戻して見せた2010年版ブスジマックスダンバインのように
昔の144ガンダムに私たちが追い求めていたアニメのイメージを具現化し、
各々のイメージが膨張していた状況に一旦区切りをつけたのが
このMGガンダムver2.0と受け止めております。

それを象徴しているのが、
肩であり、胸ダクトであり脚部のラインです。
同じバージョンのジムが、ジムらしい男前になったのも大いにうなずけます。
やっぱり原点回帰や原点に立ち返って考えることは大切ですね。
コメント