なんでもおいしくごちそうさま。

広告/企画 有限会社アンテナのあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

多文化とPR。

2011-03-09 23:44:18 | 
iPhoneのアプリ「google翻訳」に驚いた。
マイクのボタンを押して日本語で話すと
指定した言語に翻訳して文章化する。
さらに言語によってはそれをネイティヴ音声で話してくれる。
これがあれば地球のどこにいても怖くない。
ほとんど袋井にいますが。

多文化共生DVDの制作のサポートをした。
日本でのくらしやルールをいろんな言語で紹介するというものだ。
「あなたの日本語は分かりにくい」。
インタビューしたブラジル人の男性に面と向かって言われた。
もちろん悪気があってのことではなく、
実際分かりにくい言い回しだったのだろうと思う。
軽くヘコんだし、反省もした。
言葉のニュアンスが正確に伝わっていないとなると
それを自覚しなければならない。

日本語はさんざんしゃべった後に結論がモゴモゴ・・・と小声になって
結局「イエス」なのか「ノー」なのかうまく伝わらなかったりする。
その性質を逆手にとって、あえて「イエス」「ノー」をはっきりさせない
という手法も戦略的に用いられているぐらいだ。

当然のことだけれど、簡潔で分かりやすい言葉は伝わりやすい。
その簡潔で分かりやすい言葉というのは
そのままPRにもそっくりそのまま当てはまる。
それぞれの企業、店舗にはハッキリと宣言しなければならないことが
たくさんあり、それがブランドイメージを作り出していくことになる。
「ハッキリしない」のでは商いは成り立たない。
日本語の弱点である「ハッキリしない」を克服するということは
すなわち「上手なPRを行う」ことにつながっていくことになる。



FUN×FUN×FUN AD/PLANNING!
有限会社アンテナ


有限会社 アンテナ
〒437-0053
袋井市延久422-6
TEL:0538-31-4022
FAX:0538-43-1714
コメント