活動から離れた創価内部アンチのブログ。

元バリ活の内部アンチ(3世会員)による体験記・雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

親が子どもに思想を押し付けることについて

2017-07-18 23:50:51 | 体験談・雑記
私は、3世会員として、その人生を送ってきた。生まれて1〜2ヶ月後(ぐらい?)には、自分の意思にかかわりなく創価学会に入会させられ、未だに、親の呪縛からは解放されていない。

親元を離れ、創価と無縁の生活を送りたいと思っても、親に無理やり統監を移され、否が応でも組織の人は家に訪ねてくるし、勝手に聖教新聞に申し込まれるし、たまに実家に帰省すれば、ちゃんと勤行唱題をしているか、組織との繋がりはあるかと問われる。

まだ結婚していないが、結婚することになれば、結婚相手を折伏しろと圧力をかけられるであろうし、子どもが生まれれば、創価学会への入会なども強要されるだろう。そのうち、創価小学校や創価学園を受験させろと言うかもしれない。


創価の家庭に限らず、どこの家庭でも、親は子どもに自分の思想を押し付けて育てるものである。それは、ただの文化の域を出ないものだったり、その後の人生を左右するようなイデオロギーであったりする。

ただ、宗教思想は別格である。宗教思想は、人格的形成の重大な核心をなすものであり、憲法によって保障されている思想及び良心の自由における「思想」とは、この宗教的思想を言うと定義する学説もあるぐらいである。単なる世界観や内心の自由一般とは格が違う。

事実、創価の思想を押し付けられて育ち、創価の思想に疑問を抱いて、そのマインドコントロールを解いた人の中には、とてつもない自己喪失感に苛まれ、アイデンティティを再構築する方法も分からず、途方に暮れている人もいる。私もかつてはそうだった。自分が今まで正しいと思っていた宗教思想は、自分の存在そのものだからだ。

だから、私は、親は自分の子どもに宗教的思想を押し付けることだけは絶対にしてはいけないと思っている。


このようなことを言うと、創価の人間は、「とはいえ、子どもは善悪を弁識する能力がなく、親がきちんと教育しなければならない」などと、これまた分かったような事を言ってくる。そんなの当たり前である。それを分かった上で、宗教思想を押し付けるな、という理屈が何故か通じない。

この話をするとき、分かりやすい例として、「アーミッシュ」というキリスト教系の宗教団体がある。

アーミッシュ(及びメノナイト)は、原則として現代文明との関わりを断ち、近代以前の生活様式のもと、農耕や牧畜などによって自給自足の生活を送っている宗教民族である。アーミッシュ内でのコミュニティを重視し、聖書以外の読書や快楽が禁止されるなど、非常に厳しい戒律のもとで生活を送っている。もし戒律に反し、改善されない場合、アーミッシュを追放され、家族からも絶縁される。

むろん、アーミッシュの家庭に生まれ育った子どもは、アーミッシュの戒律のもとで教育を受け、そのような思想の影響を受ける。ここまでは創価と同じである。

しかし、創価と異なるのは、アーミッシュでは、16歳になると、一旦親元を離れ、現代文明との交わりを許可される(これを『ルームスプリンガ』とか『ラムスプリンガ』という)。この間、アーミッシュの規律から完全に解放され、酒やタバコなどの娯楽に興じても良いとされる。
更に、それだけでなく、18歳の成人を迎えると、1年間、アーミッシュのコミュニティから離れることができ、その後、アーミッシュのコミュニティに戻るか、それとも、アーミッシュと絶縁して俗世で暮らすかを選択する事ができる。

つまり、アーミッシュでは、自分たちの思想を押し付けて終わりではなく、是非弁別の判断ができる年齢に成長するに伴って、段階的に「外の世界」との交わりを認め、「外の世界」を体験させた上で(判断材料を与えた上で)、最終的に、アーミッシュの思想に従うか、それとも、アーミッシュの思想を捨てるかを選択させている。私は、このやり方は非常にフェアだと思う。


確かに、子どもは、物事の是非弁別を判断することができない。だから、親が一定の思想を押し付けることはある程度やむを得ないと思っている。
しかし、押し付けた思想を、子どもが受け入れてくれるだろうと勝手に決めつけ、その後も引き続き思想を押し付けるのは、単なるエゴというか、もはや思想の暴力である。アーミッシュのように、成人した際、「創価学会員として生きていくか、それとも、創価学会を退会するか、どちらか選べ」と、子どもの判断を仰ぐのが本来のやり方ではないか?
(なお、アーミッシュでは、ほとんどの成人が、アーミッシュとして生きていくことを選択するらしい)

そのような考え方が受け入れられない限り、私は、「創価学会には人権がない」と言い続けるし、人権を重んじるとかぬかしている創価連中を心の底から軽蔑する。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 百家争鳴の創価学会 | トップ | 学会活動を「訓練」と呼ぶこ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (miu)
2017-07-23 10:16:40
創価に人権は無いです。

親の考えで子供を学会員にするのはおかしいです。
本人の考えで入会するべきです。

宗教はビジネスです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

体験談・雑記」カテゴリの最新記事