年中無休の弁護士日記               

平成25年3月21日,『犯罪被害者者相談ルーム』を新設! 法律相談予約電話:06-6312-3316

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あすの会と死刑制度

2014年04月20日 17時45分41秒 | Weblog
先日、私のところに「あすの会」のニューズ・レターが送られて来ました。
やはり、あすの会としては死刑制度廃止には絶対に反対であるようです。
私の家族が犯罪者に殺されたら、死刑制度を廃止すべきと言えるか、自信はありません。
今、言えることは、犯人を死刑にすることよりも、被害者遺族への手厚い支援こそが肝要だ、です。
コメント

火のついたタバコの投げ捨てる者をどう処断すべきか

2014年04月14日 20時24分54秒 | Weblog
昨日、門真運転免許試験場の正門前で、交通安全を呼びかける街頭活動をおこなっていたところ、停車中の車から火のついたタバコの投げ捨てを目撃しました。
あの時、なぜ、あの車をそのままいかせたのか、今日は終日、そのことを考えていました。
コメント

食材偽装への対抗策?

2013年12月19日 21時24分21秒 | Weblog
「あちらにはスパークリングでいい」 食材偽装・高級ホテルは客を“選別”(産経新聞) - goo ニュース

 これからシャンパンを注文したときは,必ず,ボトルを開けるところから見せてもらってグラスに注いでもらいましょう,そして,ボトルに書かれたフランス語を確認してから,お金を払いましょう,と言いたくなります。

 いずれにしても,食材偽装をしているお店には,必ず天罰が下ります,絶対に。
コメント

福島原発事故損害賠償請求訴訟提起第2弾

2013年12月18日 06時35分04秒 | Weblog
  今日は,9月17日に続いて,国と東京電力に対する福島第1原子力発電所事故によって被った損害の賠償請求の訴えを,大阪地方裁判所に提起します。
 前回の原告(訴える人)は福島県から京阪神滋地区に避難されてきた被害者に限られていましたが,今回は,福島県外からの避難者も原告になっています。
 私は,2年以上前から,様々な交流会等において関東地方からの避難者からそのお話を伺い,その厳しさ,つまり,被害を受けただけではなく,避難しようとすると周囲からバッシングに遭うことを誰よりもわかっているつもりなので,福島県外の被害者の方々にも,遠慮せずに原告団に加わって欲しいと思っています。
 なお,私たちは,来年(2013年)3月11日までに,損害賠償請求訴訟提起の第3弾を行う予定で,今,その準備中です。
コメント

皮枝とは?

2013年12月15日 16時28分53秒 | Weblog
 今日は,この「皮枝」という概念を裁判官にいかにわかりやすく説明するか,考えていました。

 結局,皮枝とは,皮膚の知覚です,という説明に落ち着きましたが,では,知覚とは何か?突き詰めて考えるとよくわからない,神経との関係は?説明し難いです。
コメント

七難七福図巻と福島原発事故

2013年12月15日 16時28分53秒 | Weblog
 今日は,円山応挙展(前期)@相国寺承天閣美術館に行ってきました。
 そして,「七難七福図巻」と「大瀑布図」を観てきました。大瀑布図は,本当に水が流れ落ちる轟音が聞こえてきそうな迫力がありました。
 七難七福図巻の方は,「福寿巻」と「人災巻」,そして,「天災巻」から成っています。
 天災巻の1番最初は,地震の絵でした。
 私は,2011/3/11東北地方太平洋沖地震自体は,天災だとしても,円山応挙が生きていたら,福島第1原子力発電所の事故は,人災巻に書き込んだだろうなと思いながら,天災巻を観ていました。
コメント

岡村信行さんと鈴木康弘教授に会いたい

2013年12月14日 21時28分11秒 | Weblog
 今日は,事務所で,産業技術総合研究所活断層・地震研究センター長の岡村行信さんと名古屋大学の鈴木康弘教授に,是非,直接お目にかかって,国と東京電力は,2011/3/11の福島第1原子力発電所を襲ったM9の地震・津波を予見できたか否かについて,お話を伺いたいなあ,と思いながら,今,私が関わっている医療過誤訴訟に関して参考文献等を読んでいました。
 それにしても,被告病院は,チョッと調べれば間違っていることがわかる主張(反論)をするのか,本当に不思議です。
コメント

地震考古学とプレートテクトニクスの勉強

2013年12月13日 21時49分41秒 | Weblog
  今日は,地震考古学とプレートテクトニクス(地球の表面を覆うプレートの運動によって地球上のさまざまな現象を解き明かす地球科学)の入門書をひたすら読んでいました。
  もちろん,仕事,例えば,裁判所に行って,ある事件で「裁判上の和解」をしてきましたが,仕事の合間に地震考古学とプレートテクトニクスの勉強をしていたというよりは,地震考古学とプレートテクトニクスの勉強の合間に,仕事をしていたという感じです。
コメント

福島原発事故損害賠償請求訴訟の第1回裁判(大阪地方裁判所)は2月3日午後2時から

2013年12月11日 20時55分53秒 | Weblog
  ようやく裁判の日程がきまったのですが,私は,その2月3日(月曜日)午後3時から,同じ裁判所で別の仕事があります。
 3時ぎりぎりまで大阪地方裁判所の大法廷(2階)にいて,別の仕事をして,3時半には,また法廷に戻りたいです。
コメント

福島原発事故損害賠償請求訴訟関西弁護団4班会議

2013年12月10日 05時16分25秒 | Weblog
  今日は,福島原発事故損害賠償請求訴訟関西弁護団の4班会議に出席してきました。
 
  最近,この弁護団活動に関連して,地震と津波の勉強が趣味になりつつあります。今日も,関連する文献「東日本大震災の科学」と「図解・プレートテクトニクス入門 (ブルーバックス) 」を購入しました。
  今後どこまで勉強できるか,自分でも楽しみです。

  次回の班会議は,クリスマスイブの夜7時からです。

 
コメント

ワタミ過労自殺事件の行方~懲罰的賠償は認められるか?

2013年12月09日 19時11分21秒 | Weblog
時事通信によると
 『居酒屋「和民」を展開するワタミフードサービス(東京)の社員だった森美菜さん=当時(26)=が2008年に自殺した問題で、両親が9日、同社と親会社の「ワタミ」元会長の渡辺美樹参院議員らを相手取り、計約1億5300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 提訴したのは森豪さん(65)、祐子さん(59)夫妻。代理人弁護士は「企業の長時間労働を抑止するため、米国のような懲罰的損害賠償額にした」と説明している。
 訴状によると、美菜さんは08年4月に入社、神奈川県内の店に配属された。6日間連続の深夜勤務などで、時間外労働は月140時間を超え、適応障害を発症。同年6月、自宅近くのマンション踊り場から飛び降り自殺した。
 12年2月、神奈川労働者災害補償保険審査官が労災認定している。』とのことです。

 懲罰的賠償とは被害者が被った損害(額)を超える賠償金を加害者に支払わせることを認めるものです。これによって,加害者に対し,まさに「罰」を科そうというのです。
 この懲罰的賠償,わが国では認められていないので,おそらく,この事件でも裁判所は認めないでしょう。しかし,過労自殺問題の根深さを広報する効果はあると思います。
 私が被害者遺族の方についたなら,どうするか?私なら,迷わず渡辺美樹議員を傷害致死罪で刑事告訴します,東京地方検察庁に。



 
コメント

医療事故法律相談

2013年12月08日 05時18分22秒 | Weblog
 昨日は,全国一斉医療事故電話相談を担当しました。
 10時になって,いきなり2つの電話が鳴って,私も出たのですが,医療事故相談は電話では完結しようがなく,弁護士との面談法律相談へつなぐしかできませんでした。

 医療ミス,厚生労働省が構想している「医療安全調査委員会」(被害者が亡くなった場合に限定)が制度化されていない今の日本では,被害者(遺族)が自分または弁護士に依頼して調査し,裁判所に事件を持ちこんで(訴えの提起),真相を明らかにする他ないのです。これは大変なことですが,自分から第1歩を踏み出さないと何も変わりません。そのきっかけとして,電話医療事故相談も意味があるのでしょう。
コメント

本日「医療事故全国一斉電話相談」開催 電話06-6364-2670

2013年12月07日 07時32分48秒 | Weblog
 本日,全国一斉に医療事故全国一斉電話相談(午前10時~午後3時)を行います。私は,このあと10時から12時の間,大阪弁護士会館で待機します。
 今日は電話相談ですが,弁護士に法律相談をすること自体,エネルギーが要ることだと思われます。
 しかし,医療過誤かもしれないと悩むことも辛いことです。悩むくらいなら,思い切って,06-6364-2670へ電話してみてください。
コメント

ミニ生命のメッセージ展in大阪,開催中

2013年12月06日 05時37分02秒 | Weblog
 生命のメッセージ展とは・・・・犯罪・事故・いじめ・医療過誤・一気飲ませなどによって、理不尽に生命を奪われた犠牲者が主役のアート展です。
 犠牲者ひとりひとりの等身大の人型パネルはメッセンジャーと呼ばれ、その胸元には本人の写真や家族の言葉を貼り、足元には「生きた証」である靴を置いて、命の大切さを訴えています。
  生きたくても生きられなかったメッセンジャーの存在に想いを巡らし、いのちが守られる社会が生まれることを願っています。
 1.主催:大阪人権博物館
  企画・運営:特定非営利活動法人いのちのミュージアム
 2.日時:平成25年12月3日(火)から10日(火)
  開館時間:平日-午前10時から午後4時(入館は3時30分まで)
土曜日-午前10時から午後5時(入館は4時30分まで)
日曜日-午前10時から午後4時(入館は3時30分まで)
 休館日:12月9日(月)
 3.会場:大阪人権博物館1階ロビー
 4.関連企画:上映会 題名:「0(ゼロ)からの風」 日時:12月7日(土)午後2時から午後4時まで
 場所:大阪人権博物館内

  今回は,開催場所との関係で,入館料が必要=有料ですが,まだ観たことがない人は是非,行ってみてください。  
コメント

犯罪被害者支援フォーラム inはやしま ~性犯罪被害に遭うということ~

2013年12月04日 20時07分08秒 | Weblog
今日は,
『【岡山県】犯罪被害者支援フォーラム inはやしま 「性犯罪被害に遭うということ」
日時/平成25年12月4日(水)13:30~16:30
場所/ゆるびの舎
住所/岡山県都窪郡早島町前潟370-1
~フォーラム~
(報告)「早島町の取り組み」
    早島町長 中戸哲生
(シンポジウム)「いま動き出した性犯罪被害者支援」
(ライブ&トーク)「PANSAKU」 』に聴衆の一人として参加してきました。
 私は,これまでに9回,彼女らのライブ&トークに立ち会ったのですが,そのPANSAKUのパンこと山本恵子さん,目がよく見えずに相方の永吉さんに手を引いてもらって舞台に登場したり,歩けずに車椅子で登場したりしてきたのです。それが,元気になってPANSAKUとして最後のライブ&トークを無事終えられて,本当によかったです。
 また,永吉さんが今日も言われた犯罪被害者支援のキーワード,共有と共感,決して忘れません。
コメント