活動から離れた創価内部アンチのブログ。

元バリ活の内部アンチ(3世会員)による体験記・雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「組織から離れてはいけない」?

2018-02-01 18:30:00 | 体験談・雑記

学会では、「組織から離れてはいけない」と口酸っぱく指導します。うちの親もそればっかり言ってましたね。「ちゃんと組織についていきなさい」と。

創価学会が考えていることは至ってシンプルで、世間に流されないように組織に縛り付けることで、「創価学会が唯一の居場所」「創価の教えだけが唯一正しい」とマインドコントロールすることが狙いかと思います。創価以外のコミュニティによる影響を可能な限り排除することが目的…と言ってもいいかもしれません。よくあるマインドコントロールの手法ですね。

ただ、周囲を見渡していると、どうにもこうにも組織に馴染めなかったり、あるいは組織から無理難題を押し付けられて、体や心を壊している人がたくさんいます。活動に嫌気が差して、信心そのものからも離れてしまう。そんな人が続出している中で、それでもなお組織に縛り付けようとするのは一体何なのだろう…と思います。

親世代だって、そういう人をたくさん見てきたはずです。それならば、いくら創価脳に染まっているとはいえ、「組織についていくことだけが信心ではない」という考え方を持っている人が居てもいいはずなのに、不思議なことに、そういう考えを持っている人に出会ったことは一度もありません。バリ活であればあるほど、組織についていくことが信心の根幹であり、組織から離れ、我見の信心に励むことは悪だと考えています。

 

でも、日々組織の中で行われている活動を見てください。選挙のF取りだとか、財務だとか、新聞啓蒙や池田氏の書籍の購入斡旋だとか、「それ信心なんですか?」とツッコミたくなるようなことばかりしているじゃないですか。信心と無関係の活動を押し付ける組織についていく必要って本当にあるんですかね?

「そんなものは信心ではない!金と政治権力に毒されてしまった組織を捨て、私は純粋に信行学に励んでいくんだ!」という考え方を持っている人がいてもおかしくないですし、それじゃダメなんですかね(そういう方は、とっくに創価学会を退会していると思いますが)。もしくは、「創価学会員である以上、基本的には組織につくけど、納得のいかない活動については組織の指示には従わない」とか。そういった選択の自由がなく、「組織に従う」or「組織から離れる」という極端な2つの選択肢しかないために、後者を選ぶ人が続出していると思うんですけどね。「組織を変える」なんて選択肢はありませんし。

 

もうひとつ。創価学会が、戦後から高度成長期にかけて、経済的・社会的弱者にとって居心地の良いコミュニティを提供してきたことは事実だと思いますが、「経済的に苦しい」「社会的に弱い立場にある」という共通項でコミュニティが形成されていた昔とは異なり、現代は、考え方が多様化し、創価学会員と一口に言っても、それぞれの社会的立場や属している社会的グループも様々であって、創価学会は、共通の社会的立場にある人たちに固定化されたコミュニティを提供するという歴史的使命を既に終えています。

創価学会をそういうコミュニティと捉えてきた世代にとっては、創価学会こそ自らを肯定できる唯一の居場所であり、心の拠り所でもあると思うんです。だからこそ、行き場を見失わないように、次の世代に対しても「組織から離れるな」と強調するのではないかと勝手に想像しているんですが、この感覚は今の世代には分からないですよ。別に、創価学会以外にも拠り所となるコミュニティなんてたくさんあるんですから。

 

この "感覚のズレ" にぶち当たった人が組織から続々と離れていった結果(淘汰された結果)、今の創価学会には、コミュニティとしての創価学会に居心地の良さを感じている世代ばかりが残った…という感じでしょうか。

コメント (4)