カドノート

フレンチアンティーク・カド店主の日常のあんなこと、こんなこと。

惹かれる**

2018-12-12 17:01:44 | 古いモノ


寒くなりましたが、体調など崩されておられないですか。

早くもスーパーにはお正月用品が並び、否が応にも年の瀬を感じなければいけない雰囲気ですが
今ひとつ乗り切れないでいます。
このまま取り残されたらどうしよう…とちょっと焦り気味。
その前にクリスマスも有りますしねぇ。。。(あーやだやだ(笑))


本日、12点の新入荷をHPでご紹介させて貰いました。














狙ったわけではありませんがー
これからの季節にピッタンコなものばかりの12点となりました。




刻印は有りませんが、18世紀のシャンティイー窯のオクトゴナルでしょう。
なんと!径が36,5cmも有ります。

「ヒビがはいってるじゃーん…」通常ならここでお皿をもとの位置に戻すのでしょうが
裏を見てみると…



カスガイのような金モノを使った修復。
これが個人的に好きで、購入の決め手となりました。

ホッチキスのように金属芯で分かれ目を繋ぐのですが
今ではお目にかかれない技法、どうやって入れたんだろう、どうして水が漏れないの?と
未だ尚、疑問は解決せずですが、「子はかすがい」と言う言葉が毎回頭に浮かび
その度に「うん、うん。うまい事言うな」と納得するのです。(1歩も進歩しません)

インスタでも少し触れましたが、私がまだハタチそこそこのお姉ちゃんだった頃
渡ったフランスでお世話になった仏人家庭は、結構な屋敷に住み
ザーマスなマダムと、妻に向かってvous(ヴー)で話す旦那
(説明に時間を要しますので端折りますが、「君」とかの砕けた呼びかけでなく敬語を話す)
何ともハイソなブルジョア家庭でしたが、出てくるお皿、出てくるお皿…割れてるのが多く
こんな修復でつないだものや、接着剤のようなものでくっつけたものばかり。

「お金持ちほどケチってホントだな」と、思ったかも。
それまで育った環境は、ちょっとでも欠けたお皿なんて処分してましたから、理解に苦しむし
軽いカルチャーショックでしたね。
(アンティークなどに興味のない、お宅のご主人状態です。(笑))

時はヒトを変える。
今では「ウチにカケのない、ヒビのないお皿って有るかなぁ…」と思う程。
「古い傷は物語る」というか、これまでの出来事を語りだすような気さえします。
愛おしく思えると言えば大袈裟でしょうか。

私が死んじゃったったら、勿論ぜーんぶ捨てられちゃうと思うけど
それまでは1枚1枚増えるお皿を大切に使っていくつもり。


なーんちゃって、カッコいい事言ってますが
入ったラーメン屋さんでカケたどんぶりが出てくると
「そりゃないでしょ」と思ってしまいます(-_-;)

コメント (1)

ツカエルものばかりです***

2018-08-30 16:32:29 | 古いモノ


今日も名古屋は最高気温36℃を予想していて。。。(>_<)
もう9月だと言いますのに。

9月は、秋の買い付けが待っていまして(>_<)、フランスは随分秋めいているというか
朝晩はダウン着てる人もいると聞いて、体調管理に気をつけなきゃなぁと思ってるところです。

そういえば、以前は子供の夏休みを日本で過ごし、今ぐらいの時期にフランスに戻ってたんですが
何も考えず、Tシャツにビーサンでパリの空港に降り立った事が有りました。
脚の指先がキンキンに冷えてるのは勿論ですが、ブーツ履いてる仏人からの視線もかなり
痛かったのを覚えています。気をつけよ。。。


ちょっと頑張ってHPにアップしています!



アペリティフを運んだミラートレイ。
月夜も蝋燭も、僅かな明かりもキャッチしてグラス類をきれいに見せてくれます♡



フードウォーマーなのですが、そうそう固形燃料でお皿ごと料理を冷めないようにしてくれる。
テーブルの上だけでなく、チェストの上だってお気に入りのレースやお人形を引き立ててくれそうです。




これは正直何だかわかりませんが(ジャルディニエールにしては浅いかな。。。)
こーいった枯れた道具がお好きなお客さまへの限定商品でございます。

秋になると(ちっともなっていませんが)何故か紅茶が飲みたくなり
部屋が翳ると古いモノ達がよく映えますね。

(用途の解らないものまで仕入れておいて)「使えるモノが多いなぁ」と自画自賛しています。


本日も「使えるモノ」アップしましたー。




ハート型のチーズモールド。石鹸置きにいかがでしょうか。




存在だけでも美しい19世紀のガラス器。
透明度が高くうっとりする美しさです。
これも一応、ボンボニエール(飴ちゃん入れ)になるのでしょうか。

フランスの古い館で、ラベンダーを入れて飾ったりしてるのを見たことがあって
「ポプリ入れ」と頭にインプットしていたのですが、ラベンダーが香らないので不正解ですね。


一番ときめいてしまったのが、この子↓



はい。古いジャムジャーなんですけど。
いやぁ蕎麦猪口サイズが可愛らしくてたまりません。

フランスの田舎で見つけたのですが、ガラスの溝に永年のアブラがこびりついて
琥珀色のジャムポットだったんですよ。
たまたまいた同業のY君を見つけて「どう?どう?素敵だよね!」って聞くと
「‥‥YOU!買っちゃいなよ!…」と背中を押してもらったので(呆れてただけかも)購入。

3日間お風呂に入って貰って、歯ブラシと爪楊枝と布巾で格闘。



大正解ですぅ。ロックグラスに良い塩梅です。(スミマセン、いつもお酒関連で)
試しに、麦茶入れて飲んでみましたが、唇に当たる感じも◎

「見立て」って、粋だけど…用途の違うものを酒器とするとで、
私…なんかいつも口からダラダラお酒こぼしちゃって
すごく汚い女化し、冷たい目で見られたりすることあるけど、これは大丈夫でした。

お酒じゃなくても、この大きさいろいろ使えます!
よろしくお願いしますね💛
コメント

レースのアンティークシェード***

2017-01-15 16:28:11 | 古いモノ


今日は朝起きたら雪が積もってて…お店は臨時休業になるんだろう。。。と思って夜更かしたけど

朝起きて窓を開けたら雪は積もっているけど、道路の雪は溶けていてまばゆいばかりの朝日。

慌ててお風呂沸かして出勤準備!

久しぶりの朝風呂!気持ちが良かったです。真っ白になった裏庭を見ながら。。。
(裏庭って言っても、室外機とかビールケース、たらい等々ですがっ)


HPに新入荷の子達をアップしました。
昨日のブログで期待を持たせた「ストウブのアレ」、正解はこの子↓↓



ストウブの温め台。簡易ロウソクでお鍋を温めます。
いつも探してはいるけれど、4~5回くらいしか遭遇していないと思うレアな商品です。



ウサギのパテポット。
これはウサギの他にカモやヤギとか…シリーズでいろんな動物が出てたものだけど
やっぱりウサギが一番かわいいと思う。
ちょっと気分的に…オーブンには入れられないけど。
小さな頃からフツーにウサギ肉を食べてる人達には、テイコーなどないのだろうか。
ちょっと合わせ部分が浮くので、お安く提供です。(既に嫁ぎ先が決まりました)




一番のお気に入りはボビンレースのランプシェード。
実はこのシェード、秋の買い付け時にパリのアンティークショップで出会っているのです。
価格が合わないので、一度はひっそりと身を引いてみたけれど
再訪してみたら…「いた、いた」お店の隅っこ…しゃがまないと見えない所に相変わらずの姿で。
今回は価格的にも少し無理が聞いて貰えたので、連れて帰って来ました。ご縁ですね。

ボビンレースの大家に見て貰ったら、やおらルーペを取り出し(そんなんが要るんですか!)チェック。
「手編みの(ココ重要です)ボビン。恐らくバレンシエンヌ(地方)では?」と。
「バレンシエンヌ…って、寒くて暗い町って印象なんですが、こんな美しいレースを?」と聞くと
「そんな土地柄だからレースを繁栄させたんじゃないかな」って。
(あ、なるほど!家に籠ってチマチマ…ね!)

ちょっとお高めではありますが、とても優雅な気分にさせてくれます。
ご一考いただければ、是幸いです。


今日も道の悪い中、ご来店賜りありがとうございます。
ずる休みしなくて良かったー!と…胸をなでおろしておるところです。
コメント

ファーマシーポット***

2017-01-13 16:45:43 | 古いモノ


今回、極寒の蚤の市で見つけたもの。



ロゴ入りのファーマシーポット15個。

1個いくら…と言う売主に
「全部買うから、安くしてチョンマゲー♪」と精一杯の口角を上げてみたけど
ダメだった。。。




125㎖用と250㎖用のサイズは2種類。
「薬草の入っていたものじゃないか…」と言ってたけど、確かにツマミはそれっぽい。

19世紀のファイアンスフィーヌに男前なロゴ。

こんなの好きです。。。多分、私の周りの同業者さんが見つけてもゲットしていたと思うから
タイミングが良かったのかな。



ツマミの後ろにも数字の他に、何か刻んであるんだけどさっぱり見えない(もうやだ~)


値段交渉に破れても「わかった…。全部貰ってきます」ってお金払ったのに
売主のムッシューは、何かにもたれて微動だにせず。
それどころか、何かにもたれたまま…スーパーに売ってるような、ビニールに入ったパンを食べ始めた。

「あの…何か包むもの…」と言うと、「あぁ…」って感じで新聞の束を投げてくれた。

自分で包めってことですかい?
-5℃とか-6℃とか言われたこの朝、財布からお札出すのも苦労するくらいかじかんだ指で包んだ。

「あの…袋とかないですか…」と言うと、「あぁ…」って感じで
パンを食べるの中断して、スーパーの袋を1枚くれた。

「破れないかな…、もう一枚ない?」と言うと、「大丈夫だろ?」と。

「ありがとう」の代わりに『あなたのパンオーショコラ、凍ってるよ』と言って帰って来た。

日本から来てたTちゃんも『ここの国の人、商売やる気あんの?』って口癖のように言ってた(笑)
日本のサービスが過剰だと感じる事があるけど、二つの国を足して割って調度いいくらいかな。

フランスはお客が「ありがとう」と言い、売り手は「どういたしまして」と答える国。




子供用のナフキンリング(くまちゃんが見えますか?)

今回は子供用の銀製ナフキンリング、タンブラー、エッグスタンドなどをせっせと購入。
古いリネンやベッチン貼って、ピンクッションとして
3月のうめだ阪急でデビューさせるつもりです。お楽しみに~(^^♪




ストウブのアレも見つけた♡
なるべく早くにHPでご紹介するつもりです。

今回は飛行機に乗せた商品がひとつも壊れてなくて、ハッピーです。
コメント (2)

小さい子たち***

2016-10-31 16:39:36 | 古いモノ

ブログの方が少し間が開いてしまいました、すみません。

ここのところ、夜はプロ野球の日本シリーズのTV観戦にどっぷりとハマってました。

「今頃、サッポロか広島に遊びに行ってたら楽しいだろうなぁ。。」って思いながら(笑)
プロ野球を久しぶりに見て、ひとりで大盛り上がりでした。
こう見えてもこの私、若い頃はシーズン中は地元球場に通う野球少女だったんですよ(照)




Viandoxのマグカップ。
1920頃のものだと思いますが、種類あるViandoxのカップの中でも一番初期ののものでしょう。

今でこそ、パリのスーパーや陶器のお店にも当たり前のようにある「マグカップ」ですが
私が学生としてフランスに渡った頃は、「まな板」同様「見当たらないモノ」のひとつで、
コーヒーがぶ飲みしたい私は、いつも探していました。

フランスで珈琲を飲む為のカップと言えば、「デミタス」か「カフェオレボウル」ばかり。
そうでなければ、深さがマグカップの半分ほどの口の広いカップか。。。
フランス人はコーヒーにパンやビスコットを浸して食べる習慣があるので
口の広いカップやカフェオレボウルの需要が高かったのだと思います。

蚤の市で、このViandoxのマグカップを見つけた時の嬉しさは今でも覚えてる(^^♪
(迷わず購入して今も愛用しています。すっかり茶色のカップと化していますが)
「あるじゃーん!」と思ったのだけど、調べたらViandoxはブイヨンのメーカーなので
これはコーヒー用じゃなくて、カップスープ用だったというわけ。
大人っぽくて持ち易く、適量の珈琲が注げるので大好きです。



お店には「小さい子」達もいっぱいいますよー。



小さなカフェオレボウル。
「子供用」「ままごと」…所説有りますが、
私がカフェオレボウルコレクターのマダムから聞いたのは
「カフェオレにしない人用」、つまりストレートで珈琲を飲むデミタスの代わり。
私はこの意見が一番信ぴょう性が高いと思っています。




こちらがままごと用の19世紀の小皿と、小さな実験道具の蒸発皿
調味料や見搗くピッチャー代わりにお使い頂くと可愛いです。




ベッピンさん達も勢ぞろい♪

HPでは、ヴィンテージのル・クルーゼのお鍋など「台所用品」を6点アップさせて頂きました。
是非、覗いて見てください。
コメント