活動から離れた創価内部アンチのブログ。

元バリ活の内部アンチ(3世会員)による体験記・雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学内のような組織が必要なのに。

2018-02-22 19:00:00 | 体験談・雑記

皆さんは「学内」という組織をご存知でしょうか?学生部特有の組織ですので、「そんなの知らない」という学会員さんもいらっしゃるかもしれません。

これは、地元組織とは別に、各大学単位での組織を言います。例えば、早稲田大学だったら早稲田大学の学内組織、大阪大学だったら大阪大学の学内組織というように、各大学の学生部が中心となって構成されているグループです。大学によっては、この学内組織が大規模な学校もあり、関西だったら近畿大学や関西大学の学内はかなり活発だったと記憶しています(現在はどうなっているか知りません)。

ちなみに、地元組織のことを「ライン」と呼び、学内と区別していたのですが、ラインから引っ張られたわけではなく、学内から学生部の活動を始めた人もいました。ある程度学生の多い大学でしたら、地元組織よりも学内組織の方が規模が大きい場合も全然あると思います。

 

私が、学生部時代、特に疑問を感じることなく、バリバリに活動できていた理由として、この学内の存在が非常に大きかったです。

何故かというと、ラインと学内は、

  • ライン=うぉー!!勝つぞー!!池田先生・奥様!見ていてください!!!
  • 学内=核廃絶に向けて我々学生はどうすべきなんだろう?考えてみよう。

というような棲み分けであり、学内組織は、ただ突っ走るだけではなく、一旦立ち止まったり、時には自分の疑問・意見を率直にぶつける場として機能していたからです(ちなみに、学祭で展示会をやったりもします)。

学内において、池田氏のことを学ぶことがあったとしても、対談集などを題材にして、「ここでの池田先生の発言は何を意図しているんだろう?」「これはどういう意味なんだろう?」と、色眼鏡を通さずに皆で語ります。「池田先生のおっしゃることだから正しいに決まってるじゃない!」などと言う人はいません。仮に、そんな婦人部みたいなことを言う人がいたとしたら、「学ぶ気がないのか?」と言われていたと思います。

研鑽するテーマも様々です。別に池田氏の指導に限らず、御書もやりますし、時には創価と全然関係のないことも議論します。私は、「人権の歴史」というテーマでプレゼンしたこともあります(汗)。マスコミ志望の部員さんが近年のテレビCMの傾向のことを熱弁したり、モンゴルの歴史・文化の研究をしている人がモンゴルの紹介をしたりと、まさに"学"会でしたね。一切、信心の話をせずにその日の会合が終わることもありました。

しかも、「俺の言うことに従え」というような威張った幹部もいません。ラインでも同じことが言えますが、学生部の幹部は、どれだけ年齢が上の人であっても、せいぜい20代半ば~後半ぐらい(そこまでいけば学生部を卒業して男子部へと上がります)。そのため、自然と近しい年齢の人達が集まることになり、自由に意見を言い合える空気がありました。実際、何か批判的な発言をしたとしても、その人の意見をさえぎったり、頭ごなしにそれを否定する人もいません。根本の部分では、日蓮仏法の思想、創価学会の思想、池田氏の思想があるとしても、部員それぞれの考え方の多様性を認めようとする土壌があったように思います。

 

ところが、学生部を卒業して、男子部にあがると、「うぉー!!勝つぞー!!」という体育会系のノリだけが残ります。それがダメだと言ってるわけじゃないんですよ?ただ、学内のように少し立ち止まってゆっくり考えるという機会がなく、そんなことをしようものなら、「我見はよくないよ!」「とにかく実践してみよう!」と指導され、止まっていた足を再び進めるように檄を飛ばされます。

そして、口をそろえて「池田先生!池田先生!」とそればっかり。もうええっちゅうねん(笑)

 

思うんですが、創価学会の中に、「学内」のような組織があったならば、つまり、いったん立ち止まって考えることが許される環境があったならば、退会者や活動から引いちゃう人はもう少し減らせたんじゃないか?と思えます。簡単に言えば、「一時避難場所」みたいな。それすらも許さない不寛容な組織となってしまったがために、不満が爆発しているというのが今の創価学会の現状ではないでしょうか。

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« りんごの話 | トップ | 過度に物事を単純化する活動... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あーーこれスゴイ同意。欲しいww (プー)
2018-02-22 20:17:03
社会人にもこんな集まり欲しいですね。
自分は介護職なのですが、この職についた時は周りに同業が四者全体見渡してもおらず、不規則勤務で会合とかS班着任に出れない状況を理解してもらえずお前はま〜た仕事かよ、いっつもだな!と言われ傷付いてました。
学会活動に合わせて仕事するんだ、だなんて言い放つ連中に辟易していた思い出があります……。
Re:あーーこれスゴイ同意。欲しいww (たれぱん)
2018-02-24 12:30:08
プーさん

コメントありがとうございます!

置かれている環境は様々なのに、それを無視して一方的に非難されたら傷付きますね。。
また、学会活動に合わせて仕事を選ぶとか、本来逆ですよね。
そんなに学会活動を生活のメインにしたいのであれば、創価学会に就職しろよって話ですし。
こちとら、生きていくためには仕事でお金を稼がないといけないし、
自分の夢とか、やりたい仕事だってあります。
創価学会からお給料を貰ってる学会職員とは違うんです。

そのくせ、仕事で実証を示せというので、ますます訳が分からなくなります。
創価班では特にそういう無茶苦茶な場面にぶち当たりましたね。

また、記事の内容にご賛同いただきありがとうございます。
人生の苦難に直面する数でいえば、学生よりも社会人の方がはるかに多いと思います。
だとすれば、むしろ社会人の方が、仕事のこと、社会との向き合い方のこと、今後の人生のこと、
そういったものを一度立ち止まって考えたり、自由に議論する場が必要だと思うんですよね。

プーさんがご経験されたお話を例にとるならば、
現在の介護業界のことや、介護というお仕事のことを周囲の学会員との間で話し合うなど。
そうやって学会員同士の相互理解を深めていくことすらしないので、
相手に対する無理解、無慈悲な考え方が蔓延し、
創価学会に嫌気がさしていくという構図になってるのでは?と思います。

長々とすみません。
非活となった現在、そんなことを感じています。
たれぱんさん初めまして (ピーちゃん)
2018-02-24 22:07:29
非活のアラフォー主婦です。たれぱんさんのブログ、先月から楽しく読ませてもらっています。
仕事より活動っていう考え、おかしいですよね。
御書に「宮仕えを法華経と思し召せ」とありますし、社会で実証を示すことも大事な使命だと思います。使命の舞台は一人一人違いますから、活動の仕方も人それぞれのはずです。
幹部の勝手な持論を押し付けて、純粋に信心を求めている人を困らせるのはやめてほしいです。
初めまして (たれぱん)
2018-02-25 11:03:31
ピーちゃんさん

当ブログをご愛顧頂き誠にありがとうございます。

「仕事より活動」。
これ、本当によく分からなかったです(^_^;)

私は、どうしてもやりたい仕事があり、そこに向けて勉強したり、資格を取得したりしてきたのですが、
いざその業界に転職が決まり、引っ越しをすることになった段階で、

「それ、今の◯◯くんに必要なこと?」

と言われたときは、さすがに脱力しました。
「応援する」と言っていたのは一体何だったのだろうと。
結局、その人の夢とか仕事なんてどうでもよく、組織に縛り付けておきたいだけじゃないか。
…そう感じましたね。

ピーちゃんさんのおっしゃる通り、
使命の舞台は一人一人違うのだから、活動の仕方も人それぞれだと、私も強くそう思います。
ちゃんと理解されている幹部もいるとは思いますが、
全く理解のない幹部のせいで、学会員さんが苦しむことは、
あってはならないことだと思います。
Unknown (ミカツ)
2018-03-06 08:49:38
管理人さま はじめまして。

30代の私も未活です。
ただ大学時代、学内はちょくちょく出ていました。
地元組織は出ずとも、学内は出ていた私のようなパターンは多かったです。

バリ活もユル活も個性が強く、面白く良い人が多く、本当に仲が良かったんです。
入会してない人で部員になってる人がいて、
中立的な意見はとても学ばされました。

学会全体が学内のようだったら…と、私も同じ率直な思いです。

地域や組織によりいろいろ問題は様々ですが、
一番何とかしなければいけないのは、‘先生の今の体調’を明らかにする事だと考えます。
本幹も、未活になって程なく、ふた月に一回開催になり、
密かに先生の体調を感じ取った人は多いのではないかと思うのです。
ミカツさんへ (たれぱん)
2018-03-08 19:18:45
はじめまして(#^^#)
コメントありがとうございます。
また、ご返信が遅くなり申し訳ありません。

学内に出ていらしたんですね!
ミカツさんと全く同じで、学会員じゃない人がいたりして、個性豊かな集団でしたよね。
学内のメンバーでぞろぞろと教授のところに押しかけていって、
あれこれ議論したのも今となっては良い思い出です。

その教授からは、
「創価学会というから、人智の及ばない宗教の話でもするのかと思ったが、全然そうではないんだね」
「創価学会には、こういう学生たちがいると初めて知った。
理解を広げるために、こういう対話活動を続けていってはどうか?」
と言われたことを今でも覚えています。

>地域や組織によりいろいろ問題は様々ですが、
>一番何とかしなければいけないのは、‘先生の今の体調’を明らかにする事だと考えます。

私は違う視点から見ているかもしれませんが、
ミカツさんと同意見です。

もう7年も公の場に姿を現していない時点で、
これを不安に思ったり、おかしいと感じている学会員さんも沢山いるはずです。
そういう学会員さんに対する説明として、
「今でもお元気にされています」
と、そればかり繰り返すのはさすがに無理があるんじゃないでしょうかね。

本当にそうだとして、元気にされている姿を少しだけでも会員に見せることが無理である理由が分かりません。
過去の録画・録音ではなくて、”今の”池田氏と呼吸を合わせたいという学会員さんもたくさんいらっしゃるでしょう。
なぜ、そのような会員の意思を無視するんでしょうか。
学会執行部は、どのタイミングでしっかりとした説明をするのか、
これからの流れに注目したいです。
Unknown ()
2018-03-25 17:56:52
管理人さま
はじめまして。
私も今月からアンチブログを立ち上げました空と申します。
過去学内組織の委員長経験者だったので
ついついこちらの記事に反応してしまいました。
確かに学内組織は常に研究をしますね。
やはり俯瞰で創価学会を見つめるのは一般大学組織は非常に有効であった、と思います。
私の夫は元男子部県幹部でした。(私が入会させてしまいました・・・)男子部の活動実態をつぶさに味わい、私は離脱を決めました。
アンチ同士がつるむ、というのではなく
切磋琢磨しながら創価問題に斬り込んでいきたいと考えています。
つきましてはこちらのブログを当ブログにリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
何卒ご検討よろしくお願いいたします。


空さんへ (たれぱん)
2018-03-25 18:19:26
はじめまして。
コメントありがとうございます。

学内組織の委員長をされていたんですね!
そのご経験を踏まえた貴重な体験談を、
貴ブログにてお聞かせ頂けますと幸いです。

>アンチ同士がつるむ、というのではなく
>切磋琢磨しながら創価問題に斬り込んでいきたいと考えています。
>つきましてはこちらのブログを当ブログにリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

わざわざ事前にご確認頂きありがとうございます!
どうぞどうぞー(*^^*)/
Unknown (空)
2018-03-25 23:45:18
たれぱん様

リンクのご了承、ありがとうございました。
私が学内にいたのはバブル期です。
創価もバブリーな時代であり、そして激動の宗門問題の真っ最中でした。当時から創価学会がどのような変節をしてきたかをつぶさに検証していました。
しかし婦女子の活動と、壮男の活動は異質なため
実態をつかみきるまで私はなかなか結論がだせなかったのですが、男子部・そして婦人部の活動から創価学会の異常性と危険性を察知し、とんでもない集団であることをつくづく実感し、見切りをつけることができました。
自分の出来る範疇で、色々書いていきたいと思います。今後とも何卒よろしくお願いします。



こちらこそ宜しくお願い致します。 (たれぱん)
2018-03-26 20:34:25
空さんへ

いえいえ、こちらこそ大変光栄なことです!
ありがとうございます!

私自身、宗創問題で揺れていた時代を全く知らず、
ネット上や文献などを当たるしか情報を入手できないため、
空様のように当時のことをよくご存じの方のお話は大変参考になります。

>しかし婦女子の活動と、壮男の活動は異質なため
>実態をつかみきるまで私はなかなか結論がだせなかったのですが、男子部・そして婦人部の活動から創価学会の異常性と危険性を察知し、
>とんでもない集団であることをつくづく実感し、見切りをつけることができました。

私は、もしダラダラと惰性で男子部の活動を続けていたら…と思うと、本当にゾッとします。
あの異常な環境を早期に脱することができて本当に良かったな…と。
そのような体験談をツラツラと綴っているのですが、
空様が異常性と危険性を察知されたという、男子部と婦人部の活動の実態を是非お聞きしたいです。
今後とも何卒宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

体験談・雑記」カテゴリの最新記事