アントンK「趣味の履歴簿」

趣味としている音楽・鉄道を中心に気ままに綴る独断と偏見のブログです。

EF57晩年の走り

2018-04-07 22:00:00 | 国鉄時代(カラー)

EF57が最後の活躍をしていた東北本線。東海道時代から上越時代と、その時代ごとにゴーナナはスタイルを変えてきているが、アントンKは最後の東北線時代しか現役を知らない。まだ鉄道撮影駆け出しの身で、今考えてもEF57は衝撃的な出会いだった。その個性的なスタイルや、旅客列車の先頭にたち走行する姿は、まだ若い鉄小僧の目にも素直にカッコよく映った。

当時のアントンKは、カラーネガフィルム主体に撮影しており、幼稚で未熟な画像も相まって、現状ではかなり状態の悪いものになってしまった。あの時代を思うと大変がっかりさせられるが、自分の履歴としてあえて載せてしまうことをご了承願いたい。

栗橋の大カーブを往くEF574の荷物列車の荷48列車。この列車は、124ㇾから途中列車番号を変えて、荷48ㇾになって上京する列車だったと記憶している。何度も通った栗橋だが、現在では全く変わってしまったことだろう。

1976-10-12   荷48ㇾ EF574   東北本線/栗橋-古河

コメント