カドノート

フレンチアンティーク・カド店主の日常のあんなこと、こんなこと。

見立て***

2018-11-06 14:28:24 | 今日のコト




最近、男性のお客さまで酒器に代わるようなものを好んで選んでくださる方がいる。
☝クレイユ&モントローのエッグスタンドですが、お猪口に。


以前から、古いカフェオレボウルをお抹茶茶碗として選んで下さる方はいて
聞けば、他の茶道具も「見立て」で構成する茶会があるそうだ。
お茶のお稽古からは何十年も遠ざかったままだけど。。
お話を伺ってると、その粋な世界を覗いて見たいと思う。


前回の買い付けの時にも同業者のK君が、古い小さなタイルを買い集めているので
「デルフトでもないのに?」と聞くと、「菓子盆に」と。

市松模様の古いタイルに、大口屋さんの麩まんじゅうか寿やの栗きんとん乗せて
黒文字が添えてある画像が、さっと頭に浮かんで「なんて、粋なの!」と感動しちゃった。




晩酌用の見立て盃を探す先の男性は
古いヨーグルトカップもぐい呑みに選んでくださった。


店内で、見立ての酒器になるようなモノを探してみると、有るじゃないですかー!



「吸い飲み」と「実験用シャーレ」
自分ではかなりいい線行ってると思うのだけど(笑)




ちっちゃなカフェオレボウルや軟膏ぽっと
ままごとのスーピエールまでお猪口に見えてきて困るー(笑)




キュノワールの小鉢
これ、その当時は何に使ったんだろう…?と考えてたけど
これも、お薄にはピッタンコのサイズ感なのです。
全国に茶人に売り込みたい(^^♪


「見立て」を気にしだすと、固定概念から外れ頭が柔らかくなる気がして
今日も店内の商品を別の角度から見ている私がいる。


出勤時にご近所のミックスチワワ「チロ」のお散歩に遭遇した。
チロ…首の周りにエリザベスカラーならぬ、どん兵衛のカラ容器巻いてた!
チロ主も「見立て」にハマっているのか…と思ったが
病院に行くまでの、単なる代用品だという事だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« やっちまった** | トップ | アップ準備中** »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-11-07 00:52:52
kadoさん
見立て茶会!まさに友人がはまっており、、
ついには、旅持ち茶器も見立てで何ヴァージョンも作っています
チロちゃんのご主人様の見立て、、どん兵衛、、久しぶりにツボで腹筋にきました
カドさんの日々、「やらかし」「空想」「ちょと一杯のつもりが〜」などなど朝ドラになりそうですね
>?さま (cadot)
2018-11-07 10:31:25
こんにちは!

見立て茶会、面白そう~。
行ってみたいです。
旅持ちは、小ぶりで蓋つきのパニエなんかで代用できそうですね。
見立てが難しいのは、茶筅だけのような気がしてきました(^^♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のコト」カテゴリの最新記事