活動から離れた創価内部アンチのブログ。

元バリ活の内部アンチ(3世会員)による体験記・雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

役職を断ると…?

2017-05-29 20:30:00 | 体験談・雑記
創価学会では、役職の話があると二つ返事でOKしなければならないという暗黙のルールがあります。
(それ自体、よく分からないんですけどね)

んで、ある日のこと。私のもとに役職の話がやってきました。そりゃ断る気満々ですよ。活動から徐々にフェードアウトしようと思ってた時期ですから(笑)

初めは、「仕事が忙しい」という、ありきたりな理由で断ろうとしたところ、「誰だって仕事が忙しい中でやってる」という返答があり(この理由は無理か…)、「中途半端な気持ちでは出来ない」「自分には荷が重い」「適任だとは思えない」と、とにかく思いつく限りの理由を挙げ、納得させようとしましたが奏功せず、「今すぐに答えを出さなくてもいい。○日に結論を聞くから、それまでに気持ちを整理しておいて」と言われ、その幹部の人は帰っていきました。

気持ちを整理するも何も、自分の中で答えは出ているし、この結論が変わることは絶対ありません。なので、約束の期日まで、何とか上手く断れる理由はないかと、自分の人生史上最高に言い訳を考えた期間でした。


そして約束の期日。

幹部の人が再びやって来て、「どう?受ける気になった?」と満面の笑顔で聞いてきました。私は「小細工なしで断ろう」と考えていたので、真剣な表情で、「考えましたが、やはり受ける気にはなれません。今回のお話は辞退させてください」とお伝えしました。

すると、その幹部は急に怖い表情となり、「本当は、この話はしたくなかったけどな…」と前置きをしたうえで、


「役職の話を断ると、仏罰を受けるよ」


と言ったんです(「脅した」の方が正しいか)。実際、役職の話を断った人が、どんな酷い目に遭ったのかというエピソードまで付け加えて。確か、リストラに遭ったとか、借金を作ったとか、そんな話だったと思います。

いやいやいやww 役職の話を断ると仏罰を受けるってどんな子供騙しだよwww
役職なんて、創価学会内部の組織・人事の問題に過ぎないし、それを断ると仏罰を受ける??本気で言ってんのか??根拠は???言ってることもうむちゃくちゃやぞ??

ほんと勘弁してくれと思いました。「今人材不足でどうしても○○くんにやって欲しい」とか、組織の実情を説明したうえで説得するならまだしも、何の根拠もない脅し文句でねじ伏せようとする姿勢に辟易しました。それを言えば、こちらが怯えて首を縦に振るとでも思ったのか、何と浅はかな。。

ここで折れたら、仏罰を恐れたと勘違いされそうで本当に嫌でしたが、そのうち、「末代まで宿業を背負う」とか言い出しそうで、この話を早く終わらせたくなり、役職を受けることにしました。あぁ…壺とか買っちゃうタイプですよね。知ってます。


このエピソードは、私が活動から離れようと思った決定的出来事の一つです。
いくら人材難だからといって、そこまでするか…。

コメント   この記事についてブログを書く
« 創価班での理不尽な体験 | トップ | とある若い部員さんの話。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

体験談・雑記」カテゴリの最新記事