活動から離れた創価内部アンチのブログ。

元バリ活の内部アンチ(3世会員)による体験記・雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

創価学会による世界拡大について

2018-04-10 19:33:10 | 体験談・雑記

創価学会は、声高に「世界への拡大」を口にしていますが、現在、人々の信仰心の希薄化等に直面し、信者数の減少に頭を悩ませている宗教団体は非常に多いです。

 

まず、日本国内に目を向けると、文化庁の宗教年鑑を参照する限り、全体的な信者数は年々減少しています。新興宗教で言えば、1990年代に約180万人だった天理教は、2017年に約110万人にまで落ち込んでいますし、同期間において約630万人の信者数を誇った立正佼成会は、2017年に約270万人にまで信者数を減らしています。半減どころではありません。

次に世界に目を向けますと、キリスト教の凋落が顕著です。ヨーロッパでは信徒減少に歯止めがかからず、教会閉鎖が相次いでいますし、アメリカでは無宗教者の割合が増加。1990年代に一ケタ台だった無宗教者の割合は、2014年には21%にまで増加し、米国のプロテスタント最大教派である南部バプテスト連盟もまた、教会員や受洗者数の減少に直面していると言います(ただし、アメリカでは、教会に通う人の数は未だに非常に多いそうです)。

もっとも、このような信徒減少傾向は、全ての宗教に当てはまるわけではなく、正当派ユダヤ教は比較的安定していますし、イスラム教は逆に信者数を増やしており、2030年までに欧州全土において5800万人にまで達するとの予想もあります(参照:「大量に売りに出される欧州の教会―信者の減少で」THE WALL STREET JOURNAL)。

 

このような世界的傾向に鑑みて、創価学会に限って全世界で信者数を増やしているわけがないだろう…と言いたいわけではありません。というか、増えているかどうかなんて正確な統計データ等が存在しないので分かりません。

そうではなく、日本国内で信者数の伸びが頭打ちとなり、後続の青年部層にポッカリと穴が空いている組織の現状を見ますと、世界拡大に舵を切った点は、組織マネジメントとして正解だと思えます。無宗教となる人が増えているということは、創価学会にとって、創価学会に改宗させるチャンスが増えたということですから。…まあ、ヨーロッパに限って言えば、主な改宗先となっているのはイスラム教ですけど(「なぜ増える?イスラム教への改宗」浅川芳裕、BLOGOS)。

いや、と言いますか、創価学会はもはやそれしか選択肢がないと思います。先日、開催された世界青年部総会(でしたっけ)についても、海外のSGIメンバーに広布のバトンを託す儀式だったようにも感じます。

 

あと、最後に1点だけ。もし仮に、世界拡大に奏功したとしましょう(私は懐疑的ですが)。すると、いずれどこかの国のSGIが、日本国内の会員数を抜くタイミングが来ると思います。そうなったとき、かつての日蓮正宗と創価学会のような関係になるんじゃないですかね。

つまり、総本山よりも大きな勢力となったとすると、「広宣流布に貢献しているのは、むしろ私たちじゃない?」「なんで弱小勢力である日本の創価学会本部に支配されないといけないんだ?」という思いが芽生え、「日本の創価学会本部から独立しよう」「自分たちで新たな組織を構築しよう」という分裂が起こるんじゃないかと。どうでしょうかね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 退会した人は「裏切者」でも... | トップ | 本部職員に対して抱く羨望と... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
SGIの今後 (EMS)
2018-04-13 06:30:38
こんにちは

SGIは今後、発展するのでしょうか?

日本の高度経済成長期のような国があると、結果として発展するかもしれませんが

あ、海外では選挙がないから、会員が疲弊したり、疑問を持つことも少ないかもしれませんね

SGIメンバーときちんと話をしたことがないから何とも言えませんが、財務、選挙、新聞がないだけでもそれなりに楽しい団体なのかもしれませんね

さて、SGIメンバーは、会ったこともない池田先生を師匠と思うのでしょうか?

師匠の師匠ならば師匠であると、身近な先輩がいる限りは柔軟に解釈するかもしれませんが、日本のように役職登用時の面接において、池田先生との原点はあるか、等と問われるような組織だと疑問を持つでしょうね

勤行の簡略化など、海外戦略は上手くいっているようですし、搾取が緩やかならば発展するのかもしれませんね

だとしたら、日本は海外から学ぶべきでは

でも、既得権益を確保するために日本で搾取が止むことはないでしょうから、日本は緩やかに衰退していくのではないかと
EMSさんへ (たれぱん)
2018-04-14 15:05:26
こんにちは。
コメントありがとうございます。

私は、今後のSGIの発展に対して懐疑的です。
創価学会は、高度経済成長期に出稼ぎのために地方から出てきた人たちを折伏することによって、
大拡大・大発展を果たしたと言われていますが、
EMSさんの仰る通り、かつての日本と同じような状況の国があればともかく、
これだけインターネットが普及した現代社会にあって、
過去の創価学会の歴史を全て隠蔽することは不可能ですし、
メンバーを増やすにしても一定の限界があるだろう…と思っています。

選挙、財務、新聞については、私も詳しくは分からないので発言は控えさせて頂きます。
ただ、日本での成功モデルを海外にも当てはめようとする動きはあるかもしれませんね。
今の規模では到底無理だと思いますが。。

池田氏については、どうなんでしょうねぇ…。
従前からの熱狂的な信者であればともかく、
これからSGIに入会しようという新メンバーについては、
それを押し付けられることによって疑問を感じる人も多いんじゃないかと思います。
日蓮の教えを学ぶ宗教と思っていたら、なぜかイケダセンセイのことばかり…。
たぶん付いていけない人が続出だと思うんですよね。

そのようなことを考えていきますと、各々の国の文化や背景事情に合わせて、
布教のやり方や組織運営のやり方を進めていかないと、
SGIの発展なんておぼつかないと思います。
既得権益などに縛られない自由な組織であれば魅力も多いと思いますけど、
どういう路線で進めていくのかは気になるところではありますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

体験談・雑記」カテゴリの最新記事