アントニオのサッカー食べ放題

鹿島サポのダンナのつぶやきを浦和サポの妻がつづるブログです。

【アントニオ】柏×鹿島(速報版)

2018年11月07日 | サッカー観戦
ペルセポリス戦から、11人入れ替えて勝てたのは大きいですね。
これで、次のテヘランでのゲームに勢いがつきました。

このゲームの勝ちは、何と言っても小田のおかげでしょう。
GKがゴールマウスを空けたらゴールに戻るのは、DFの基本です。
忠実に基本を守った素晴らしいクリアでした。
途中交替させられたことは悔しいでしょうが、立ち上がりから全力でプレーしていましたし仕方ありませんよ。

ゲームが始まってから、柏はこんなものなのかと思っていましたが、柏も中2日だったんですね。
そんな中で、金森の見事なシュートで、鹿島が先制しました。

ただ、先制した時間帯が少し早過ぎましたね。
勝ちたい気持ちが強過ぎる鹿島の選手たちの気持ちが守りに入ってしまい、同点にされてしまいました。

でも、こういうゲームは、1-1では終わりません。
そのまま柏ペースでゲームが進んで逆転されましたが、すぐに鹿島が同点にしました。
それまでは、お互いにフワフワした感じでしたが、2-2になってゲームが落ち着いたと思います。

その後、中2日の柏は、さすがに足が止まってしまいました。
柏の足が止まってから鹿島が押し込んで、その次の1点を取れたことが勝因だと思います。

DFラインでは、小田は頑張っていましたが、安西、町田、犬飼の守備がザルでした。
柏の右サイドは強力で、安西と町田では抑えられませんでしたね。

瀬川の2得点目も、中にいた瀬川をフリーにしてしまったのは町田です。
でも、あの失点は、解説の福田が言っていた通り、犬飼の対応が軽過ぎたことも原因でしょうね。
せっかく、小田が触ったんですけれど…。

守備ではやられまくってしまいましたが、町田のすごいところは、メンタルの強さでしょう。
ヘディングで得点もしましたし、ミスをしても萎縮せずに、積極的にプレーしていました。
プロの選手としてプレーするためには、大切な要素です。

逆転のゴールにつながった遠藤のループシュートには、打った瞬間に罵声を浴びせてしまいました。
ゲーム終了後の録画映像でも、後ろから見ていた永木が、同じように頭を抱えていました。
打ってすぐ、入らないことが分かりましたが、それほど外れていなかったんですね。
こぼれが来ると信じて準備していた山口が、素晴らしかったです。

選手交替で入ったのは、三竿(弟)、田中、安部でしたが、妥当な交替でしょう。
三竿(弟)はスタミナがありますし、安部がプレーした時間はほんの少しでした。
これなら、次のペルセポリス戦には影響はないはずです。
いよいよ、次はACL決勝ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【アントニオ】柏×鹿島(ダン... | トップ | 【アントニオ】The Second Le... »

サッカー観戦」カテゴリの最新記事