とりあえず

宇宙へのツイッター

るりとうわた色の 空の旅

2016-10-19 12:33:42 | 日記

福山へ 何度目になるかの旅 と言っても 今回は 所用のハタラキバチさんに便乗した広島行きである

17日は雨という予報と 夫の所用に伴った私の成すべき作業もあって しまなみ海道のサイクリングは諦めながらも カメラを携え 16日 午後の便で羽田を発った

誰だったか 空路でゴルフへ出かけたタレントさんが 雨の地上を離陸し 上昇した機体が上空の雲を抜けたとき 窓の外に広がった青い空を見て 既に雨はやみ晴天のもとでプレーできると思った 
・・・ 
という談話を聞いたことがあったけれど そう思い込んでしまうのも分かる気がする 
やはり雨こそ降ってはなかったが 予報での明日の雨を裏付けるかのように 雲の多い空に向かって飛び立ったジェット機は 上昇を続けるうちに いつしか るりとうわた色の空間にいた



この色に包まれるたび 私は 地球に生まれた不運を思う



日本一の富士山をも小さくしてしまう 宇宙



争うことを好む人間の国を離れたとき 小心者の私は 宇宙人になる 




予報通りに17日の朝から降っていた福山の雨は 午後になって上がり 私の用事も順調よく済んで 思いがけず自由となった午後から 尾道へ
残念ながら 観光案内所で フルーツ大福の 《はっさく屋》 は定休日と聞き それならば 今 話題のチョコレートへと発想は移り 案内所や 途中で触れ合った地元の誰からも 「自転車では大変ですよ」 との心配の声にもめげず自転車を漕ぎ めでたく売り切れ寸前のところで 数片のチョコレートを手にすることができた

この経緯は ともかく 
ハタラキバチさんの所用に関しては未完成のまま帰京した18日の空も やはり るりとうわたの色












この色に包まれる瞬間を求めて 私は空の旅に出るのかもしれない


るりとうわた とは 瑠璃唐綿と書く オキシペタラムの和名である

2001年の秋 今の家の玄関前に植える花を探し求めていたときに出会い その色に惹かれてから 我が家で咲かない年はない花となった

ジョークのようで
本気で 
私が神様の下に召されたときは 菊でなく 1輪でいいから オキシペタラムを添えて見送ってほしい と 家族に伝えてある


私が この世で 一番 好きな花
オキシペタラムと呼ばれる るりとうわたの花を空にかざせば その花弁は 空の色と同化してしまう色をしている

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名は体を表さない花 | トップ | 瀬戸内のお人柄とチョコレート  »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっと・・・ (サイ・サイ)
2016-10-19 16:56:33
意味が解りました^^v

るりとうわた色の意味。

なかなか空へ向かえない私にはとてもいい時間でした。
綺麗いなるりとうわた色の空を眺めている時間が、ね。
Unknown (toto)
2016-10-19 17:59:14
とても綺麗に写真が撮れてますね。
雲の中の富士山が綺麗です。

チョコレートは美味しかったですか?
コメントありがとうございます (まり)
2016-10-19 23:14:14
 サイ・サイ さん 

るりとうわた色の空 (*^^*)
オキシペタラムは、ブルースターとも言われますが、ルリトウワタとは、あまり聞かないですね。

この空の色を眺めてくださる時間。
お分かりいただけることが、たくさん、おありなのではと思いました。
ありがとうございます!



  toto さん

空の画像は、あちらこちらのブログで公開されていますが、
私なりの好みで、たくさん貼り付けました(*´▽`*)
広島行きの機内からは、初めての富士山でしたよ。

チョコレートですねぇ ・・・
きっと、本物のチョコレートの味なんだと思います。
庶民は、ゴディバで大満足、メイジでもグリコでも、十分・・・
話題に挑戦ってことで(*^^*)


瑠璃唐綿色乃空 (きよ)
2017-02-08 22:34:33
ですか。
この花は知ってましたが、和名は初めて知りました(^_^)。

花言葉
「幸福な愛」「信じあう心」
って事ですか。

なんか色も形も花言葉も麦さんらしい子ですね(^□^)
Unknown (麦)
2017-02-11 02:15:57
漢字で書くと、そうですね。

きよさん、すごいです。
まず、るりとうわたの花を、ご存じだったこと
そして、
> 麦さんらしい子ですね

お花を ≪子≫ と呼ぶことです。

≪子≫ には、愛情がこもっていますよね。
花マニアの皆さんが使っていた,「子」
きよさん、すごいです!
Unknown (きよ)
2017-02-11 03:18:54
正直頭の中で

るりと、うわた色の空
だったんです(^_^;)。

ブルースターと金魚草は俺がすごい好きな花なんです。と言っても細かい事は何ら知らないんですがね(^^;)。

動物含め、俺はその人が色々な意味で大事にしていて、かけがえのない存在になっているであろう物を【子】と呼ぶ癖があるんです。
ふるさと日記より麦さんの日記読ませていただいてものすごい思い入れを感じて、思わず(^_^;)。



瑠璃唐綿

教えていただいた事、この宇宙船にたどり着いた事、麦さんに感謝です!(≧ε≦)
きよ さん (麦)
2017-02-12 01:41:16
あぁ~、そう言うことってありますね。

🎵 線路は続くよ~ どこまでも~ はるかな街まで~ 
はるかな街 を、 はる かなまちまで、 春 金町まで~
と思っていたとか

ブルースターと金魚草、意外な組み合わせですね。
ちなみに、ブルースターは、青くて5枚の花弁が星形だから、という短絡的な名前なんですね。
正式には、オキシペタラム、です(*^^*)

私は、この花、好きだな、と思うと、たいてい花びらが5枚で丸く形作られています。

きよさんの 【子】 には、そのような歴史があるのですね。
ふるさと日記?

このところ、騒がしい宇宙船ですね。
どちらのブログも、政治ブログにブックマークされたようですので、るりとうわた色の空に戻ります。
よろしければどうぞ~(*^^*)

麦さん (きよ)
2017-02-13 10:21:09
春金町まで……(≧∇≦)


ふむふむφ(..)オキシペタラム…とφ(..)
ブルースターで定着しちゃってました(^O^)。


オキシペタラムは最初見た時にめちゃくちゃ惹かれたんです。俺はやっぱ色ですかね。
緑の中でその色見かいっ!って。
花はもっぱらよそ様の観賞ですが(^_^;)

金魚草は小2の時に一度群生してる所で見て、草で金魚で花ぁ!?ってハマりました。

皆様も愛着持つと子になるんですね(^w^)


俺が宇宙船に乗船するきっかけのふるさと祭りの日記です(^_^)。


…俺が要らないコメントしたからですよね(-_-#)
ご迷惑おかけしてすみませんです○| ̄|_
きよ さん (麦)
2017-02-13 12:45:14
♪ 思い込んだら試練の道を~  と言うのも、ありますね。

重いコンダラ 試練の道を~
つまり、グランドを馴らすローラーみたいなのをコンダラだと思って、試練の道を、重いコンダラを引っ張った…と言うのも(≧▽≦)

花の名前は、別に知らなくても良いのですが、この子に関しては、ブルーのスター、などと短絡的な名前は許せないんです(*´▽`*)

オキシペタラムで取りざたされるのは、やはり、たぐい稀な色なんですね。
私も、そうでした。

金魚には魅かれて、今、一匹、飼っていますが、
金魚草には、まだ、魅かれたことがありません(*´▽`*)


きよさんのコメントは、要るコメントでしたよ。
私は、相手方との接点を求めて言葉を選ばなければなりませんでしたが、
閲覧者の皆様の、思う通りのお考えは、相手の方に、食い違いを気付いて頂くのに、とてもありがたいことでした。
これは、私のブログの自慢になると思うのですが、このたびも、未明のhanaさん以外は、皆様が賛同していただき、言葉使いが丁寧で、お書きになる内容も順を追った冷静な判断による、ご意見を下さいました。

上っ面だけを、さっと読み流し、個人的な感情で擁護するのとは違う、ということを実感し、
きよさんにも、皆様にも、心より感謝しております。

麦さん (きよ)
2017-02-14 03:59:46
丑〜三〜つ〜…(しつこい)



重いコンダ〜ラ〜知れん〜野道〜を〜
逝くが〜男の〜ド根〜性〜。

重いコンダラ…

人間ロードローラーのアイツですね!?( ̄0 ̄!)

それを誰も知らない野道を引っ張って、逝くのが男のド根性!…
俺…女で良いです…。


金ちゃんは飼いたいのに、必ず数日で逝ってしまうので飼えません(-"-;)小○校の時は生き物係りだったのに。大人になってヨゴレたんですねきっと。


>>要るコメントでしたよ。

もったいないお言葉です。
あれでもかなり言葉選んだんですけどね(^_^;)。

この世界をよく分かってない俺にしたら他の方のコメントはハラハラドキドキでした。
それでも、ある方のコメントで、本州の端っこの方までも麦さんを理解されてる方が物凄く沢山いらっしゃる事を改めて痛感しました。当然の事なんですけどねぇ。


麦さんは断じて誹謗中傷する方ではない!

って
皆様で広めるとか?( ̄∀ ̄)。

そんな事も必要なのかな…とも思ったりします。

南国の島に追いやらた自分の携帯ではそれが叶わない事が悔しい所です…。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事