アントンK「趣味の履歴簿」

趣味としている音楽・鉄道を中心に気ままに綴る独断と偏見のブログです。

典型的な観光特急「白根」~157系

2021-04-12 20:00:00 | 国鉄時代(カラー)

国鉄時代の電車が懐かしく、当時を思い出しながら画像を確認してみた。

アントンKが昔から好きだった電車に157系電車がある。その昔、日光型と呼ばれたのは、準急列車時代に日光までの観光列車としてデビューしていたからだ。塗色も違う当時の列車は、当然知らない世代だが、1970年代、157系電車が、東海道線の伊豆までの特急「あまぎ」と、草津までの「白根」に充当され最後の活躍をしていた時代には、ぎりぎり間に合っている。どれも前出の記事にあるような、まだ鉄道写真と呼ぶにはお恥ずかしいものしか残っていないが、恥じのかき次いでに掲載しておく。

今回は、吾妻線の万座・鹿沢口まで週末運行されていた特急「白根3号」。157系を初めて撮影したのは、東海道線の「あまぎ」だったが、季節臨のイメージがあった「白根」の方に興味がそそられ、当時無謀にも吾妻線まで撮影しに行った記憶がある。独特なお顔立ちであり、一度見たら忘れ難い個性豊かな車輛だった。普段付いている大きな愛称板は、その文字も含めて好みだったが、御召列車運転時のように、この愛称板が付かないと、何とも間抜けに感じたことを思い出す。

掲載写真は、大宮駅8番線を発車しホームを滑り出る157系「白根」。何とも微妙な写真だが、今となっては、ホームに写る乗客たちの昭和感が何とも懐かしい。

1974-12 8037M  特急「白根3号」 Mc157-10     東北本線:大宮にて


コメント   この記事についてブログを書く
« 国電がいっぱい!三鷹電車区~... | トップ | 統一編成のフレートライナー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

国鉄時代(カラー)」カテゴリの最新記事