活動から離れた創価内部アンチのブログ。

元バリ活の内部アンチ(3世会員)による体験記・雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

創価学会がネット広告を出す意味は?

2018-01-25 19:04:14 | 体験談・雑記

以前から気になっていましたが、ここ最近よく見かけません?創価学会のネットバナー広告。プリントメディアが下火となっている一方で、ネット広告は右肩上がりの成長市場ですので、ネット広告に予算を割くのは、一般企業だったら分かりますよ。一般企業だったらね。

その内容としては、「創価学会ってなにやっているところなの?」みたいな謳い文句で、クリックするとショートムービーが流れたり、最近でしたら、SGIに関する情報(メンバーの体験談)なども流していますね。※ Googleさん、広告ポリシー的に大丈夫なんですか…?(;^ω^)

 

私は、このようなネット広告を見て、「なんで今更イメージ広告なんて出す必要があるんだ?」と思います。これはネット広告に限らず、テレビCMなんかも同様です。

だって、創価学会は、拡大を続ける民衆の大城なんでしょう?海外にも連帯を広げている世界宗教なんでしょう?今でも人材が陸続と躍り出ているんでしょう?だったら、今までどおり折伏をして、創価学会の理解を得るために草の根の対話を続けていけばいいじゃないですか。それで組織を拡大させていけばいいわけで、わざわざ広告を出す意味に乏しいですよ。ましてや、学会員の財務から広告費が捻出されているわけですし、むちゃくちゃ経費の無駄遣いじゃないですかね。

そう考えると、人材拡大なんて全くの嘘っぱちで、ある程度広告費に予算を割き、創価学会のことを宣伝しないといけないぐらいにまで追い込まれているという実態が垣間見えます。だって冷静に考えてみてください。世界的に有名な大企業が、自社商品・サービスの宣伝ではなく、自分たちの会社そのもののイメージ広告なんて出しますか?普通そんなことしませんよね?イメージ広告なんて出さなくても、世間から広く認知され、既にポジティブなイメージが確立されているからです。イメージ広告を出すということは、「自分たちのイメージは悪い」と逆に宣伝しているようなものなんですよ。

 

ところで、ネット広告のメインターゲットは、スマホ世代である若者でしょうか。広告の狙いとしては、若者の創価学会に対するイメージを変えたいといったところだと思われます。今の10~20代の若者の中には、創価学会のことを全く知らない人もたくさんいると思いますし、そのような若者のうち、1%でも意識を変えることができたら御の字ぐらいの気持ちで広告を打っているのかもしれません。

(選挙の投票年齢が18歳以上に引き下げられたことも少なからず関係しているのでは…と勝手に想像しています)

 

ただ、創価学会のネット広告以上にネガティブインフォメーションの方が遥かに多いですし、仮にネット広告を見て創価学会のことを知り、興味をもったとしても、その後ググってみたら、創価学会に対する批判的意見がウジャウジャと出てきて、最終的に「…ああ、そういう団体だったのね。うっかり騙されるところだった」というところに行き着くように思います。

また、一般的に「ウザい」と認識されているネット広告での露出を増やすと、「ああ、創価学会って、最近ネット広告を出しているあの鬱陶しいやつか」というイメージを持たれかねません。そのようなことを考えると、諸刃の剣のようにも思えます。今は試験的にやっているだけかもしれませんけど。

 

創価学会のテレビCMやネット広告を見て、「創価学会のCMが流れるような時代になったのか!」と喜んでいる壮年部・婦人部の人もいるかもしれませんが、喜ぶところじゃないと思いますよ。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「創価学会ってどんなところ... | トップ | 「組織から離れてはいけない」? »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうもです (抹茶ようかん)
2018-01-25 23:17:42
ほんとに
ネットでもテレビでも、創価や聖教新聞のCM増えましたよね。
バリ活の頃は単純に「すごい時代だー」
と喜んでましたσ^_^;

一対一の対話を重視してきた学会上層部が、最初からCMの効果なんかに期待してるとは思えません。
むしろ、メディアに創価批判をさせない為にスポンサーになってるとしか。
シニフィエさんとかもそんなようなこと書いてましたね。

下世話なサンジャポのスポンサーが聖教新聞なのとか、ほんと露骨で笑っちゃうw

ネット上の内部経験者の意見が、一番創価を理解できますよね。
Re:どうもです (たれぱん)
2018-01-26 18:11:00
こんにちは。コメントありがとうございます。

いやぁ、ほんとに増えましたねー。
初めて聖教新聞のCMを見たときは、不覚にも「お、凄い良いCMやん」と思ったのを覚えていますw

今は、YouTubeとかAbemaTVとか、創価の支配が及んでいないメディアが伸びているので、
ここらへんのメディア統制をどうしようかと策を練っている最中でしょうか。

>下世話なサンジャポのスポンサーが聖教新聞なのとか、ほんと露骨で笑っちゃうw

いやぁ、ほんとに仰るとおり初めからCM効果なんかどうでもいいんでしょうねw
学会員さーん。「お前ら馬鹿だから、メディア支配とか言われたってどうせ分かんねーだろ」って言われてますよー(-0-;)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

体験談・雑記」カテゴリの最新記事