あお!ひー

叫べ!いななけ!そして泣け!雑多なことを書いてみる。

キスリング展(茨城県近代美術館)

2007-06-18 18:45:32 | アート系
以前から気になってたキスリング。

シャガールとエコール・ド・パリコレクション(青山ユニマット美術館)で見た作品にやられてしまいました。

キスリングはやはりあの目が印象的なのです。以来、キスリングの作品を見る時にはすごく注視していたように思います。

エコール・ド・パリ関連の展示では出てくるものの、キスリングの作品はわずかな点数のみの展示です。

いつか、キスリングの作品ばかり見られる機会があったらなあと思っていたら、ついにその時がやってきました。

というわけで、水戸にある茨城県近代美術館へ行ってきました。

水戸へは、2月に夏への扉 マイクロポップの時代(水戸芸術館)を見に行って以来で今回が2度目です。

前回は奈良美智さんの作品が見られるということで行ってきました。今回も似たような動機です。

キスリングの個展というのはそうしょっちゅうやるというものでもないので、この機会を逃すと次はいつどこで見られるか分からないなという思いもあって行ってきたのです。

結果、大正解でした。

「エコール・ド・パリの華」というサブタイトルは伊達ではありませんでしたよ。

オランダ娘

見て、ハッと引き込まれる作品です。この水色の目がたまりません。ぞくぞくします。
胸元のカラーを用いた装飾と対照的に背景はシンプルです。娘が引き立ちますね。
併せてこの目と、前に組んだ腕が自らの存在を強烈に際立たせているように思います。

サン=トロペでの昼寝(キスリングとルネ)

女性の肖像画のイメージとは全く異なる色彩。
でも、これもキスリングなのです。これはこれで好きなんですよね。


赤いセーターと青いスカーフのモンパルナスのキキ

やはり、目に特徴があります。大きくて、目の中心が上の瞼にくっついている。そして、左右の目は明らかにずれている。違和感を意図的に露にしてる感があるのですよね。
でも、美人なだけによりいっそう、魅力的になってしまうような気がするのです。


スェーデンの少女、イングリッド


今回、一番惹かれた作品です。メインのビジュアルに使用されたのも納得。
目線がばっちりとこちらを見てるのです。
ところがこの目線が病んだものではなく、見てて澄んだ気持ちになってくるくらい気持ちのいい感じがするのです。

解説の文章を見て驚いたのですが、キスリングはこの作品の出来に満足出来ず、もう一枚描いてこのモデルのイングリッド・ルージュに渡したそうです。今もその絵はルージュ家にあるとのこと。

目の前で見るこの作品の出来がそうとういいのに、キスリング自身がそれ以上を描いたという作品を是非見てみたいものです。


ひととおり時間をかけてゆっくりと見て、満足のいく内容でした。

暑かったとはいえ、クーラーがちょっと効きすぎてて寒かったのには参ってしまいましたが。

どこかの幼稚園児が親御さんと一緒に来てましたが、これだけ裸婦画が多かったのになんで?という感じ。まあ、元気いいのを親が静かにさせようとしてたのでそれはまあ、よかったんですが。

7/20まで。

コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 楽しそうな傘達 | トップ | 復活なるか?アサヒペンタックス »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久し振りのキスリング展 (とら)
2007-06-19 18:01:30
水戸遠征の勢いが記事から伝わってきます。
1991年に新宿に三越美術館ができたとき、その開館記念展がキスリングでした。《オランダ娘》がポスターになっていたと思います。ホームページに短い記事を載せています。
http://cardiacsurgery.hp.infoseek.co.jp/Children0.html#kis
なんと16年ぶりですね。その間に三越美術館はつぶれてしまいました。
やはり久々でしたか (あおひー)
2007-06-20 01:07:21
ページ見ました。1991年!その時のアーカイブがあるのってすごいことです。
三越美術館どころがセゾン美術館、東武美術館とデパート系の美術館がどんどん無くなってしまったんですね。
寂しい限りです。
Unknown (Tak)
2007-08-27 21:14:32
こんばんは。

横浜へ行って来ました。
東京へも来るそうですが待ちきれないので。

「イングリッド」は背景の処理が気に入らなかったのではと
勝手に想像してみました。いい作品ですよね。
Unknown (あおひー)
2007-08-28 01:21:08
こんばんわ。
>東京へも来るそうですが待ちきれないので。
あら、東京でもあるんですね。だったらもう一回、行きたいですね。

>「イングリッド」は背景の処理が気に入らなかったのではと勝手に想像してみました。
なるほど~。言われてみたら納得です。これでもかって感じが出てますね。
Unknown (はな)
2007-08-28 20:36:48
すごい!水戸にまで行かれたのですね!!
私は今回の横浜ですごくキスリングがすきになりました。
なるほど、あの眼に魅力の源泉があるのですね。
イングリッド、私も、「納得がいったバージョン」をみてみたいです。

あと、前々からお願いしようとしていて、いつも忘れていたのですが、
あおひーさんのこちらのブログを私のブログからリンクさせていただきたいのですがよろしいでしょうか?
Unknown (あおひー)
2007-08-29 22:01:07
勢いで水戸まで行っちゃいました、困ったもんです。
でも、キスリングならそこまでして見に行く価値はあると思うんですよね。

>あおひーさんのこちらのブログを私のブログからリンクさせていただきたいのですがよろしいでしょうか?
もちろんOKですよ、ありがとうございます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アート系」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

そごう美術館 モイーズ・キスリング 「モンパルナス その青春と哀愁」 (Paseo de los museos)
どのくらいの距離で見るといいんでしょ?って、 1枚1枚の絵の前で、よったり遠ざかったりを繰り返しました。 距離によって、焦点があたってる<もの>がかわる、 そんな不思議な絵、不思議な作者さんですね。 でも、モディリアーニとあんなに仲良しだったとは知りません...
「キスリング展」 (弐代目・青い日記帳 )
そごう横浜美術館で26日まで開催されていた 「キスリング展 モンパルナス-その青春と哀愁」に行って来ました。 所謂「エコール・ド・パリ」に属する画家さんの中では個人的に最も好きな作家のひとりがモイズ・キスリング(1891年-1953年)です。キスリングの作品...
「キスリング展 エコール・ド・パリの華」を観る! (とんとん・にっき)
茨城県立近代美術館 水戸市にある千波湖は、湖の周囲が約3.1km、水戸市民の憩いの場です。湖上でボートを楽しむ人や、ジョギングやウォーキングを楽しむ人を多く見かけます。ここ数年、周辺の整備が進み、偕楽園から橋でつながり観梅シーズンには観光客で賑わいま...
キスリング展 (はなことば)
もう会期は終わってしまったのですが、横浜のそごう美術館で「キスリング展」が開催されていたので見てきました。 きれいで私好みな絵が多くてかなり癒されました。 やっぱ好きな感じの絵を見るのっていいよね。 当たり前のことだけど、あらためてそう思うわけです。 感...