青木の犬考手帳

貴志川ドッグスクール 公認一級訓練士 青木純二
問い合わせ先 和歌山県動物愛護センターホームページを参照

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛犬との災害対策

2016-11-27 | Weblog
今週の水曜日(23日)に我々「和歌山動物愛護推進実行委員会」主催の「どうする?災害時に備えたペットの救護対策」というイベントがおこなわれました。和歌山市にあるビッグ愛を会場にして、県や市、動物福祉協会、愛玩動物協会、動物病院協会、災害救助犬協会などの公益社団法人の後援受けて実施されました。一般から100数10名の参加者が数10頭の犬や猫を連れて参加されました。このイベントは環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」に基づいて、我々犬のしつけ方の指導員が災害時に備えた、普段からのしつけ方などをお話しました。さらに、元自衛官である和歌山市危機管理局主幹による、阪神大震災や東日本大震災、熊本の震災への救護出動体験や福祉協会顧問の山口先生による「同行避難にむけて」などの講演もしていただきました。昼休みには外の駐車場で和歌山市消防署による「ペットとともに避難体験」も実施されました。災害時は突然起こります。その時にあわてて対応する、愛する犬猫達と同行避難ができない、などの問題を少しでも軽減するのが「普段からのしつけ方(好ましい生活習慣の構築)」なのです。他の犬を見たら吠えてしまう、ハウス(キャリーケース)に入らない、他所の人を怖がる等々の問題も「社会性の構築」と「普段からの愛犬とのつき合い方」で改善されるのです。今日教えて、明日から良くなるなんて都合のイイものではありません。一週間でダメだったら、一ヶ月、一ヶ月でダメだったら半年、と根気よく続けていくことが大切です。まず、「ハウスに入って安心して大人しくしていられる」、から初めてみませんか?東日本大震災の時に地震に驚いて押し入れに逃げ込んだ多くの猫達が呼んでも出てこずに、津波に飲み込まれて死んでいったそうです。「ハウスは安心」という習慣が作られていれば、何割かは助かったと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 愛犬に教える事は | トップ | 基本に戻って「しつけ」を考... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事