財団法人キープ協会 あんしんの森プロジェクト

東北関東大震災被災者支援 「子どもとそのご家族」避難受け容れプロジェクト

第13日目のご報告

2011年04月02日 20時37分22秒 | 日記
今日も暖かな日差しの清里です。
春の訪れを感じさせる強い風が吹いていました。

■ 第13日目 ■

今朝、6家族25名の方々がいわき市へ戻られました。
バスが迎えに来ると、大人同士で、また、子ども同士で、そして、大人と子どもが
一人ひとりと別れを惜しんでいました。涙を浮かべるお父さん、タオルがびしょぬれのお母さん、
わんわん泣く子ども、そして、頭を深々と下げてくださるおじいちゃん、おばあちゃん。
小さな子どもをもつご家族は、これからの生活を考えると不安でいっぱいだと思います。
それぞれがふるさとに帰るのですが、今日は新たな旅立ちの日です。

ここに来るまでは出会うことのなかった10組の家族。
12日間共に生活をしてきた中で、強い絆が生まれたことを感じました。
ふるさとへ戻った後も、互いに支えあって生活を再建されることと信じています。
清里での安心して過ごした時間の中で、生活再建への足がかりを作っていただき、
愛するふるさとでの生活へむけて、前向きにここから出発するということは、
私たちが当初から願ってきたことです。
涙を流す子どもたちに「大丈夫、心配しなくてもいいよ」と言ってあげられない悔しさを
消すように「また会えるよ。大きくなったら会おうね」と言って握手をしました。

ふるさとに帰る決断。ここに残る決断。お父さん、お母さんの迷いや不安をそばにいて
聞いて、一緒に考えながら、子ども達が書いてくれた看板の「あんしんの森プロジェクト
~福島県と共に生きよう~」という意味を改めてかみ締めました。


▲出発するバス。バスの中からも、ずっと手を振って下さっていました。
また、今回もバスの中には福島県へ向けたたくさんの支援物資が乗っています。
清里で過ごした方々が、いまだ避難所で生活している方々ともつながっていたいという思いで整理した物資の数々。
この活動を支援してくださる方々の優しさがつながりあって、福島県の皆様に届きますように。


子どもたちの「元気っ子」は、今日から2歳~4歳児3名と0歳児1名の計4名。
人数は少なくなっても、「元気っ子」たちは元気いっぱい!
午前も午後も、どろんこになって遊びました。
そして、森や川で思い切り遊んだあとは、室内で粘土遊びをしました。
ひとつひとつの遊びに集中して取り組めるのも、少人数ならではです。
「元気っ子」は、これからも子どもたちのペースに合わせて、森の時間を過ごしていきます。

▲森の小川で大好きな水遊び。


大人の方々の「がんばっ会」では、これからの生活のことが話題に。
これからも前向きな気持ちを持って進んでいくことを確認しあいました。

冬から春へ、芽吹きの準備を進める森の草木のように、ここでの皆さんの
日々は着実に前進していることを感じます。

最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cinnamon)
2011-04-03 10:58:43
おはようございます!

強い絆が生まれてからのお別れは、とても寂しかったことでしょうね。
「これからも繋がっていようね」という気持ちを強く持たれていたとしても、やはりお別れは。。。辛いですよね。
沢山泣いて、また次の一歩を踏み出して頂けたら。。。と思います。


「元気っ子」は、その名の通り元気っ子ですネ~♪
たっぷり遊んで、体力をつけて、たっぷり眠って、清里での生活の中で、少しでも健やかな生活を続けて行けますように。。。


残られたご家族も、不安は尽きないことと思います。
この静かな環境で、落ち着いて考えられる時間が持てますように。。。

今日はまた気温が下がっているので、みなさま体調崩されたりなさいませんように。。。

Re; Unknown (スタッフより)
2011-04-03 22:02:39
cinnamonさんへ

こんばんは。

人と人が寄り添いあうことで、自らを癒したり前向きな気持ちになったりすることが
できるのだと思います。
9家族の皆さんを中心に、このプロジェクトに関わって下さっている方々すべてが
そのつながりの中にいます。

このブログでも可能な限りプロジェクトの様子をご報告していきますので、これからも
よろしくお願いいたします。
Unknown (トックン)
2011-04-03 23:28:21
こんばんは。
この日の午後、野辺山から清里に移動して、「あれ、遊んでいないな、会わないなぁ」と思いつつ、
いつものように牧草地を中心に野鳥ハイクしてました。
フクロウが飛ぶ所を見たりしてました。

一方、大事な日だったんですね。
会っても何て声をかけたら、、

いつか、また、清里で。
Re: Unknown (スタッフより)
2011-04-04 20:05:45
トックンさんへ

こんばんは。

清里にいらしていたんですね。
森のちょっと奥の方で遊んでいたか、室内で粘土遊びだったか、お会いできませんでしたね。
もし森の中でお会いできていたら素敵でした。

「よう!」って元気に声をかけてくださったら子どもたちもうれしいと思います。

フクロウも見られたとは、すごいですね!
写真など撮られるのでしょうか。

コメントを投稿