ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠

茨城県笠間市。観光と陶芸の町の知られざる宝。穏やかな里山と田園は心の原風景。庭と山川草木、体感する旬の言の葉たち。

アオバズクさんご一家のご縁

2018-07-12 06:54:53 | 里山の役者たち
 ちょっと見えにくいですが、アオバズクさんのご一家。



大ケヤキさんの枝で、ひねもす動かず。



別アングルから見上げますと、こんな感じです。



こっち向いてるのが、多分お母さん。
お目めパッチリですが、動き無し。



お子様たちもお揃いですが、流石にいで立ちは、フクロウさんのお仲間。
猛禽類の一角ながら、風情はゆる禽類。
ご近所の里でご健在の、中学の恩師こと某先生のまなざしにも似ているような。



話を戻して、少し離れたところには、やはり見守る厳父あり。
思い返せば、ほぼ半世紀ぶりの再会でございます。
蒸し暑い夜に、ホウホウと鳴く声は、今の里でも親しく聴いておりますが。



まずはtただ今も、無事で何より。
震災以前より、ここから毎年巣立つという、ひたちなか市勝倉の里。
遊行上人さんにご縁のお寺の老木さんに、ただただ感謝のございます。
↓人気ブログランキング↓ポチっと!オン願い申し上げます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 西の空が気になる田んぼです | トップ | ヤマユリさんの夏が始まって »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

里山の役者たち」カテゴリの最新記事