アンテナ1番ドットコムのブログです(#^.^#)

広島でアンテナ工事専門で日々格闘?しています(#^.^#)

電波測定及びお見積りも無料にて行っています。^^

今日午後の部2番は、広島県呉市へ地デジアンテナ改修工事にお伺いしました~(^^♪

2014年03月15日 | アンテナ工事広島県呉市

今日午後の部2番は、広島県呉市へ地デジアンテナ改修工事にお伺いしました。

ホームページからのご依頼です。^^

佐伯区が、完了後そのまま呉市まで移動です。

ナビに誘導されて走っていると・・・・・・・・

ど~んと目の前に潜水艦が、出現です。^^

ナビで走ると結構 遠回りになってしまいました。><(渋滞も酷いです)

やっとお客様宅 到着です。

ご挨拶を済ませ 現状確認からです。

マストが、途中から腐食で折れてしまっています。

一旦 屋根から降りてお客様に状況説明後 お見積り金額をお伝えしてOKを頂き

工事開始です。^^

アンテナは、従来通りの八木式で施工です。

ローバルスプレーで錆止め処理後有る程度組み上げて屋根に持って上がります。

梯子には、樋が壊れてしまわない様に樋保護のアダプターを取り付けています。

BSアンテナ、屋根馬等はそのまま使用します。

ただステーが、かなり緩んでいる為に張り直しの必要が有り垂直器を取り付けて

張り直しを行ってから アンテナを取り付けマストは短く切断しています。

呉局14NHK総合OKです。

呉局15NHK教育OKです。

呉局18RCCOKです。 他3局とも大変良い状態です。

ステーの張り直しを行ったのでBSアンテナも調整です。

これもOKです。

CSは、アンテナがかなり古いタイプで微妙な値ですが今回 

BSアンテナは交換しません。

後は、既設のこのケーブルです。

経年変化で表面が、割れてシールド線が剥き出しの状態です。><

この線は、新しく張替を行い ステンレスクリップで板金に固定しときます。

雪の多い日に雪解けと共に持って行かれない様にしないといけません。

軒下まで新規の配線を持って行き防水接線で接続後

ブチルゴムテープで更に防水処理を行います。

その上からブラックビニテを巻いて接続完了です。

これで全ての工事が完了しました。

お部屋にてお客様に視聴確認をして頂きました。

 

ご依頼ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

コメント

今日午後の部は、広島市佐伯区で引き続き地デジアンテナ工事でした~(^^♪

2014年03月15日 | アンテナ工事広島市佐伯区

今日午後の部は、広島市佐伯区で引き続き地デジアンテナ工事でした。

午前の部のエアコン取り付け工事が、完了後 今度は地デジアンテナ工事を行いました。

地デジアンテナは、屋根裏設置の予定です。

お引っ越し前に外での測定は、させて頂いています。^^

 

屋根裏にもぐりアンテナをセット^^

広島本局18RCC OKです。

広島本局15NHK教育 OKです。

広島本局14NHK総合 OKです。

他3局とも大変良好です。^^

既設の分配機にアンテナケーブルを接続

お部屋にて再測定

広島本局18RCC OKです。

広島本局15NHK教育 OKです。

広島本局14NHK総合 OKです。

多チャンネルサーチをかけて問題なしですね。^^

お手持ちテレビに接続 受信確認をご主人様にして頂き

工事完了致しました。

 

ご依頼ありがとうございました。m(_ _)m

コメント

今日午前の部は、広島市佐伯区へエアコン取り付け工事にお伺いしました~(^^♪

2014年03月15日 | エアコン工事 広島県 広島市 他

今日午前の部は、広島市佐伯区へエアコン取り付け工事にお伺いしました。

ホームページからのご依頼です。^^

ご新築おめでとうございます。

 

先ずは、以前住んでおられた場所にエアコン撤去にお伺いします。

到着前にお電話させて頂き暖房運転をお願いしました。

突然取り外すとガスとオイルが十分混ざらない為 ガス回収に問題が有るし

室内機側に大量のオイルが残留すると良くないです。

 

到着後 ご挨拶を済ませ撤去しました。

車に積み込みご新居に向かいます。^^

午前中は、エアコン取り付け工事をさせて頂き 午後からアンテナ工事です。^^

先ずは、建築図面を出して頂き 筋交いの位置確認しましたが記号が初めて見る記号で

確認の為エアコンコンセントは天井に有る為 下に有るコンセントボックスを一度取り外します。

奥に見える金具が筋交いの補強金具です。

かただすきの筋交いで右側の穴あけに成りました。

それでも用心の為 下穴をあけてから中を確認後

左側の穴は手前側に筋交いが有ると困るので調べる穴です。

穴あけします。 右側ビニテはどうぶちの垂木の位置です。^^

貫通スリーブを差し込みます。

ここで初めて背板を取り付けます。

アース線を接続 VAケーブルを接続準備完了です。

配管カバーの固定は、何時も通りに下穴をあけてから ステンレスビスにシリコンを塗布後

打ち込みます。(手回しです)

良い感じでシリコンが、はみ出ています。^^

これで防水ばっちりです。

貫通スリーブが、ちゃんと外まで出ていますね。

配管は、旧配管をそのまま使用してコストダウンです。^^

ドレン抜け防止の為 コーテープで巻いて仕上げます。

こうすると夏冬の温度差でドレンホースが縮んで抜けてしまう事を防げます。

配管カバーを仕上げる前に先に配管、ケーブルを接続します。

真空引き後 壁側に寄せて最終的に仕上げる予定です。

真空引きの用意です。 

電動真空ポンプに真空計をセットして真空引きを行います。

その間を利用してコンセントのアース端子にアース線を接続などなど^^

規定時間より長めに(移設エアコンの為)真空引きを行い

真空計の留針処理後 そのまま暫く放置します。

赤い針と黒い針が、ずれてしまうとNGです。

針が、ずれていない事を確認後 バルブを開けてガスを流します。

これ室外機の処理が、完了したのでよっこらしょと持ち上げて壁側に寄せます。

穴周囲は、パテにて潰してカバーを取り付けてウオールカバーの周囲はシリコンで防水です。

室外機は、こんな感じで仕上げました。

室内機の試運転を行い ご主人様に確認して頂きました。

これで午前の部のエアコン工事完了です。

 

引き続き午後の部のアンテナ工事突入です。^^

 

 

 

 

 

コメント