いろいろあるけど♪

基倉聖とゴン太の仲間達による、
元気フェスタ!!さっぽろ笑EVER(わらえばー)の話だったり、違ったり。

RAG FAIR脱退の奥村政佳氏 立憲民主党から参院選出馬 得意のボイパ披露

2019年04月23日 19時56分58秒 | 本日の我が家の話題
ボーカルユニット「RAG FAIR」を脱退し、政治家に転身すると発表した奥村政佳氏(41)が23日に会見を開き、立憲民主党から次期参院選比例区で出馬すると報告した。

福山哲郎幹事長定例記者会見の冒頭に登場し、得意のボイスパーカッションを披露してから自己紹介。「この度、立憲民主党から参議院選挙に比例代表で立候補させていただくことになりました」とあいさつした。

2011年にグループの一時活動休止後、音楽活動と並行して主任保育士として現場に立った合計8年間の保育経験を生かし「保育士不足の解消」「保育士の地位向上と保育士の質、待遇改善」「保育士目線の声を政治の世界に届けること」に尽力したいとした。

立憲民主党を選択した理由については「枝野代表が設立したときに、立憲民主党のパワーを感じた。そして、いろいろな政党の政策を拝見した中で、立憲民主党だけが“保育の質”に関して研究をしていた。僕は現場にいた時から、保育の問題は大きいなと思ってたので、公約を見てこの党に決めた」と説明した。

奥村氏は前日22日にグループの公式サイトで「僕はRAG FAIRから離れ、政治の道へと進む決心をしました」と明かした。11年のグループの一時活動休止後、災害支援や気象・防災教育の研究や実践をしてきたことを振り返り「自分で動かねば変わらないこともたくさんある。腹をくくり、今は選んだ道で一生懸命やっていきたい」と意気込んだ。

今夏の参院選の東京選挙区は、自民党の丸川珠代前五輪相(48)や、政治団体「れいわ新選組」を今月設立した山本太郎氏(44)らが改選を迎え、改選数は6。


元記事はこちら。


RAG FAIR脱退の奥村政佳氏 立憲民主党から参院選出馬 得意のボイパ披露
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« いじめ放置の教員処分案、消... | トップ | 年金開始、70歳超も選択可... »
最近の画像もっと見る

本日の我が家の話題」カテゴリの最新記事