青い森の贈り物

北国青森から、四季折々の自然を中心に、撮れたてを届けています。環境問題に関心アフロでゴミ拾いを新設!感想をください。

そして、蔦沼へ(Ⅱ)

2007年10月31日 | しぜん
 
登りあり、下りありの沼めぐりコースをゆっくり(時間はどれだけ経過したか判りません)散策していると、大きな倒木に何度か遭遇しました。

良く観てみると、小さなキノコがたくさん・・・・
こんな小さなキノコを見つけては感動を覚えるなんて、私は変?
 

 
こちらは、沼の岸近くから(沼の名は? メモしながら散策すればよかったのですが、初めてのコース、こんなに沼があるとは・・・)
 

 
森の中、急に視界がパ~ッと明るくなり、見上げると、青のキャンバスに赤や黄色の色紙を散りばめたような・・・
 
とっても癒される一時でした。

帰り道、心地よい疲労感が・・・(「そして、蔦沼へ」は、お終い)
コメント (25)

そして、蔦沼へ(Ⅰ)

2007年10月30日 | しぜん
 
八甲田山を超え、十和田湖へ行く途中に、蔦沼があります。

ここは、明治の文人大町圭月で有名な温泉地です。
たくさんの観光客が訪れていましたが・・・各池(5つぐらい?を巡る)を散策するコースには人もまばらで、ゆっくり紅葉狩りを楽しむことが出来ました(エッへッへ・・・)

細い歩道をテクテク歩きながら、紅葉や鳥のさえずり、沼の美しさなど・・・どれぐらい時間を掛けたでしょうか?車に戻る頃はかなり疲れていました。
 

 
でもここ、ひょうたん沼では、多くのカメラマンが三脚立てて盛んに撮影を・・・私もその仲間に入れてもらいましたが、何かが違っています。

みなさん年配の方たちばかりです。そして、驚いたことは、みな凄い高価な一眼レフじゃないですか・・・・カメラバッグからはたくさんのレンズが顔を覗かせています。心の中で「スゲ~!」って叫んじゃいました。
 
カメラも腕も自慢できない私は、年配の方々が撮り終えるの静かに待ち、そして番になって、そそくさと撮り終えその場を・・・
コメント (14)   トラックバック (1)

八甲田の秋を満喫

2007年10月28日 | しぜん
 
八甲田周辺の自然を紹介してますが・・・・
(天候が悪く、蔦沼はダメでした)
 
タイトル画像は、八甲田周辺、自然そのままを撮りました。
想像してみてください。一面赤と黒の世界を!
紅葉したカエデが黒の背景と相まって、きっと屏風絵を想像するに!?
(その場を体験したら、はるかに驚かれるに違いありません!)
 
こんなステキな彩りのカエデや深緑色の沼地など・・・・・・


 
背景は、空の青さを映し出し、群青の沼・・・
自然が織り成す美の世界、まさに錦絵巻!

ここは、360度!感動ものです。
コメント (24)

地獄沼(八甲田山)

2007年10月27日 | しぜん
 
睡蓮沼(八甲田山)に、引き続き・・・・

地獄沼とは、なんとも恐ろしい名前ではありませんか!きっと?全国の温泉地などでもおなじみかな~って思っています。

灰色をした沼、あたり一面に漂う硫黄のにおい、沼の向こう岸は、湯気(見えませんね)が上がっています。

タイトル画像は、地獄沼から望む八甲田山(主峰 大岳)です。
 

 
こちらも、駐車場から望む八甲田山です。
※写真の大半が青空になってしまいました。手前が道路、人や車の往来(残念)

どちらも、酸ヶ湯温泉の直ぐそば。
酸ヶ湯温泉と言えば、百人風呂や混浴で有名で、長期の湯治客でも知られています。

今、新そばの季節、ゆっくり味わいたかったのですが・・・・

紅葉の季節は、どこも観光客でいっぱいです。(癒しの季節だもんな~!)
もし、いらっしゃる機会があれば、余裕をもってじっくりと紅葉狩りを楽しまれることをお勧めします。  完

この土日、文人「大町圭月」がこよなく愛した八甲田山蔦沼(つたぬま)へ出かけてみようと思います。天気はどうかな?
コメント (13)

睡蓮沼(八甲田山)

2007年10月26日 | しぜん
 
冷え込みが厳しい青い森・・・・放射冷却現象です。霜注意報が出されました。

やや雲が多いものの、秋の行楽にはぴったりの一日!
紅葉も、八甲田山中腹は、今がピークだそうです。

タイトル画像は、八甲田の山々が水面に映える睡蓮沼です。もう、すっかり初冬?の装いです。青々とした木々は青森トドマツで、それ以外の緑は笹の葉など・・・
 

 
こちらは、八甲田へ向かう途中の萱野高原です。葉が落ちた木々、まだ昼前というのに、影が長く延びているのが判るとおもいます。
 

 
近くには、燃えるようなカエデが秋の日差しをいっぱい浴びてました。

平日にもかかわらず、紅葉狩りを楽しむ方がたくさん(ご年配がほとんど)、
マイカーや観光バスなどが行き来してました。

そう、私(仕事さぼって・・・)もその一人でした。  続く
コメント (17)

栗名月(くりめいげつ)

2007年10月25日 | しぜん
 
一昨夜の名月、みなさんはご覧になりましたか?青い森では、見事に輝いてました。

栗名月、ご存知でしたか?実は、とっても素敵な名月。
「中秋の名月」の1ヶ月後、それが、「栗名月」と呼ばれる月です。

みなさんのお住まいのところはいかがでしたか?

片方の月しか見ないことを「片見月」と呼び、良くないことだそうです。
何が良くないか解りませんが、参考までに・・・・

星座を撮ろうと思いましたが、星が良く見えません。街路灯など灯りが強いのでしょうね。
コメント (14)

オリオン座が!

2007年10月24日 | しぜん
 
グッ・・・・と、冷え込んだ青い森です。風もなく穏やかな、しかも快晴!

昨日は強風が吹き荒れていたのに・・・

今日は、二十四節気のひとつ、霜降(そうこう)。また、今日から立冬まで吹く風を木枯らしと呼ぶそうです。(参考までに)

夜明け前、なぜか目が覚めました。外を見ると、東の空が少し明るくなっています。とは言え、まだまだ、満天の星!

西の方角には、オリオン座が見えるではありませんか!

満天の星!撮ってみるといまいちでした(寝ぼけ眼で・・・泣)

みなさんも、晩秋から初冬の夜空を見上げてみてください。きっとステキな星座に廻りあえると思いますよ。

最後に、みなさんから頂いた嬉しいコメント、ありがとうございます。
コメント (12)

深まり行く秋

2007年10月23日 | しぜん
 
青い森は今日も、風が強くそして雲の多い一日でした・・・

ここの所連続で紹介している青い森ですが、日ごとに深まる秋!
紅葉がどんどん進んでいます。

タイトル画像をご覧頂くと判りますが、日が陰ると、森の中は薄暗くなり、今がもっとも艶やかなカエデさえも、その彩を失ってしまいます。
 


風の音だけが聞こえる森の中は、どこか寂しく映ります。
コメント (15)

彩り

2007年10月21日 | しぜん
 
青い森は、今日一日とても強い風が吹き荒れました。

強風の影響で、木の葉も舞い落ちると言うより、飛ばされて行くって感じがピッタリでした。
タイトル画像は、八甲田山中、黄色に色づいたカエデです。
 
 
そして、近くには、赤、黄そしてまだ緑と・・・カエデの紅葉が見事なコントラストを見せていました。
 

 
兎に角、風の強い一日でした。

この風ですから、次回訪れる八甲田は、きっと冬前の装いでしょうか・・・・・・・・・

北国の秋は短い、そして長い冬に向かいます。
コメント (24)

秋色を探しに

2007年10月20日 | しぜん
 
北日本を低気圧が通過して、週末はあいにくの天気となりました。
八甲田山中では、時折冷たい風が吹く中、それでも、紅葉を楽しむ観光客が大勢いらしてました。マイカーに観光バスなど次々と・・・

こちらはというと、同じく紅葉を求めて出かけました~。
タイトル画像は、風の弱い谷間で、小さな川と滝を発見しました。このような場所は、まだ紅葉が見ごろと言えます。

そして、こちらはご覧お通り、八甲田山は霧のため山頂が見えなくなっています。また、既に木々の葉が茶色くなっているのも判ると思います。
 

 
風を避けて森の中へ入ってゆくと、ご覧の通り、赤、黄、橙、紫、黄緑・・・錦秋さながら・・・今がもっとも美しい八甲田山中です。
 

 
秋色を探しに森の中へ入ってみましたが、あまりの風の冷たさに我慢が出来ず、退散しました。
コメント (20)