青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

夏の十勝岳 と 美瑛岳を登る(日帰り)~ 十勝岳編

2018年08月06日 21時17分33秒 | 同上 (山歩き)
8月5日(日)

望岳台での朝。

4時起床。雲は出ているが、半分晴れ。
よし行くか。準備だ。



▲ 5時半に出発。

十勝岳頂上には雲がかかっているが、美瑛岳は頂上の山影がクリア。
ま、いいんじゃないの。




▲ これからの行程を赤線で示すと

現在地から十勝岳頂上を目指す。
そこから右へ美瑛岳頂上を目指して縦走を試みる。
問題は、この尾根づたいの縦走だ。ガスれば幅広い稜線ゆえに迷うリスクがある。
美瑛岳頂上からは十勝岳との分岐点を目指して下山だ。

標高差は1147mだが、縦走で下降・上昇するので累積標高差は1577m。
コースタイムで9時間25分もある。
大丈夫かな・・


 

▲ いつもの花が目に入った。

紫はリンドウのたぐい? おおざっぱなことしかいえない(笑)。
火山道の登りではこの花のみ。




▲ 十勝岳避難小屋。

5年前はこの辺りから小雨状態になって、そのあとの山行はガスガスで悲惨なことになった。




▲ 十勝岳は噴火警報1で、先の北海道駒ケ岳と同じく「火山であることに留意する」レベルだが、駒ケ岳とは比べものにならないほど火山然としている。

登山口から硫黄臭があるし、山道はこのような火山礫の道がずっと続く。




▲ 右手に、大正火口。

深くえぐられて、下まで続く。




▲ これは頂上ではない。前十勝。

この瓦礫の山を越えて、初めて十勝山頂への稜線道が始まる。
赤丸をつけたところに、登山者のシルエットが。




▲ 前十勝を登りきると

十勝岳山頂と、その右下にグラウンド火口が現れた。


少しズームすると


▲ 山頂下の削られた、シマシマ模様の奇妙さに目がいく。





▲ 左手には、美瑛岳が見える。

山頂の右手には雲がかかっている。
ほんとに、あそこまで行くのかよ・・





▲ とにかく、この山頂までの長い稜線を前進することだ。

赤丸に先行く登山者がひとり。




▲ すぐ右手にはスリバチ火口が。




▲ 来た山道を振り返ってみる。

稜線を右から左へ上がってきた。
広い稜線と山腹だなあ。これが北海道の山だ。

手前に赤丸した黄色服の登山者、この方には後ほど大変お世話になることに・・




▲ 再度、右手のはるか向こうに美瑛岳の雄姿が。

山頂の雲がとれてハッキリと山容が見えている。





▲ 前方には、十勝岳の頂上もはっきり捉えられてきた。

手前の稜線を左から右へ上がって行き
右端のガレ場急勾配を上昇し、稜線にそって山頂に行くのだ。
手前の稜線上に赤丸の登山者が見える。山のスケールが分かるだろう。

登るぞ!




▲ それにしても、この蛇のような筋状の切れ込みは・・






▲ 山腹の上から下へのシマシマ文様の正体だ。

自然の造形美。




▲ 山頂へのガレ場を上がっていくWさん。

結局、この方とは最後まで山行をともにすることになる。

ガレ場の急坂を登り始めると一気に風が出てきた。
寒っ! ヤッケを着る。これだけしか持ってきてない。
軽装を悔やむ。




▲ また振り返ってみる。

左から稜線を辿ってここまで上がってきたのだな。





▲ おお、あれが頂上だ。

もう少しだ。




▲ 十勝岳山頂到達! 2077m 8:49AM

3時間20分の所要。
CTは3時間半だから、順調だ。

それですぐチェックしたのは、美瑛岳の方向への見通しだ。



▲ うむー、ガスっている。美瑛岳も見えない。

ガイドブックには、ガスっていて視界が悪いときは引き返すこと、とまで書いてある。
この視界状況では進めない。




▲ 登ってきた方向を見下ろす。

右手にはトレイル跡。
左手にはグラウンド火口が、噴煙を上げている。


この方向のワイド画面では

PC用;


スマホ、タブレット用;



更に左手には



▲ 向こうに、緑の山が見える。

あれは昨年登った富良野岳1912m だろう。

昨年は、富良野岳からこちら側、すなわち十勝岳を眺めた。



▲ そのときの写真。

はるか向こうに尖がった山頂が見えるだろう。
あれが十勝岳だった。
かっこいい山だね。

しばらくしてもう一度、美瑛岳の方向をチェックする。



▲ 少し手前の台地の視界が出てきた?

左端の山影は・・美瑛岳では?
どうする?



続く to be continued...


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 十勝連峰を望む 望岳台へ | トップ | 夏の十勝岳 と 美瑛岳を登る... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
荒涼 (jun)
2018-08-07 06:23:24
望岳台〜素敵な名前ですね。
コースタイム9時間25分、累積標高差1577mと言ったら、ハードな山行ですね。それにチャレンジするsoraさんの体力気力に拍手です
十勝避難小屋あたりからは、荒涼な山肌ですね。おまけに硫黄臭がしてきたり、火口が見えてきたりと、ますます火山を感じますね。グラウンド火口のシマシマ模様は、まさに火山!一度足を滑らせたら、火口まで落ちそう(^_^;)

〉美瑛岳〜ほんとにあそこまて行くのかよ〜
私も、そう思う事があります。でも、行けちゃうんですよね、これが。とにかく前進あるのみ。

十勝岳は、ほんとにスケールの大きい山ですね。下から見上げたアングルがナイスショットです山肌に火山の迫力を感じます。十勝岳登頂、おめでとうごさいます

〉富良野岳から十勝岳。十勝岳から富良野岳を見る〜
こういうのたまらないですよね。山が繋がるという感じがします。

〉ガイドブックには〜引き返すこと〜
行っちゃうんでしょ?私も北アルプス南部の山で、「体力に自信のない方は、別のルートを〜」というルートを下山してきました。そんなルートとは知らずに。泣きの下山でした
junさん、おはようございます (Sora)
2018-08-07 07:25:34
>ハードな山行ですね。それにチャレンジするsoraさんの体力気力に拍手です~
ありがとうございます。最後まで回れたのかな(^^)。

>まさに火山!一度足を滑らせたら、火口まで落ちそう(^_^;)~
細尾根なんてないから大丈夫、北海道。ただご覧のとおり、十勝岳は全く樹林がなかったですね。

>でも、行けちゃうんですよね~
正直なところ実は登るまで、美瑛岳はあんなに離れているとは思っていなかったのです。十勝岳山頂の左手方向に少し高い山がありまして(鋸岳)、下から眺めているときはそれが美瑛岳だと思ってまして、あれならと。上であれは美瑛岳と教えていただいて、マズイんじゃない(笑)。

>十勝岳登頂、おめでとうごさいます~
ありがとうございます。5年前の雨中山行のリベンジなりました。ほとんど初めて見る今回の風景でしたよ。

>こういうのたまらないですよね。山が繋がるという感じがします。~
こんなことを北海道の山でよくできたものだと、自分でも驚いています。

>そんなルートとは知らずに。泣きの下山でした~
そーですか。泣きを楽しみにしています(笑)。

祝 登頂 (はなねこ)
2018-08-07 08:55:17
十勝岳の実態は、こんなにすごいのですね~
きっと Soraさんの撮影が上手いのでしょうが、迫力満点です。
青空ピーカンよりも、雲が遠くに見えたり ガスが上ってきたりの方が
夏山らしくて 見ているぶんにはいいですが、歩いているとドキドキしますね。
無事のお帰り編を楽しみにしています。
こんにちは(^^)/ (hiroko)
2018-08-07 11:34:37
今日の山は孤独な登山ですね、
噴火口が多くて瓦礫ばかりで草木が少ないですね、それでも山好きには征服する望みがあるんですね、、これが有名な十勝岳なんですね、
下界の蒸し暑さに比べればさわやかな山風がいいですね、やっぱり山はいいですね(^^♪
続きにはどんなドラマが待っているのか、
はなねこさん、こんにちは (Sora)
2018-08-07 15:08:48
>きっと Soraさんの撮影が上手いのでしょうが、迫力満点です。~
いやいや、映す素材の自然が迫力あるからですよ。遮るもののないむき出しの山ですからね。

>歩いているとドキドキしますね。無事のお帰り編を楽しみにしています。~
気象条件が急変しても山では誰も助けてくれない、全て自己責任で対処しないといけない。さあ、Soraさんは、どうしたのでしょうか・・。帰れたのでしょうか(笑)
hiroko さん、こんにちは (Sora)
2018-08-07 15:20:03
>それでも山好きには征服する望みがあるんですね~
山にはいろんな楽しみ方があると思いますが、北海道の山は「何か見たことのない景色が展開するのでは・・」といった期待があります。十勝岳なんかは、同じ火山でも今まで私が見てきたものとは、スケールが違いますね。

>下界の蒸し暑さに比べればさわやかな山風がいいですね~
山頂に登るときは急に風が冷たくなりまして、やばいなと思いましたよ。そのあと風はおさまって難なくを得ましたけれど。大阪は今日も暑いのでしょうか。
Unknown (ハラさん)
2018-08-08 15:59:15
山行き いいですね。
いつか、望岳台から十勝岳までは登ってみたいと思ってます。
私の脚力では、美瑛までは行ける元気が有りません。
ハラさん、おはようございます (Sora)
2018-08-09 06:56:26
望岳台から十勝岳のコースは、ご覧のとおり遮るもののない稜線歩き。天気さえ良ければ、気持ちが晴れ晴れするコースになると思いますよ。

コメントを投稿

同上 (山歩き)」カテゴリの最新記事