カドノート

フレンチアンティーク・カド店主の日常のあんなこと、こんなこと。

PS:臨時休業のお知らせ***

2018-08-17 14:17:42 | 今日のコト


これでもか…と言うくらい暑い日が続いています。

「過ごしやすくなりましたねー」って挨拶するけど、今日だって名古屋は35℃

唇が紫になるまでプールに浸かっていたい。。。
(とは、言っても皮下脂肪が多いので、なかなか唇紫にはなりませんけどねー(笑))


ちょっと涼しげなものを、HPにてご紹介しています。



19世紀の吹きガスいろいろ。。。

私はお酒の中では、ロゼワインが好きなんです。
でも…日本では馴染まないのか、美味しいロゼを探すのは至難の技ですね。
(あくまでも、スーパーとか安売りの酒屋さんで、ですよ)
いろんなのを試してみましたが、砂糖水のように甘ったるいものにしか出会えていません(>_<)

キリッーーとした辛口の冷やしたロゼをグラスに注ぎ
(「邪道だ!」と叱られそうですが)そこに氷をひとつ落として飲むのが、私は大好き♡
特に、暑い日には落ち気味の(?)食欲を呼び戻してくれるような気がします。

そんな理由もあって、ワイングラスは画像にあるような、やや大きめのボウルのものを好む傾向があるようです。
エコ贔屓するわけじゃないけど、ビストログラスは「ロゼ」が一番似合う気がします。
ガラスのゆらゆら感も一番きれいに映し出される気がするんだけど。

何か良い事があった日、お疲れさんだった日には…是非、お試しください。





こちらもお勧め~、小さなスープボウル。
釉薬がたっぷりと掛かり、インディゴ色の花文様が描かれています。
少人数時に食卓で使ったサイズですので、もとより蓋が無いものも多いです。
蚤の市で一目惚れをして購入しました(^^♪



窯元がはっきり読めなくて(-_-;)
同様のものをムスティエとして出してるお店もあったけど、釉薬の白がチト違うと思う。。
ヌヴェール焼きあたりと思って購入したけど、青が違う気がする。。
悩むこと1か月(何買っても悩んでるよねー(笑))


バックスタンプずっと見ていたらLuneville(リュネビル)と読める。
「そんなバナナ」と何度も打ち消そうとしたけど…もう、リュネビルとしか読めない。
まったくもって、リュネビルっぽくないじゃないですか。

ヤフーFRに入って、「19世紀 白釉 プチスーピエール ドット リュネビル」
少ない語彙の中で思いつくワードを入れてみたら…出てきた♡

1840年までに製造されたリュネビルのスーピエールでした。

リュネビルってどちらかと言うと繊細な模様のものが多くて
古くなればなるほど「几帳面なアタシ」的な主張が強いと思っていたけど
こーんな、アイシングクッキーばりに釉薬流して
芋ハンコばりな花を描いてた時期があったんですのね。
いや、こちらの方が個人的には好きですが。。。すっきり。

お酒飲むときにアイスペールに便利なのよーっ!って声にして言いたいけれど

フラワーベースなどに最適だと思います。…ってとこで。



※いかん、いかん。ここで終わるところだった。
肝心なことをお知らせするのを忘れておりました。

少しズレたお盆休みを頂戴致します。
8月20日(日)定休日
8月21日(月)定休日
8月22日(火)臨時休業日
8月23日 (水)午後12時より営業
よろしくお願いいたします。
コメント