海に吹く風

海の大好きな私
ここで皆さんとお話しましょう

日々思うこと、短歌についても書いていきます

夜のテーブル

2016-10-15 05:15:41 | 短歌

うつしよの色をさらされ真白なるボーンチャイナの響き合ふ夜

真夜中に開く葡萄の瞳に映る諍いのあとの白きテーブル

夕暮れのテーブルにある寂しさにうつすら濡るる青葡萄の実

雌鹿の瞳のやうな葡萄の実濡れたるままに皿にしずもる

複眼の眼をして我を見つめたりテーブルの上の夜の葡萄は
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと買えました! | トップ | 金木犀 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌」カテゴリの最新記事