青い森の贈り物

北国青森から、四季折々のホットな自然を届けています。環境問題にも関心「アフロでゴミ拾い」を新設!感想をください。

さようなら・・・・ナッチャン

2008年10月30日 | のりもの
 
今年を振り返るには少し早い気がしますが・・・

いろんなことがありました。
特にその中で、食の安全についてニュース番組で取り上げられなかった事がないくらいです。

これまでのつけでしょうか?資源に乏しい日本はなにかにつけ海外に依存してきました。特に中国をはじめ安いものをどんどん輸入してきました。(こちらは、ニュースを賑わすたびに、改めて国内産が見直されているようです)

ところが、原油先物取引(このごろようやく落ち着いてきましたが・・・)に始まって穀物価格の上昇など、私たちにとっては非常に暮らしにくい世の中になってきました。

それは、なにも個人だけではなく、企業にとっても同じこと・・・

前置きがかなり長くなりました。
ご覧の画像は、今月で運休することになっている。高速フェリー「ナッチャン」です。

運休の理由は、運行コスト(燃料費)です。

まだ、一度も利用していない私にとって、「残念」でなりません。

2007年9月にアップした「ナッチャン・Rera 出港」もご覧ください。

さようなら! 「ナッチャン・レラ」 そして「ナッチャン・ワールド」

コメント (14)

八甲田丸

2008年10月29日 | ふうけい
 
寒くなりました・・・(急に!)急に雨がザーっと降ったと思えば、日差しが・・・いかにも初冬の北国の天候です。

ご覧の画像は、黄色い船体、かつて青森と函館を結んだ青函連絡船、「八甲田丸」です。

以前にも紹介しましたが、一日とて同じ表情を見せることがありません。不思議です。

現在は、青函連絡船に替わり、電車やフェリーですが、やはり、昔を偲ばずにはいられません。

コメント

豪華客船アムステルダム号寄港 その2

2008年10月23日 | のりもの
 
ご無沙汰の更新となりました。

秋本番の青森、秋晴れの毎日が続いてましたが、今日の天気は下り坂です。

ご覧の画像は、既に半月前に撮ったものですが・・・
「豪華客船アムステルダム号寄港 その1」は、航行中のアムステルダム号を遠く平内町から撮影したものですが、こちらは、すぐ近くからとったものです。

乗船客は、この日一日を利用し、青森市内をはじめ、県内の各地を観光したとの事でした。
 

 
各国を周った後、11月には、アメリカに戻るそうです。

豪華な船旅、余裕の時間とお金がなければ到底無理ですが、一度は世界一周なんていいですね・・・・
コメント (10)

ホタテ養殖

2008年10月04日 | ふうけい
 
 朝未だ夜が明けないうち、陸奥湾のホタテ養殖場へ向かう漁船。夏は、3時過ぎ、今頃は5時過ぎには、沖へ向かいます。

私はいつものように突然目が覚め、そして一度目が覚めるともう眠れない。ぐずぐずしている間に、外はようやく明るくなってきた。

外に出て、遠く海を眺めると、今日も穏やかな陸奥湾、既にたくさんの船が出ていました。
秋の弱い日差しが、ホタテ養殖場で作業をしている船に当たっています。

この時期、ホタテの大きさは大人の小指の爪ほどでしょうか?!それを新しいかごに入れ替えているのです。

実りの秋を迎えた北国青森、このホタテは来年の夏には、みなさんの食卓へ上ります。
コメント (18)

秋の夕暮れ

2008年10月03日 | ふうけい
 
 あっという間の時間とともに夜の闇へ・・・

太陽も西に沈むと、ぐんぐん暗くなっていきます。この少ない時間を何とか撮ろうと、カメラを向けました。

陸奥湾も、上空も、ご覧のとおり茜色に染まっていました。

そして、静かに釣り糸を垂れている人。

明日への不安を感じたのは、私だけでしょうか?
コメント (10)

豪華客船アムステルダム号寄港 その1

2008年10月01日 | のりもの
 30日早朝、陸奥湾を夏泊方面から津軽半島を望むと、青森市に近い海上をとても大きな船が進んでいました。

毎日フェリー航路を走行する船や、近くの漁船と比べてもその船体の大きさがわかると思います。また、船体が朝日に輝いているのがご覧になれると思います。

秋の朝は、とても空気が澄んでいるため、ご覧のようにくっきりすっきりと撮ることができました。

8時過ぎ、青森駅近くの岸壁に行ってみると案の定、豪華客船が岸壁に係留されていました。(残念ながら、今画像は手元にありませんが・・・)

ニュースによると、この豪華客船は函館からロシアに向かう途中を9月30日急遽青森港へ寄港したそうで、船旅を楽しむ人々は朝から一日中市内や弘前を観光したそうです。

夕方には青森を離れ遠く外国へ向けて船旅を続けるそうですよ。

豪華客船の画像は、後ほどアップします。

参考、アムステルダム号のHPです。

このページを見て、世界一周旅行の夢を実現させてください。
コメント (10)