活動から離れた創価内部アンチのブログ。

元バリ活の内部アンチ(3世会員)による体験記・雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学内のような組織が必要なのに。

2018-02-22 19:00:00 | 体験談・雑記

皆さんは「学内」という組織をご存知でしょうか?学生部特有の組織ですので、「そんなの知らない」という学会員さんもいらっしゃるかもしれません。

これは、地元組織とは別に、各大学単位での組織を言います。例えば、早稲田大学だったら早稲田大学の学内組織、大阪大学だったら大阪大学の学内組織というように、各大学の学生部が中心となって構成されているグループです。大学によっては、この学内組織が大規模な学校もあり、関西だったら近畿大学や関西大学の学内はかなり活発だったと記憶しています(現在はどうなっているか知りません)。

ちなみに、地元組織のことを「ライン」と呼び、学内と区別していたのですが、ラインから引っ張られたわけではなく、学内から学生部の活動を始めた人もいました。ある程度学生の多い大学でしたら、地元組織よりも学内組織の方が規模が大きい場合も全然あると思います。

 

私が、学生部時代、特に疑問を感じることなく、バリバリに活動できていた理由として、この学内の存在が非常に大きかったです。

何故かというと、ラインと学内は、

  • ライン=うぉー!!勝つぞー!!池田先生・奥様!見ていてください!!!
  • 学内=核廃絶に向けて我々学生はどうすべきなんだろう?考えてみよう。

というような棲み分けであり、学内組織は、ただ突っ走るだけではなく、一旦立ち止まったり、時には自分の疑問・意見を率直にぶつける場として機能していたからです(ちなみに、学祭で展示会をやったりもします)。

学内において、池田氏のことを学ぶことがあったとしても、対談集などを題材にして、「ここでの池田先生の発言は何を意図しているんだろう?」「これはどういう意味なんだろう?」と、色眼鏡を通さずに皆で語ります。「池田先生のおっしゃることだから正しいに決まってるじゃない!」などと言う人はいません。仮に、そんな婦人部みたいなことを言う人がいたとしたら、「学ぶ気がないのか?」と言われていたと思います。

研鑽するテーマも様々です。別に池田氏の指導に限らず、御書もやりますし、時には創価と全然関係のないことも議論します。私は、「人権の歴史」というテーマでプレゼンしたこともあります(汗)。マスコミ志望の部員さんが近年のテレビCMの傾向のことを熱弁したり、モンゴルの歴史・文化の研究をしている人がモンゴルの紹介をしたりと、まさに"学"会でしたね。一切、信心の話をせずにその日の会合が終わることもありました。

しかも、「俺の言うことに従え」というような威張った幹部もいません。ラインでも同じことが言えますが、学生部の幹部は、どれだけ年齢が上の人であっても、せいぜい20代半ば~後半ぐらい(そこまでいけば学生部を卒業して男子部へと上がります)。そのため、自然と近しい年齢の人達が集まることになり、自由に意見を言い合える空気がありました。実際、何か批判的な発言をしたとしても、その人の意見をさえぎったり、頭ごなしにそれを否定する人もいません。根本の部分では、日蓮仏法の思想、創価学会の思想、池田氏の思想があるとしても、部員それぞれの考え方の多様性を認めようとする土壌があったように思います。

 

ところが、学生部を卒業して、男子部にあがると、「うぉー!!勝つぞー!!」という体育会系のノリだけが残ります。それがダメだと言ってるわけじゃないんですよ?ただ、学内のように少し立ち止まってゆっくり考えるという機会がなく、そんなことをしようものなら、「我見はよくないよ!」「とにかく実践してみよう!」と指導され、止まっていた足を再び進めるように檄を飛ばされます。

そして、口をそろえて「池田先生!池田先生!」とそればっかり。もうええっちゅうねん(笑)

 

思うんですが、創価学会の中に、「学内」のような組織があったならば、つまり、いったん立ち止まって考えることが許される環境があったならば、退会者や活動から引いちゃう人はもう少し減らせたんじゃないか?と思えます。簡単に言えば、「一時避難場所」みたいな。それすらも許さない不寛容な組織となってしまったがために、不満が爆発しているというのが今の創価学会の現状ではないでしょうか。

コメント (10)