あんてろーぷのフライdeオイカワ

主に川の小物フライフィッシング・ネタと青めだかの飼育ブログです。

琉金の赤ちゃん誕生! パート4

2018-06-07 23:46:46 | きんぎょ

こんばんわ、あんてろーぷです。

琉金の赤ちゃん誕生! パート4

 

今回で4回目の採卵となった大量のタマゴが孵化しました。
3回目では全滅の憂き目をみましたので、今回はその轍を踏まないようにしたいと考えます。
とりあえずは横になって泳ぐまでは放置します。

しかし、画像でも判る通り白濁した無精卵が40%弱あるようです。
受精率が高くならないのは、今年初めての産卵で上手にできていないのか、
そもそも金魚はこの程度なのかが皆目見当がつきません。

ただ、放卵数は確実に増しているので親琉金がもう少し成熟すれば確率が上がるのかもしれません。
来年に期待大です。(^0^♪

ネットでくぐってみると
産卵数は1シーズン累計でおよそ10000粒に対して、孵化率は1000匹前後(10%程度)、
30日後の生存率は500匹(50%ダウン)、60日では200匹(80%ダウン)と低下して行き、
1年後の生存率は20~30匹(97~98%ダウン)という情報がありました。

これはかなり悪い状況とは思いますが、きんぎょにできるのは孵化数の10%ぐらいと考えるのが妥当なようです。
あとは飼育者の腕と経験がものを言うのでしょう。(^▽^;)

まぁ、そんなに増えてしまっても飼育できませんが......
それに、①の稚魚の中には尾びれがなかったり、すでに逆立ち病,転覆病の傾向がでている個体もありますので
可愛そうですが、いずれは間引かなければならない個体もいます。

いずれにせよ、ウチの琉金たちのタマゴの量は少ないですが受精率は悪くなさそうです。
生存率は10%を目標にがんばってみます。

では(^O^)/

『魚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琉金の赤ちゃん① 生後19日目 | トップ | 琉金の赤ちゃん誕生! パート5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

きんぎょ」カテゴリの最新記事