頑張れ!鹿島アントラーズ‼

願いはひとつ「カシマの勝利」
そんな人達に読んでもらいたいブログです。

症状は深刻に。

2022-07-10 17:03:57 | 日記
チームの劣化が止まらない。

攻撃時にボールを持っていない選手の動きの質が極端に落ちてきている。
相手のウラのスペースにロングボールを入れて抜け出すことしか狙っていないので、
ディフェンスラインがボールを持った時に中盤の選手にボールを引き出すための動きや連動は皆無になり、
動きがあっても直線的かつ単発的な上下動ばかりで相手守備陣形をズラす(崩す)こともできない。

サイドバックがタテに短いパスをいれると受け手の中盤の選手が立ち止まっていてインターセプトされたり、
相手の激しいプレッシャーを受けて奪われるシーンが多くみられるのは
チームとしての狙いが「とにかくウラ」で、その狙いに忠実な中盤の選手とその局面のサイドバックの意図がズレて
ボールを受ける準備ができていないからだと思います。

このままでは本当に壊れます。クラブとして今の状況をどのように考えているのでしょうか。
順位こそ2位ですが、彼が監督になってからは中位レベルの勝ち点しか獲得していません、それも上田がいたのに。

エヴェラウドが上田と同等の働きをすれば5~7位でリーグを終了するでしょう。
もし、できない場合は10位以下になると思われます。

そしてシーズン終了後にはピトゥカをはじめとした技術の高い選手の退団。
そうなれば、鹿島は崩壊します。

ヨーロッパ人=戦術に長けた優秀な監督 ではありません。
授業料としては高すぎるくらいのものをもう支払っています。
グアルディオラが高度な戦術を披露できるのは、チームが世界最高レベルの選手を揃えているからです。
そんなサッカーをできるのは世界でもごく一部であること理解すべきです。

タイトルから遠ざかっていたのはブラジル路線が原因ではありません。
単純に選手の止める蹴るの低い精度を引き上げるのではなく戦術や運動量でカバーしようとしたからです。

鹿島の歴史を振り返れば、ジーコやサントス、アルシンドに始まり、ビスマルク、ジョルジーニョ、マジーニョ等
手本となるブラジル人がその他の日本人の能力を引き上げました。
優秀な選手の長期定着が見込めなくなっている今、原点に回帰して手本となるブラジル人選手を獲得し、
チーム全体の日本人選手の能力を引き上げること、伝統を磨き上げることに注力すべきなのではないでしょうか。
その意味でピトゥカは絶対に必要な選手です。このまま失望を与え続けて彼を失うようなことがあってはいけません。
早く手を打ちましょう。手遅れになる前に、と言っても見守ることしかできないのが苦しいです。


頑張れ!鹿島アントラーズ!!

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 選手と監督、究極の選択。 | トップ | 終わりの始まり? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。