青木の犬考手帳

貴志川ドッグスクール 公認一級訓練士 青木純二
問い合わせ先 和歌山県動物愛護センターホームページを参照

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インターネットの活用

2018-01-23 | Weblog
昨年6月に学術誌「Nature Ecology and Evolution」にベルギーのルーヴェン・カトリック大学の研究者が、昔の猫のDNAを調べた結果を論文で投稿していました。今までイエネコは5000年くらい前にネズミから食料などを守るために家畜化された、っていうのが定説でしたが、この論文ではそれよりもかなり前、9000年~1万年くらい前に、ネズミを追って自分からヒトとの共存を開始した、とされています。面白いですね、こういう学術論文を読んで情報を集めるのは大切です。数年前に「彼女が自分のチワワに咬まれそうになって怖がっている」という質問に「犬にどっちが強いか、思い知らさなければダメです」って回答しているしつけ(?)のサイトがありました。このような考え方が広まってしまうのは恐ろしい事です。ちょっとした事を調べるのにインターネットはとても便利で、外国の論文なども閲覧する事が可能ですし、画像や動画の情報も見られます。ただしネット上で拡散されている情報がすべて正しいわけではない事は注意しなければなりません。
コメント

「体罰」を考えてみます

2018-01-17 | Weblog
先日フェイスブックで「訓練所に訓練に出した柴犬が体罰によって眼球摘出手術を受けなければならなくなった」という記事がアップされていました。未だにそういう訓練士がいる事にビックリしました。私の若い頃は「叩く、蹴るは当たり前」ってところがあったのは事実で、訓練士に蹴られて内蔵破裂で死亡した、なんて話もありました。どうして「体罰」を与えるのでしょうか。「云う事を聞かないから」「逆らって咬もうとしたから」「粗相をしたから」等々理由はいろいろあるかもしれません。それと飼い主が罹っている「アルファシンドローム(権勢症候群)」・・・飼い主が「自分がボスでボスに逆らう犬は許さない、逆らったら痛い目に遭う事を教えてやる」って考える・・・なんてケースもあるでしょう。でも考えてみて下さい、犬達は人の言葉を全て理解できる動物でしょうか?いや、理解できるわけがありません。犬達は「言葉を聞いて→何か行動して→その結果嬉しかった」で覚えていきます。犬だけではなく人を含めた生物は「自分のやった行動の結果が自分にメリットがあったかデメリットがあったか」で学習していくのです。「叱られた(怒られた)」場合に「どうして叱られたか」を理解できるのは人間だけです。犬にとって「叱られた」って事は「イヤな(コワイ)事をされた」って事です。ましてや「体罰」はモノ凄く恐ろしい事をされた、と学習します。「体罰」の最大の欠点は「誰がやったか分かってしまう」事です。そして厳しい「体罰」を加えられた犬は「同程度か、より強い体罰を加えなければ」従わなくなります。そしてそれ(強い体罰)を加えられない者、とくに弱い者に対する攻撃性が強くなってしまいます。「困った事をやったら叱って治す」のではなく「困った事が出来ない工夫をして、同じ条件で困った事をやらなかった事」をしっかり褒めてその行動を強化する事が大切です。特に仔犬の頃からその習慣をつけて行かなければならないのです。
コメント