菅野重工業

アニメから兵器まで色々と。
Kanno Heavy Industries

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プラスそしてパチモン。

2005-04-16 | アニメ・ゲーム
『機動戦士ガンダム 一年戦争』を購入したことは既に書きましたが、諸事情(ちょっと
難しい)によりあまり進んでいない次第です。

■今日は「PHASE-26 約束」というタイトルでした。前回単機で向かってきたガイアを
迎撃することに成功したシンですが、その結果当該パイロットがステラであるという
事実を知った次第です。

■今作開始時からOPにより絶対に何かあるということは想像に難くなかったシン
とステラですが"接触事故 → サルベージ"と来て、遂に重大な局面を向かえる
段になったと言えます。とは言えまだこの2人に関しては序章でこれからもっと展開して
いくということですが。自らがこれまで何度も戦ってきたガイアのパイロットがこともあろうに
溺れていた所を助けたステラであろうとは、正に「心中お察し申し上げます。」という他
無いくらいシンにとってはショックな事実であると言えます。しかも彼女が強化人間(エクス
テンデント)であるということもまたこれに拍車をかける所です。ロドニアラボで強化人間
製造の実態を知った後となっては。今日唯一の救いだったのはステラがシンを思い
出した
ことくらいでしょうか。これが意味するものはつまりあの体験(サルベージの件)が
ステラ自身にとって非常に鮮烈なものであったということでしょう。一旦はメインテナンス
つまり記憶消去により消え去ってしまったかに思われましたが、再想起が可能ということ
を見る限り厳密には"消す"と言うよりは"封印する"という感じなのかもしれません。

■そしてもうひとつの動きがラクスがプラントへ向かったことです。前大戦時以降オーブに
いた彼女ですがキラが再びフリーダムを駆ることを決心した様に、ラクスもまたプラントの
現状を憂いて行動を起こした次第です。似非ラクスことミーア=キャンベルの投入等、
プラントの現状を確かめに赴く訳です。無論キラが止めた様に暗殺といった各種の危険が
付きまとうとは思われますが、逆に公の場に堂々と出てしまった方が手を出し難くなると
言えるかもしれません。しかしながらやはり色々と狙われそうな気はしますが、その際は
バルトフェルド氏が"ロックバスター"で何とか切り抜けてくれることを願う所です。それで
最も気になるのは何といってもデュランダル氏の反応である訳ですが、ちょっと
これは読めないというのが実際の所です。あくまでミーア利用継続のために処理をする
のかそれともミーア投入は止むを得ずしたことだととりあえず"謝ってみる"のか、それ
以外なのか、ちょっと分かりません。少なくとも"ラクスを2人存在させる"訳には
いかないことは確実だと思われるので、何らかの動きはあると思う次第です。ラクスの
性格からして一気にデュランダル氏の所へ突撃(真意確認に行く)したりもしそうですが。

■ということで各々がこれまでよりも大きく動いていくと思われる次第です。中でもOPを
見る限りはミネルバより奪還されたステラがデストロイに乗りそうな気配が炸裂している
訳ですが、実はこれが最も気になっていたりします。つまり端的に言うと"ステラの
Survivability"
如何が気になる次第です。他にもネオ=ロアノーク問題やアスランの
ポジション等気になる点は色々ある訳ですが、今後に期待ということである次第です。

以下気になった点。

1.いくら急いでいるからといって、「うるさい、どけ!」はイカンと思う。

2.ステラ白目。

3.あくまでも"損失"で計上です。

4.ロアノーク氏は結構部下思いですな。

5.ラクス、似非ラクスをモノマネ。(ちょっとややこしい。)

6.バビ初出撃だった(多分)のにアッサリやられてしまいました。アッシュ同様相手が
フリーダムでは…。

7.『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ORIGINAL SOUNDTRACK II』欲しいなー。

補足:"Plus(プラス)"というのはゲーム『アーマード・コア』シリーズにおいて"強化人間"
を意味する言葉です。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 受取り拒否希望 | トップ | 愚行ナリ。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひすい)
2005-04-17 00:42:51
こんばんわw

先週はトラックバックしてもらったのに、コメント入れられなくて申し訳ないです。

今週は希望と絶望の両方を見たような気がしますね。



ステラは非常に可哀想な境遇になっていきますが、

果たして彼女に救いはあるんでしょうか…

シンも、本当にこれから苦しいことになるんでしょうね。



それに対して、逆に今回はラクスたちは

非常に雰囲気よかったですよね。

EDの入り方もよかった気がしますし、

何より想いを同じくする仲間がいるって、

いいことじゃないでしょうか。
展望 (菅野重工業)
2005-04-17 00:57:24
>コメント入れられなくて申し訳ないです



気にされない様に。コメントは適宜で良いですよ。



ステラはやはり痛々しい感じでした。是非最後まで生存希望

なのですが、ちょっとむしろかなり心配な所です。まあこれは

最後まで見ないと分からないのですが。



言われる通りラクスの方は明るい印象でした。キラも前作で

ラクスに送り出された訳ですが、今度は逆にキラがラクスを

送り出していた次第です。バルトフェルド氏にフラグかという

見解もある様ですが、例のムラサメに大して乗っていないので

まだそれは無いのではと思う所です。それでラクスはプラントで

どんな行動を起こすのか気になる次第です。
突っ込み・・・・ (由梨)
2005-04-17 16:55:58
今回はステラたん満載でしたね。しかし、白目とは!

・・・・・ヒロイン・・・・・ですよね。

一応、主人公の彼女だし・・・・・(く、苦しいっ!)



ステラたんからシンへの頂き物は、やっぱり桜貝でしたね。

ラクス、ミーアのモノマネ、でも、まだ上品過ぎだと思ったのは私だけでしょうか。



ガンダムシードDは始まって以来、細かいところに突っ込みを入れたくなります。

例えば、アーサーと同じに黒服着ている人は何故にちょっと間抜けなの?とか。

関西弁しゃべるコーディネーターって?

とか。

コーディネーターの特殊部隊と互角に戦うマリューさんてナチュラルだけど、エクステンデットよりランク上じゃない?とかとか。



でも、そんな突っ込みもファンならではの楽しみの一つですね。

個人的には最後はステラたんを含めて皆に幸せになって欲しいところです。

でないと、胸痛すぎです・・・・・・。

最後は「天使湯」で「そんなこともあったよね」と語り合って欲しいですね。
SEED-D御一行様 (菅野重工業)
2005-04-17 17:24:35
まさかステラが白目をむく所を見るとは思わなかった次第です。

一応シンのことを思いだしたようですが、多分また離れること

になりそうです。



>まだ上品過ぎだと思ったのは私だけでしょうか



私も抑えさえ気味だと思いました。パチモンはもっと色々な

意味で"高出力"なので。



突っ込み所も満載なSEED-Dですが、確かにそれもまた楽しみ方

のひとつと言った所です。



最後は皆一緒に天使湯で一息(ステラも)というラストだったら良いの

ですが。

コメントを投稿

アニメ・ゲーム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事