活動から離れた創価内部アンチのブログ。

元バリ活の内部アンチ(3世会員)による体験記・雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

道徳の教科化と思想の押し付け

2018-03-29 19:30:00 | 体験談・雑記

私は、2018年度から全国の公立小学校で始まる道徳の教科化に対し、密かにその動向が気になっています。

これまでは教科外活動として、国の関与を受けずに教師の裁量によって実施されていた道徳の授業が、特別の教科という位置づけとなった結果、全国の小学生は、文部科学大臣の検定を通過した教科書を使用し、子どもたちの学習結果を教員が記述式で評価し、子どもたちが学ぶ道徳の内容は、国が学習指導要領で定めることになります。

このような道徳の教科化に対し、「子どもたちに特定の思想や価値観を押し付けることになる」「子どもたちの思想良心の自由を侵害するおそれがある」として、反対運動のあったことは周知のとおりです。

 

私は、道徳の授業をめぐる議論について、「思想や価値観の押し付け」になるかどうかは、教え方次第だと思っています。

本来、道徳とは、物事の是非・善悪の価値判断を行うための規範であって、多角的な視野を養うことが目的のはずです。例えば、あるテーマをめぐって、Aという考え方もあれば、Bという考え方もある。それぞれの考え方の違いを理解させたうえで、自分だったらどの立場を採るか…と子どもたちに考えさせる。

そうやって、子どもたちは、物事の多面性や価値観の多様性を学び、自身の人生の糧にしていく。これが、本来の道徳の目的であって、この目的をはき違えていない限り、道徳の授業は、価値観の押し付けなどではなく、子供たちの心の豊かさを育むことにも繋がるだろうと考えています。

 

しかし、学会の家庭では、「創価学会の思想が唯一正しい」と、親が子どもに自身の価値観を押し付けてきました。このような家庭内での創価思想教育を受けていた私からすれば、正直なところ、道徳の授業ぐらい可愛いもんだと思います。心配しなくても、小・中学校時代に受けた道徳の授業ぐらいで、その後の人生が左右されるほどの思想的影響なんて受けないです。はい。

 

ちなみに、公明党は当初道徳の教科化に反対しており、現在も党内では慎重論が多いようです。ここで、公明党のオフィシャルコメントをご紹介しておきましょう。

 

「公明党は、子どもの豊かな心を育てるための道徳教育の重要性を踏まえた上で、道徳教育が特定の思想や価値観の押し付けにならないよう一貫して訴えています。」

引用元:「道徳の教科の課題」公明党・公式サイト(https://www.komei.or.jp/news/detail/20150225_16335)

 

…ほーぅ。特定の思想や価値観の押し付けにならないようにねぇ。。

公教育における道徳の授業と、家庭内の躾とでは、全く議論の次元が異なりますが、公明党としては、創価学会の家庭内で、親が自身の宗教思想を子どもに押し付けていることに対し、どのように評価しますかね。子どもに特定の思想・価値観が押し付けられているという問題構造は同じだと思うんですが、どなたか1名でもいいので、公明党の議員として意見を述べて欲しいですねぇ。ご自身も創価学会員であれば、事情はご存知でしょうし。

 

最後に、4月から新入学・新学期を迎える子どもたちも多いと思いますが、物事の多面性、価値観の多様性を学び、自身の心の豊かさを育んでいって欲しいなと願います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 創価学会におけるポピュリズ... | トップ | 退会した人は「裏切者」でも... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

体験談・雑記」カテゴリの最新記事