菅野重工業

アニメから兵器まで色々と。
Kanno Heavy Industries

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Override

2005-07-23 22:41:23 | アニメ・ゲーム
本日23日より『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』が公開となった訳ですが、
SEED-Dにおいては『金色(こんじき)のMS』が発進となった次第です。

■今回は「PHASE-40 黄金の意志」というタイトルでした。ヘブンズベース陥落前に
密かに脱出をしていたジブリール氏が潜伏先として選んだのはオーブだった訳ですが、
やはりと言うべきか直ぐにZAFTの知る所となった次第です。

■ジブリール氏の捕捉が第一優先であるデュランダル議長は当然引渡しをオーブに
要求となったのですが、ヘタレユウナが「オーブにはそんな奴いない。」
小学生でもしない様な言い訳でした。当然茶番もいい所である訳で即攻撃となった
次第です。私はセイランは"親ジブリール"なのかとこの間は思ったのですが、今日の
ジブリール-ウナト間のやりとりを見る限りにおいてはむしろ"反デュランダル"
と言った方が正確な気がしてきた次第です。反デュランダルで行くならば少なくとも
連合と組まなければない訳なので、その従属事象として結果的に"親ジブリール"と
なったと考える所です。従って反デュランダルという意味においてはAA組と同じと言える
のかもしれませんが、それを実現しようとする手法が相違しているのです。つまりは
前者が「連合と組する」のに対し後者はあくまで「独自路線」をとっているという
ことです。逆に言うとそこにつけこんだのが今回のジブリール氏の行動となったのでは
ないでしょうか。とは言えセイランの一連の動きがプラントとの衝突を加速したことは
明らかな所です。

■そんなオーブの危機を見かねた元首カガリはいてもたってもいられなかった次第です。
当初はスカイグラスパーで出ようとしますが一旦キサカ氏に止められ、父ウズミが遺した
MS『アカツキ』を駆っての出撃となった訳です。これまでまだかまだかと私も思っていた
カガリ復活の時が遂に到来しました。普段のカガリなら開口一番ユウナに「何をやって
いるんだ!この馬鹿!」
なんて言いそうな所ですが、自らを本物のオーブ元首と
認めさせるため見事な"誘導尋問"を展開し全軍を掌握した次第です。そして完全に
ガタガタだったオーブ軍をひとまず立て直した状況でした。恐らく来週辺りには復活の
もう2人も含めて一気に巻き返すものと思われる訳ですが、果たしてジブリール氏を引き
渡すことになるのか否かも要注目な所でしょうか。AA組の信条とすればデュランダル氏
自体も"信用ならん"ということなので、またしても隙を見て必殺技の逃走を使われ
そうな気配がしたりする次第です。

以下気になった点。

1.色々な意味で"ネガティヴ"な夢を見ていた模様。

2.最早「フェイス」には"乱発手形"な印象しか受けなかったりします。

3.もうグラディス氏にとっても"タヌキ"以外の何者でも無い次第。

4.アスラン、今日もジタバタ中。

5.「この様な茶番に付き合える訳も無い。」 → 茶番はあなただけの専売特許では
無いのですよ。

6.グーンって頭突きもするのかー。知らなかった。

7.「嘘だと知っているからですよ。」は「やはりダメだこのヘタレめ!」と解読。

8.遺言と言うよりは遺産です。

9.アカツキの内装はオプションで"漆塗"も選べます。(ウソ)

10.「あー、ちょっとスッキリした。」(蘇我一佐談。)

11.あの時ユウナを退艦させたのはこの日のため布石だったのかー。

12.今日のカガリは凄い。アカツキにはカガリを"大人"にする効果もアリ?

番外:『焔の扉』はサウンドトラックⅢ辺りに収録でしょうか。多分即購入の予感。
因みに同Ⅲの発売日は8月24日です。収録されるか否かは不明ですが。
(ありゃ、テイルズオブレジェンディアのサントラと同じ日…。)


コメント (2)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« white dwarf | トップ | らじもない »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジタバタな人 (由梨)
2005-07-28 23:01:00
菅野重工業さま、暑い日が続きますね。

明後日のタイトルは「リフレイン」なのでここで総集編が入るってことで、来週にならないとシンとカガリの対決が見れないようですが・・・・・。どう考えてもシンが有利そうなので、不安な由梨です。

アカツキには受けたエネルギーを跳ね返す装甲(?)があるようですが、やっぱりここは「天から剣」が舞い降りて盾になる展開でしょうか。それともベットの上のジタバタくんが無理やり復活でしょうか(笑)

アカツキ自力脱出の展開もアリですし、なんとも楽しみな来週末です。

そして、猫好きジブやんご一行様の行方は・・・・更に、次週、ユウナがソガ一佐に殴られて腫れ上がった頬を冷やしつつ「酷いじゃないか、カガリ~、マイハニー」とか言っている姿で登場してくれないかなあ、と(笑)思っています。

小休止 (菅野重工業)
2005-07-29 21:12:22
>暑い日が続きますね



今日もちょっと暑かったのですが、明日は最高気温30℃と予報が出て

いるのを見て若干嫌な感じがしていたりする次第です。



明日の回はどうやら言われる通り総集編ということで、一休みという所

でしょうか。



>アカツキには受けたエネルギーを跳ね返す装甲



伊達に金色な訳ではない模様です。必ずしも金色でなくても良い気も

しますが、「それを言っては…」ということで。それでシン-カガリ対決

が持ち越しとなるのでやや残念ですが、やはり"自由と正義"が颯爽と

舞い降りてきそうな気配がする次第です。



>ジタバタくんが無理やり復活



ただアスランはどう考えてもまだ安静にしておいた方が良いと思う訳

ですが、"驚異の回復力が発動"するのかもしれません。



確かに猫好きの人とユウナの先行きも注目です。



>殴られて腫れ上がった頬を冷やしつつ「酷いじゃないか、カガリ~、

マイハニー」



この後「私がバランスをとってやろう。」とカガリニ反対側を殴られている

シーンが思い浮かんでしまった所です。何しろ国家反逆罪という正に

重罪の容疑なので当分あまり出番なしだったりするかもしれません。

コメントを投稿

アニメ・ゲーム」カテゴリの最新記事

29 トラックバック

PHASE-40 『黄金の意志』 (トリカゴ)
シンとレイが勲章を貰って、フェイスのバッチももらえた。 で、ジブリールがオーブにいるってばれて、 ユウナのヘンな返事で開戦決定。 そのまえのシンがうなされていて、レイの淡白な感じも まだ不安定なシンと、心の定まっているレイって感じ。 シンはまだかすかな迷
今日の「ガンダムSEED DESTINY」40話。 (今日のブログ 明日のグラブロDESTINY)
1話以来の L字枠登場。 オレは正直延々L字出すくらいなら 中断して後日再放送した方が良いと 思うんだけど。 ・・まあ、今回はたいした話じゃなかったから 良いか(苦笑) ホント、オレ的にはマリューさんの乳揺れ くらいしか見所なかったですよ。 つーか、カガリさ
えーと・・・何のパクリだろう? (あ~あ、やっちゃった。)
とりあえず、シャア専用ブログさんより。あー結局、喜久子さんじゃなかった。というか、この3人の情報・・・誤報でまくりorzオレも記事書いた後に気づいたんだが、他にもあったんだよな。まぁいいか・・・奥様で堪能できてるし。まぁ堂珍じゃないし、声優的にはいいのかな?
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-40「黄金の意志」 (Precious Prize Platz -Annex-)
脚本   野村祐一、両澤千晶 絵コンテ 西澤晋、高田昌宏 演出   いとがしんたろー 作画監督 キャラクター 森下博光 メカニック 吉田徹 あらすじ:やめてよね、本気で喧嘩したらシンが僕にかなうはずないだろ? ザフト軍・ジブラルタル基地。ステラ戦をなぜか思い出
「G・Sデスティニー」40話「黄金の意志」 (大吉。)
<土曜日> 今回は新MS「アカツキ」の登場、カガリのオーブへの帰還と又してもドッキドキでした! キラが居ない間にどうしましょう!とオロオロしていたんですが・・。 ジブリールがオーブに逃げ込み、それを知ったザフトが引渡しを要求するが、バカ息子がアホウな返事を
ガンダムSEED DESTNIY  PHASE-40話 黄金の意思 (赤と黒、アルビ、SEED・Dが大好きだっけ。)
・今回は…一言で言えば【馬鹿が沢山いる…としか言えない】どうしようもないよ…と言う訳で感想、考察に入ります。 ★カガリ★ ・カッコが良かった!カガリ、問題は…アカツキはまさしく百式ですこれはまた後で。決意をして再びオーブの為に立ち上がった姿は良かった、今ま
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-40 「黄金の意志」 (いろいろ☆雑想ノート)
ユウナ国家反逆罪で逮捕(笑)。 アーサーと並んで楽しみにしてたキャラなのに残念。
ガンダムSEED DESTINY 第40話 「黄金の意思」 感想 (蒼穹のぺうげおっと)
先週はキラ、そして今週はカガリサイドで大きな伏線回収となった第40話「黄金の意思」。 ウズミの遺志を受け取ることで諦念から様々な意味での決意に転じる、今回はそういう意味でカガリが持つテーマとしてはほぼその役割を全うした、そういう回だったのかなと。 また最終
種運命 40話 (Apple Tea Diary)
今回の見所は「カガリ」と「アカツキ」と「ヘタレユウナ」でしょう。(^^ゞ ■レイ「それは弱さだ。それでは何も守れない」 夢にうなされるシン。(夢の色がヘンだった。夢だからか) そんなシンに向かってレイが言った言葉↑。「守れない」はシンを操る「ブロックワー
GUNDAM SEED DESTINY  (ゼロから)
百式、遂に登場! ドムは、何時出てくるのか? シンの改心は、あるのか? シンを洗脳から解き放てるのは、ルナマリアか?
GUNDAM SEED DESTINY その16(PHASE-40) (にんじゃハムの本村)
FictionJunction YUUKA  キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! アカツキ キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! ビーム兵器が効かないの!Σ( ̄□ ̄;) ストライカーパック 装備できるのかφ(..)メモメモ だったら I.W.S.P. を使ってよ(-∧-;) エリカ・シモンズ 設計(?
ガンダムSEED DESTINY 40話雑感 (月の砂漠のあしあと)
 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7  一応、罪悪感とか迷いがあるらしく絶好調で魘されまくりのシン。そんなシンに、準備良く飲み物やら、タオルを渡します。きっとシンがうんうん魘される声がウルサくて、「はよ、おきへんかい、ジャリ」とか寝ぼけ頭で思いつつ、起きた
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第40話 「黄金の意志」 (吠刀光 【遊撃】)
 ナイト・オブ・ゴールド「暁」の初陣です。 南里エッタのテーマ曲と共に劇的に発進!  やっぱり「機体の性能は戦力の決定的な差」でした。  続き→ 
  百   式    登   場   (違) (咎人が踊る異界の地にて)
 鋼の初回見に行く予定が、体力的な問題とかその他もろもろな問題でキャンセル。  結局一日へたばってました。  でも、SEEDだけは意地でもレビュ。  何も知らないくせにとか言うくせにじゃ、自分は何かを知ろうとしたのかヨとか言いたくなる。  ごめん、
焔の扉◆SEED DESTINY 第40話 私見◆ (蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7 ●焔の扉 「守るための剣、今必要ならばこれを取れ、道のまま、おまえの定めた為すべきことを為すためならば…」 「どうか、幸せに生きよ…、カガリ…」 クライマックスに近づきつつある『SEED DESTINY』です。 先週は
機動戦士ガンダム SEED DESTINY PHASE-40 『黄金の意志』 (王様の耳はロバの耳)
・シンとカガリ 倒してきた”敵”の影にうなされるシンの様子から、今回は始まりましたね。 悪夢に悩まされるシンに対して、「それは弱さだ。それでは何も守れない」とするレイ。 シンはまだそこまできっぱりと割り切れてない様子ですが、レイはすっかりそういった次元を
第四十話「黄金の意志」 (Blue Channel)
オーブに逃げ込んだジブリール。それを簡単に受け入れるセイランはそろそろ終わりかな。オーブがジブリールをかくまったことにより、ザフトからの攻撃を受けるはめになったのだから。しかもオーブ内で退避勧告などまったくなし。ヤバス!地震情報も同じくヤバス!!
第40話「黄金の意志」―AAが隠れてたとき、ザフトを指揮していたのは彼です― (-SEED・エスカフローネに愛を注ぐ-)
第40話「黄金の意志」―AAが隠れてたとき、ザフトを指揮していたのは彼です― ええと、最初に謝っておきます。 今回の感想記事は80%くらいアスランについて書いてます。 ストーリーへの感想というよりは、自己補完とか、なぜかアスカガ視点強で書い
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第40話 (salty blog)
第40話「黄金の意志」「カガリ・ユラ・アスハ、アカツキ発進する!」その時、竜宮島司令室にて…。「真壁司令!オーブ上空にフェストゥム出現!」「何っ!?映像を出せるか?」「はい!」「う~む、今までのものと若干タイプが違うようだが、 この金色の姿は確かにフェスト
SEED DESTINY 40話 (CODY スピリッツ!)
最近、2分で25機のザクやグフを撃墜した全国のS-Dファンの皆様!先週の土日はストライクフリーダムやら響鬼紅やら最強なのが色々と出てきましたけど、本当の最強はマイメロの確信犯的な天然が最強だと思いますってことで感想に入ります。
phase-40「俺が討てば良かった。優しすぎる、お前は」 (ちっちゃな種が暮らしいい。)
議長、どこまでがあんたのシナリオなんだ。もう全てがあんたの掌の上のような気がしてならないよ! シン、君は解き放たれるべきだ! 怒りから、怨みから、迷いから。 タリア…お怒りはごもっとも。最後に総員退艦させたミネルバで議長に一発喰らわせてやって下さい。期待
PHASE-40 「黄金の意志」 (蒼白な月)
  ■その名は「暁」         本音を言えば、私はあくまでもカガリがMSに乗って戦うというのには反対でした。 28話以降、カガリは自分が為政者として道を誤ったことを痛感したはずです。 だからカガリがこれから代表首長に復帰して振るうのは「力」ではなく
[アニメ] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-40「黄金の意志」キャプ感想 (【馬と戯れる少女逆転スリーラン】)
どうも、ストーリー全然わかってないくせに強引に種デス感想を書く男、jagiです。どこまでもついて行くと決めたシンちゃんだけが頼りです。シンちゃんご機嫌いかがですか?たいへんたいへん!シンちゃんがうなされてるよ!!トラウマですか?今日は凛々しいお顔だね!!先週
種死と天災 (distacks)
この因果関係はもう説明するまでもないですな。
時間を超えて届けられる想いという話には弱いです/第40話「黄金の意志」/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想 (ランゲージダイアリー)
 ウズミの否定者シンVSウズミの肯定者カガリという序盤に描かれていた対立の構図にこの終盤で再び回帰してるのは熱いです。そんな二人が根底では同じ戦争否定者というのも熱い。序盤押され気味だったカガリが今度はウズミの意志が込められた黄金のMSでビジュアル
GUNDAM SEED DESTINY PHASE-40(1) (kasumidokiの日記)
GUNDAM SEED DESTINY PHASE-40(1) 戦乱の舞台は、オーブへ。 今回は長くなりそうなので、CMの前と後で半分ずつ書いていきたいと思います。 PHASE-40 黄
「黄金の意志」SEED DESTINY40話 (ひよぴよのメモ帳)
 ガンダムSEED DESTINY40話「黄金の意志」の感想です。ネタバレありで
PHASE-40「黄金の意志」 (一日一音。)
前作PHASE-40「暁の宇宙へ」で国を焼いたオーブでしたが、 今回はカガリが再び舞い戻っての国を焼かれない為の戦いとなりました。 このバトルで燃えない訳がありません。 アカツキ登場後、カガリがオーブの代表に帰還し、 体勢を立て直すオーブ軍も最高でした。 つーか
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-40「黄金の意志」 (EL CLASICO)
悪夢を見ていた 主人公シンは,大親友のレイに起こされる. で,2人 仲良くフェイスに昇進. そんな時,ジブリールが オーブ(セイラン家)に居るとの 情報が. まあ,わかっていたことですが.... これで,オーブに 攻撃する理由が できてしまいました.