財団法人キープ協会 あんしんの森プロジェクト

東北関東大震災被災者支援 「子どもとそのご家族」避難受け容れプロジェクト

あんしんの森プロジェクト・元気なべプロジェクト ご報告

2011年06月26日 09時27分31秒 | 日記

                                                                       20116月吉日   

              あんしんの森・元気なべプロジェクト 御礼 及び ご報告

  

 前略

 

 新緑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、

厚くお礼申し上げます。

 

 3月の東北関東大震災に際しまして、キープ協会の「あんしんの森プロジェクト」および

「元気なべプロジェクト」にご理解をいただきまして、皆様より多大なご協力を賜りました

ことを心より感謝申し上げます。

 

 「あんしんの森プロジェクト」にてキープ自然学校に約3週間滞在された10軒のご家族は、

生後6ヶ月の赤ちゃんから70歳を過ぎたおじいちゃんまで43名がいらっしゃいましたが、

不安な思いで生活を送られている方々に安心して滞在していただくことができました。

大人は、毎日「がんばっ会」という時間をもち、これからの生活の再建のことや、清里での

日々の生活について話し合い、共に生活をしてきた中で強い絆が生まれたように思います。

子どもは、「元気っ子」と名づけられた時間で、毎日、思いっきり体を動かして森で遊びました。

 0歳から16歳まで一緒に過ごすことで、仲間としての関係ができていきました。

415日、最後のご家族が次の生活の拠点へ向けて出発され、約1ヶ月が過ぎた今、時々滞在された

ご家族からもお便りがあります。

 

 また「元気なべプロジェクト」は福島県郡山市にある避難所“ビックパレットふくしま”

にて311日から315日までの間、計7回、延べ実数7,000食(予定数14,000食)の炊き出しを

行いました。菓子パンとおにぎり、牛乳、お茶といった配られる主食に、“元気なべ”により

野菜など具沢山の汁物を補足する、という目的で行いました。避難されている方々のニーズに

どこまで寄り添うことができたかはわかりませんが、少しでも、お役に立てたようでしたら幸いです。

 

 ご支援のみなさまのご寄付は、被災をされたご家族のために大切に使わせていただきました

ことをご報告申し上げます。

 

 改めまして2つのプロジェクトについての報告書を作成し、皆様へのご報告とさせていただきます。

今後とも、温かいご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

  

 敬具

                                                     財団法人キープ協会 スタッフ一同

 ◆あんしんの森プロジェクト 報告書(PDF形式 170KB)

 ◆元気なべプロジェクト 報告書(PDF形式 170KB)

 ◆あんしんの森プロジェクト・元気なべプロジェクト 中間収支報告書(PDF形式 90KB)


最新の画像もっと見る

コメントを投稿