活動から離れた創価内部アンチのブログ。

元バリ活の内部アンチ(3世会員)による体験記・雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「友好週間」は「友好」ではない件

2018-04-27 19:00:00 | 体験談・雑記

今週末からGWに突入しますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

GWといえば、創価学会では「友好週間」だと思いますが、わざわざ創価学会が指定しなくても、世間一般的に、普段会えない友人や遠方に住んでいる友人と会えるのは、GWとか、お盆とか、年末年始などの長期休暇に決まっています。長期休暇以外にも、「出張でたまたま近くまで来たから、久しぶりに飲もう」といった誘いはあると思いますが。

また、社会人になって、家庭を持つようになると、長期休暇を家族とゆっくり過ごす時間に充てる人が多くなってくると思います。間違っても、長年連絡をとっていなかった顔もほとんど覚えていない学生時代の同級生と会おうと思う人なんてほぼ居ません。今更会って何の話をすればいいか分からないし、創価学会の話でもされた日には、「そうかそうか。今後、公明党のお願いとか色々頼むと思うけど宜しくってことか。ふざけんな。貴重な休みの時間を返せ」って感じでしょう。

 

私は、学会活動ありきの友好なんて友好ではないと思っています。

どれだけ友好を深めたと本人が思っていても、傍から見ていれば、新規顧客を開拓しようと営業をかけているようにしか見えないし、実際そうとしか思われていません。その場ではどれだけ親睦を深めることができたとしても、後日、選挙や新聞をお願いしたときにどんな反応をするか想像に容易いはずです。

実際のビジネスにおいて、本当に信頼のできる営業さんであれば、仕事の枠を超えて仲良くしようと思えますけど、そんな人はほんの一握りで、大半はビジネスライクの付き合いです。学会員もその域を出ていません。

しかも、創価学会は、学会員の友人関係なんて心底どうでもいいと思っています。営業活動をやらせて、どれだけ罵倒されようが、無視されようが、嫌われようが、「宿業を一つ消すことができたね」「聞法下種であっても功徳は同じだよ」などと都合の良いことを言って、学会員の人間関係を犠牲にさせています。そういえば、「信心の強さは、友人から縁を切られた数に比例する」とか、馬鹿なことを言っていた幹部もいましたね。一般の人が聞いたらドン引きですよ。

こういう様子を見ていて、腹立たしさしかないと言いますか、「友好週間」などという、いかにも「民衆の連帯を広げています」的な見せかけの標語なんてさっさと捨てて、率直に「外回り営業週間」と表現した方が分かりやすい。「友好を深めてこい」ではなく、「お前ら、創価学会の営業マンなんだから、お得意さんになってくれそうな潜在顧客に当たってこい」と言った方がむしろ親切です。本人にそのつもりがなかったとしても実際そうなんだから。

 

もし、学会活動を抜きにした本当に純粋な意味での友好と言うなら、創価学会に「友好週間」などと指定される筋合いはないし、「友好を深めてこい」などと命令される筋合いもないし、学会員の個人的な人間関係に口出しをする創価学会とは一体何様なのだろうと思う。お金も時間も友人関係もむしり取らなければ気が済まないのだろうか。この組織は。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« あなたは、なぜ不幸なんですか? | トップ | マスコミの過熱報道と創価学... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰してます! (わらびー)
2018-05-03 21:56:51
精力的なブログ更新おつかれさまです。
しみじみ尊敬です。

私も隠れ非活の今は全くそのとおりだと思いますね。
友人と会う時は常に学会活動ありきでした。
「いつ話を切り出そう」「これだけは言わなきゃ今日会いにきた意味がない。負けだ」
そんなことばっかり考えて、人と会うのを心から楽しめなかった。会う前もいくら題目あげても不安だったし。友人達もお愛想で付き合ってくれてたんだと今はわかる。

三世で生まれてこれまでずっと努力してきた結果友達は減りましたね…

組織を見限って自分を取り戻したお陰で、最近本当友達が増えましたけど。

辞めたら退転、負け、地獄とばかり信じ込まないで、多くの悩める内部の方々にこちらのブログを読んでほしいです。
皆家族を犠牲にして、短い人生悔いないでほしい。

ところでさっき興味深い記事がでてましたね。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14663745/

合わせて最近、地区幹部にある冊子が配られてまして。
『「新・人間革命」に学ぶ
広布と勝利と幸福への指針』
と題されたもので
巻頭に「学会員にとって小説『人間革命』『新・人間革命』は、永遠に立ち戻り、学びゆくべき「信心の教科書」なのである。」
と明記されてます。

御書はどこへ!?と愕然としましたが、上記の記事で学会首脳部が外部からの組織コンサルを受けたとあったので、その影響かと合点がいきました。
わらびーさんへ (たれぱん)
2018-05-04 23:22:31
ご無沙汰しております!
いつも当ブログをご愛顧頂き、ありがとうございます。

私も活動家時代はわらびーさんと同じ心境でした。
仏法対話を切り出せなかったときは「負け」。
「友人と会ってきましたが、話を切り出せませんでした」と報告するしかありませんが、
幹部連中は、それを「一念が弱い」「生命力が足りない」とバッサリ。
その友人のことを祈り切れていないからだ。
もっと死ぬ気で祈れ。池田先生の戦いに学べ、と。

だから、友人と会うときは、いつも「自分との戦い」でした。
友人と会うのが怖かったですし、
全然楽しめないですし、
そんな交友関係をずっと続けていると、
どんどん自分では無くなっていくような気がして、
「こんな自分になることが人間革命なのか?」という疑念ばかりが膨らんでいきました。

そのときは、下種仏法なのだから対話をすること自体に意味があると自分に言い聞かせていましたが、
植えた種が発芽することは無いと言い切れますね。
植え付けたのは妙法の種ではなく、ただの不信感だったと思います。

>辞めたら退転、負け、地獄とばかり信じ込まないで、多くの悩める内部の方々にこちらのブログを読んでほしいです。
>皆家族を犠牲にして、短い人生悔いないでほしい。

大変痛み入ります…。
本当におっしゃる通りです。
学会宣言が出来なくとも、
仏法対話が出来なくとも、
選挙のお願いが出来なくとも、
そんなのは負けでもなんでもありません。
ご友人を大事にしてほしいと思います。
また、脱会するかしないかは会員の自由です。
退転したら無間地獄に落ちるなどと脅すのが異常なんです(建前として信教の自由があると言いつつ)。
その異常性に気づいて欲しいと願います。


記事のご紹介ありがとうございます!
これは興味深い記事ですね…(^_^;)
外資系の経営コンサルに法人改革を委託していたとは…。
海外路線に舵を切ったのも、「日蓮世界宗」の商標登録も、
アクセンチュアの主導によるものでしょうか。
ただ、組織改革をやるんだったら、
個人的には、もっと早い段階でやっておくべきだったと思いますね。
時既に遅しといいますか、焼石に水といいますか…。


>巻頭に「学会員にとって小説『人間革命』『新・人間革命』は、永遠に立ち戻り、学びゆくべき「信心の教科書」なのである。」

情報のご提供ありがとうございます!
人間革命が信心の教科書?!
いやぁ、一度も聞いたことがなかったので驚きです。
後世に創作された小説(しかもゴーストライティング)が教科書なんですか。
歴史に学べと言うなら、ひた隠しにしているそれ以外の歴史の事実も開示すべきでしょう。
創価学会はどんどん変わっていきますね。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

体験談・雑記」カテゴリの最新記事