あおば歯科通信

大阪市淀川区西中島 あおば歯科医院のブログ
aoba.gr.jp

時の流れ

2019年06月20日 | スタッフより
あっというまに時が経ち、5月で10年目になりました。

これからも初心の心を忘れずにがんばってお仕事をしていこうと思います。



先日、心のスキマを埋めに淡路島の花さじきへ行ってきました。

癒されてきました。





「置かれた場所で咲きなさい」渡辺 和子

最近、ため息が多いMさん。これからも笑顔で頑張ってください。



コメント

8029運動とオーラルフレイル

2019年06月20日 | 歯の話
「8020運動」を間違えたわけではないです。

1989年に愛知県ではじまった8020運動が最新の調査では全国平均で達成率38%とのこと。

東京都港区では50%越えとのこと。

ここ西中島のあおば歯科医院とは違う国の話でしょうか。


まあ一つ言えることは、80歳を超えて8020の健診会場に出向いていける人は

身心健康でお口も健康ということでしょうか。


千葉県歯科医師会では「8029運動」を始めたそうです。

80歳になっても肉(29)を食べて健康寿命を延ばそう」ということだそうです。


長寿高齢化が進み健康寿命という考え方が普及してきました。

介護予防、健康寿命を延ばすためには「フレイル」を予防し改善することが重要だそうです。

フレイルとは「加齢により心身の活力が低下し、持病の影響もあり、心身が弱ってきた状態。

適切な介入・支援により、健康寿命の維持向上が可能な状態」でしょうか。

フレイルを早期発見して予防するには、フレイルの前段階で起こるといわれている

口腔機能の低下「オーラルフレイル」を早期発見して対策することが大切と認識されています。

オーラルフレイルとは『加齢によって口から食べ物をこぼす、ものがうまく呑み込めない、滑舌が悪くなる等と

いった軽微な機能障害がある状態』でしょうか。

さらにオーラルフレイルを予防するには...際限ないですね。冗談です。


8029運動は政府の「骨太の方針2018」の方針もあり

「beyond 2020マイベストプログラム」の認証を受けたそうです。

東京オリンピック関連の事業です。政治と予算の世界です。


80歳で肉を食べてオーラルフレイルさらにはフレイルを予防して健康寿命を延ばそうってことでしょうか。










コメント

知り合いかも?

2019年06月18日 | 無題
あおば歯科医院のFacebookを管理するために登録しているのですが、

知り合いかの所は全員外国人で黒人の方が多いような。知り合いではないです。





最初の頃は患者さんや知っている人があったりして、どのように情報を取っているのかと感心していたのですが、

現在はこのような感じになっています。皆さんどこの国の人なんでしょうか。



先日ビルのエントランスに手すりが設置されました。





あおば歯科の入り口にも手すりがあればと検討しているのですが、狭いスペースにどう配置するか考え物です。

開院した20年前は高齢者の方には入り口の段差が障害になるとは思いませんでした。

コメント

高額お見積もり

2019年06月11日 | 歯の話
「お」を付けたのは高額な感じがよりするかと思って。

来院した初診の患者さん。

お口の状態は良いのだが、奥歯が1本無い状態。

近医を受診したところ、インプラント治療と諸々フルオプションで三桁近い金額の提示を受けたとのこと。

まず、あおば歯科医院では前医での提示額の半額でお受けすると伝えました。(冗談で)


インプラントは自由診療なので料金の設定も医院の自由設定であること。

治療金額と治療の質は必ずしも正比例しないかも。

100万円の所もあれば、10万円の所もあるかも。患者と医院の契約なので。




次に説明したのはいわゆる健康保険での治療方法について。

1.何もせずに放置

2.ブリッジ

3.部分入れ歯

それぞれ一長一短があります。治療せず放置する場合でも。




高額な治療を提示した医院さんも、全ての来院患者に高額治療を提示することはないでしょう。

酷な話ですが、患者側にもイエス・ノーの意思表示が必要でしょう。

全て保険診療で治療できれば良いのですが、今の世の流れではムリな気がします。


コメント