秋海棠、瓔珞草、断腸花[秋海棠科]

2018-09-14 21:57:22 | 

秋海棠 = 秋に咲き、春に咲く花海棠に色が似ているので
瓔珞草 = 花の垂れさがるのを瓔珞(仏像の首飾り)に見立てて
断腸花 = 愛する男性を待ち侘びて断腸の思いで流した涙が美しい秋海棠になったという中国の伝説から

学名「ベゴニア・グランディス」
属名「ベゴニア」(秋海棠) = 17世紀のフランス領サントドミンゴ島の総督で植物採集者であった「マイケル・ベゴン」から
種小名「グランディス」=「大きな」

中国原産
江戸初期に園芸用として渡来した帰化植物

8月29日(文化財保護法施行記念日、焼き肉の日、ケーブルカーの日、ベルばらの日)の誕生花

花言葉 「片思い、親切、丁寧、可憐な人、繊細、恋の悩み、未熟」
ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋明菊、貴船菊[金鳳花科] | トップ | 菊苦菜、チコリ[菊科] »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事