財団法人キープ協会 あんしんの森プロジェクト

東北関東大震災被災者支援 「子どもとそのご家族」避難受け容れプロジェクト

プロジェクトの主旨

東北関東大震災で被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
そして、今なお苦しい思いをされている方々に、一刻も早く希望の光が与えられますように
お祈り申し上げます。
私ども財団法人キープ協会は、山梨県・清里高原にあります。創設者ポール・ラッシュは、
1923年9月 関東大震災の復興の為日本を訪れた事をきっかけに、その人生を戦後の貧困に
苦しんでいた清里の農村復興、青少年の育成に捧げました。
今の私たちには、どんな支援ができるだろうか。検討を重ねた結果、不安な思いで生活を送る
子ども達、また小さい命と共に生きながら生活の再建を図られるご家族の皆様に、まずは安心で
安全な場所と時間を確保していただくために、関係各機関との連携のもと、キープ自然学校にて
一時避難のための受け容れを行います。
現時点では、3月21日(月)より4月7日(木)までの、約半月を予定しています。

募金のご協力ありがとうございました

お蔭様で、3月25日15:00現在 \3,423,829 の温かいお心差しをいただきまして、
「あんしんの森プロジェクト」に必要としていた募金の目標金額を達成することができました。
皆様のご協力に、心から感謝申し上げると共に、福島県よりいらしているそれぞれの
ご家族の、次の第一歩の為に大切に使わせていただきます。

3日と経たぬ短期間での力の集まりに、キープ協会スタッフ一同心より感謝申し上げるとともに、
気を引き締めて今後の更なる活動を誓わせていただきます。

なお、募金や支援物資の受付についてのお問合せを多くいただいております。
初期支援を目的とした今回の「あんしんの森プロジェクト」につきましては皆様のお陰をもちまして
必要充分な量の資金と支援物資が確保できたため、受付を締め切らせていただいたものです。
今後の新たな支援プロジェクトにつきましては、財団法人キープ協会として準備を進めている
ところでございます。
決定し次第、改めて皆様にご支援のお願いをさせていただければと思います。
引き続きご支援・ご協力のほど、何とぞよろしくお願いいたします。


【「あんしんの森プロジェクト」事務局ご連絡先】
財団法人キープ協会 キープ自然学校
TEL: 0551-20-7701 FAX: 0551-48-2143 E-mail: gakko@keep.or.jp

支援物資について

皆様からのご支援により、物資については充分な量を確保することができました。
たくさんの方に暖かなご支援を頂き、心より感謝しております。
生活用品のほかにも、子どもたちのための玩具や文具などの贈り物もたくさん頂きました。

支援物資の受付はこれで終了させていただきます。本当に、ありがとうございました。

【4月2日追記】
ご家族の皆さまから、「私たちには充分な量をいただいたので、使いきれない分は避難所で
生活している方々に届けたい」とのご意向があり、3/27と4/2に現地にお届けしました。
頂いた物資は、必要としている方の手から手へ、大切に使われてゆきます。

元気なべプロジェクトご報告② 福島のみなさまからもらった「元気」

2011年04月16日 07時00分00秒 | 日記
 

郡山ビッグパレットでの炊き出し「元気なべプロジェクト」を終えて、山梨に帰ってきました。

始める前は、炊き出しを行うのが初めてだったこともあり、
出発する私達にも本当にいろいろな心配ごとがありました。

「毎日朝夕、合計4000食の炊き出しが本当に出来るのか。」
「どういったメニューが喜ばれるのか。」
「原発は大丈夫??」
「近くの協力してくれるレストランで寝れるようだけど、どんなとこ?」

・・・・・

などなど大きな心配から小さな心配までいろいろ乗せつつ出発しました。


そんな私達でしたが、福島では一つずつ、びっくりするほど、良い巡り会わせに
助けて頂きました。

ビッグパレットでは私達の到着を待っていたかのように、「まかないくん」3台が
待っていてくれたり。
また、ベースにする自然食レストランは本当に素晴らしい場所で
温かい大きなお母さんの周りに、日々たくさんの人が自然に集まってくる様な場所であったり。

ちなみに、「まかないくん」と言うのは大型の炊き出し鍋の事で、
100ℓの鍋でいっぺんに300人分のスープを作ることができます。すごい!!


自然食レストランでは、たくさんのボランティアの方以外にも、NPOの方であったり、
私立の学校の副校長、教会の牧師、市議会議員の方など、本当に様々な方が出入りされて
いました。またここは支援物資の集約場所にもなっていて、日々新しい物資が届き、
またそれを届けに行く人が訪れていました。

私達はビッグパレットに避難している人たちに「元気」を届ける役目でしたが、
被災している福島の人たち自身やボランティアの人たちが本当に
一生懸命頑張っている姿を見て、逆に何度も「元気」をもらいました。

毎回の炊き出しにも、現地の人が入れ替わり立ち代わり手伝ってくれて、
そんな中にはビッグパレットに避難をしている人もいました。
大熊町で豆腐屋を営んでいたSさんは、朝私達が4:30に現場に着くと、もう起きていて
「豆腐屋だもん。早起きは得意だよ。」と言っていろいろと口を出しながら付かず離れず
見守るように手伝ってくれました。
ご自身が朝の仕事だったこともあるのでしょうか、私には仕事がしたくてしょうがないように
見えました。


15日(金)の夕食を出し終えて片づけをしている時に何人もの人がわざわざ顔を見せてくれて、
「4日間ありがとね~」
「ここの人は幸せだよ~。こんなおいしい料理食べれるんだから~」
「今度は山梨に行くからな~」
などとたくさんのお礼を言ってくださいました。


あたたかい福島の方々のそんな声を聞いて、
これからも気持ちを寄り添わせることを忘れずに、
「共にがんばっぺ!」と、思いを新たにした私達です。


今回の炊き出しは食材の提供やトラックの提供など、本当に大きな大きなご縁で成り立っています。
ご協力いただいた皆様、本当にどうもありがとうございました。








全てのご家族が清里から出発されました。

2011年04月15日 19時31分43秒 | 日記
あんしんの森プロジェクトも、今日で26日目です。

皆様に支えられ、たくさんの出会いの中で実現することのできたこのプロジェクトですが
本日、お子様の体調不良で最後まで清里に残られていたご家族が、福島県へ向かわれました。
そのご家族のふるさとは、原発の影響により町ごと新たな土地へ移転しています。
通われていた幼稚園なども、そのまま新しい土地に移って再開されるとのことで、
お友達や知り合いのいる、その場所での生活を選択されました。

元気っ子の中でも、一番元気だった2人の兄弟。
新しい場所でも、元気いっぱいに過ごせるよう願っています。

これで、あんしんの森に集われたご家族は、全て新しいスタートラインに立つことができました。
皆様からのご支援、ご協力により、みなさんが前向きに清里を旅立つことができました。
心より感謝いたします。
また、ここで過ごしたご家族同士、強い絆も生まれています。
今朝のお見送りには、先日山梨県内に移られたご家族が、早朝にも関わらずお見送りに来てくださいました。
また、郡山ビッグパレットでの「元気なべ」にも、清里で、そして現地で、力を貸してくださいました。
皆様からいただいたお気持ちが、確実に福島の方々へと廻っているのを感じます。


あんしんの森プロジェクトも、元気なべプロジェクトも、今日で一つの区切りとなります。
お蔭様で、清里にも、福島にもたくさんの笑顔がこぼれました。
それぞれのスタートラインに立ったみなさんとは、これからもつながっていきますし、
必要とされる支援は、形を変えて継続していくことになります。
また、活動を通して新しい出会いもたくさんありました。
毎日、本当にいろいろなことが大きく動いていますし、新たな動きも生まれています。

皆様から頂いたお気持ち、そして出会いを大切に、
これからも福島県の方々と共に歩んで行きたいと思います。


「がんばっぺ!福島県と共に生きよう!」


「元気なべ」! at 郡山 ビッグパレット

2011年04月14日 23時26分13秒 | 日記
「元気なべ」のご報告


震災から一ヶ月が経った11日も、福島県を震源に大きな地震がありました。
今回の地震で亡くなられた方々、怪我をされた方々、避難所で不安を抱えながら
暮らす方々に、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く、心安らげる日が来ることを祈らずにはいられません。


今週、キープ協会では福島県郡山市の避難所「ビッグパレットふくしま」にて炊き出しを行いました。



今回のあんしんの森プロジェクトは本当に多くの方々とのご縁で実現しているのですが、
その中のお一人、富岡町災害対策本部の方とのお話をきっかけとして、この「元気なべ」は
始まりました。

避難所では、多くの方が避難生活一ヶ月目を迎えます。
2000人の避難者の方の配給食はどうしてもパンやおにぎりなどににかたよってしまいます。
そんな中、今「温かいみそ汁の様な食事」が求められている事が分かりました。


私たちは、日々お客様にお食事をお出ししています。
料理を作るのが大好きなスタッフがいて、地元の美味しい食材を届けてくださる生産者の
皆さんとのつながりがあります。

また、あんしんの森で山梨の皆さまに頂いた物資・お金・気持ちがあります。
それを活かせる福島のみなさまとの縁も出来ました。


私たちにできること、を考えた結果が、今回の炊き出し「元気なべ」でした。
11日~15日のうち、他団体による炊き出しが計画されてる12日を除いた計4日間、
ビッグパレットふくしまにて炊き出しを行うという計画です。
「野菜たっぷりの、温かいものを食べていただきたい」ということで、初日のメニューは
具だくさんけんちんうどんと、ビタミン豊富なイチゴにしました。
うどんには、ごぼうやネギなどの野菜と、大きめの豆腐などがたっぷり入っています。

「こういう温かくて、しっかりと野菜をちゃんと食べたのは久しぶり」と、
本当にたくさんの人に喜んでいただけました。



実はもう3日ほど炊き出しを行っていて、明日はあっという間の最終日です。
私たちに出来る事は限られていますが、明日一日「ありがとう」と言ってくれる一人一人の方に
しっかりと最後まで食事を届けたいと思います。

1つのご家族が清里を出発されました

2011年04月13日 17時57分10秒 | 日記
久しぶりの更新です。

ここ数日の清里は、暖かい日が続いています。
時おり強い風も吹いて、本当に春らしくなってきました。


本日、2家族のうち1家族が清里を出発されました。
山梨県内で新しい生活を築くことを選択されたご家族です。

もう1家族はふるさとにお帰りになる予定だったのですが、
体調不良で、あと数日キープ自然学校で
過ごして様子をみることになりました。
昨日まで2~4歳児3人だった「元気っ子」も、今日は2人のうちの1人。
室内でパズルやねんど、お絵かきをしたり、森へさんぽに出かけたりも
しますが、一緒に洗濯を干しに行ったり、お花をいけたり、片づけを
したり、とお母さんとも保育スタッフとも、おうちで家事をしているそばで
遊んでいるようにここでも過ごしています。

ご家族皆さんのこれからの道のりを思えば「少しずつ」に見えるかも
知れませんが、本当に大きな変化の中で日々を送っていらっしゃいます。

このスタートラインに立つためには、ご家族の前向きな強いエネルギーが
たくさん必要でした。

そして、これからはもっと必要です。


あんしんの森プロジェクトは少しずつ形が変わってきていますが、
これからも私たちができる支援を続けていきます。

このブログをご覧の皆様も、引き続き被災者の方々を想い、祈り、
できそうなご支援・ご協力を、これからもよろしくお願いいたします。

第18日目のご報告

2011年04月07日 21時28分26秒 | 日記
■ 第18日目 ■

今日は午前中は少し曇っていましたが、午後からは晴れて気持ちの良い日でした。

「元気っ子」の2歳児・4歳児たちは、初日から皆勤賞!
もちろん休息をとりながらですが、自然学校周辺の森はほとんど歩いたことに
なります。
「森 行く」と言って出かけることが日常になりました。
ちょっと思考を変えて、八ヶ岳自然ふれあいセンターへ遊びに行き、
ぬり絵をしたり、動物の絵本を読んだりしました。が、
節分コーナーで豆まきをはじめ、豆を食べだし、クレヨンをひっくり返し・・・
雲行きがあやしくなってきたので退散。

車が好きな男の子たちは、外に出るとショベルカーを見つけ、チェンソーで
仕事をするおじさんに夢中でした。
清泉寮のポールラッシュの銅像があるロータリーを何十周と回りながら、
電車ごっこをしていたら、会議が終わった自然学校の校長先生が、
軽トラックで連れて帰ってくれました。
森のあそびも楽しいけれど、こんな日があってもいいのです。
こんな日があるからいいのです。

夕方近くに、また「森 行く」というので、森へ出かけようとした時、近くに住む
お姉ちゃんが遊んでくれて、一緒に森へ出かけました。
倒木の電車ごっこで、一番前の取り合い、ちゃんばらではけんか・・・
お互いにわんわん泣いていたのに、忘れた頃にFくんが「ごめんね」と言う。
Hくんも「ごめんね」と言う。こんな何でもないやりとりが続いて
「仲間」になっていくのでしょう。

散歩をしながらFくんが言いました。「おれの友達Aくん、帰っちまった・・・」
Hくんも言いました。「おれの友達、帰っちまった・・・」
ここへ来たばかりの頃は名前もわからず(覚えられず)「おまえが、おまえが」
と言っていたのに、こんなに小さくても、先におうちへ帰った子ども達のことを
思い出したり、淋しがったりするのです。
ここで一緒にいた日々。大きくなって記憶には残っていなくても、
目に見えない大切な何かが子ども達に残りますように・・・。


▲お姉ちゃんの手を取り合いっこしながら、森の散歩は続くのです

3月21日の受け容れ前後から今日まで、本当に多くの方のご支援・ご協力を
いただきました。
お蔭様で、8家族34名の皆さんがふるさとに帰ることができました。
皆さんそれぞれの住む場所で、それぞれの生活を始めています。

今日4月7日は、あんしんの森プロジェクトの最終日の予定でした。

しかし、まだ立つべきスタートラインまであともう少しのご家族もいらっしゃいます。

そして、まだ避難所での生活を続けている方々もいらっしゃいます。


私たちがやるべきこと・やれることは、まだまだあります。


今キープ自然学校にいらっしゃる2家族の方々がスタートラインに立てるまで、
もうしばらく自然学校にいていただくことにしました。
そのスタートラインは、ご家族の努力と皆様のご支援のお陰で、本当にあと少しの
ところまで来ています。

また、被災地での直接支援に向けての計画も動き始めています。


また皆様にお伝えすべきことがありましたら、こちらでご報告させていただきます。

私たちが今日まで活動を続けてこられたのは、皆様のご支援・ご協力のお陰です。
心より感謝申し上げます。
そして、私たちの活動をこれからもどうか見守っていてください。