財団法人キープ協会 あんしんの森プロジェクト

東北関東大震災被災者支援 「子どもとそのご家族」避難受け容れプロジェクト

第11日目のご報告

2011年03月31日 20時04分23秒 | 日記
■ 第11日目 ■

今日は午前中は暖かでしたが、午後は少し雪の舞う天気でした。

子どもたちはお弁当を持って出かけました。
お昼の時間にもどる必要がないので、森の中で思う存分遊んで過ごしました。
ハンモックで作ったブランコをしたり、川でダムを作ったり。
木の枝を削ってペンダントを作っている子もいました。学校の友達や、仕事で離れているご家族へのお土産にするそうです。
今日のお弁当は、厨房スタッフが森まで届けてくれました。
暖かい焚き火を囲んで食べるお弁当、みんな驚くほどよく食べていました。

▲今日も鹿の群れが!!

子どもたちが森に出かけている間に、大人の皆さんは甲府にある大きな
ショッピングモールにお出かけ。
新生活や新学期を迎えるために必要なものを買出しするためです。
希望される方が多く、バスでのお送りになりました。


そして、今日は子どもたちが楽しみにしていた一大イベントがありました。
震災で、卒園式、卒業式ができなかった子の、卒園・卒業のお祝いです。
実は、子どもたちからこの提案を受けたのは、まだここに来て間もない頃。
小学生を中心に何日も前から準備をしていました。
「この歌を歌いたい!」というリクエストに、スタッフもピアノと歌の猛特訓をして今日を迎えました。
夕食前の時間、大人も子どもも薪ストーブの前に集まり、歌で送り出す卒園式と卒業式。
「おもいでのアルバム」「さよならぼくたちのようちえん」そして「未来へ」
これまで計画・準備をしていた小学5年生と高校生が、内緒で用意してくれた卒業祝いのカードを手渡してくれました。
卒園・卒業を迎えた4人の子どもたちの、照れながらも嬉しそうに胸を張る姿に、
立ち会った大人たちは、涙をみせながら、お祝いをしました。また、子ども達から大きな勇気をもらったような気がします。
彼らの先生達にきかせてあげたい歌声。福島の先生達は卒園・卒業生をどんなに送り出したかったことでしょう。
彼らはしっかりと巣立っていきますよ。それまでの幼稚園や学校での生活が幸せだったことが、
子ども達をみていて充分伝わってきます。

明日から4月。新たな旅立ちの日を迎えるみなさまの前途が、明るいものでありますように。

最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
卒業卒園おめでとう! (cinnamon)
2011-04-01 09:56:29
おはようございます(^-^)

昨日の午後は、雪が舞って、少し寒かったですね。
風邪を引かれる方はいらっしゃいませんでしたか?

昨日も鹿の群れに遭遇出来たのですね!!!
何度であっても嬉しいですよね~。
良かった(^-^)


卒業式、卒園式を行ったのですね。
皆さんで一生懸命に準備なさったこの日を、きっと子供さん方は忘れることはないでしょう。
福島で育まれて、故郷で卒業卒園を迎えられなかったのは残念でしたが、清里での日々が新たな心の糧となって、またここから羽ばたいて行けますように。。。
おめでとうございます\( ^o^ )/

大人の方々も、ずっと見守ってこられたお子さん方のこの日は嬉しかったことでしょう。
甲府までのお買い物で、お疲れになったかもしれませんが、お子さん方の卒業卒園、おめでとうございます(^-^)


Unknown (ユキ)
2011-04-01 10:04:41
心があったまるブログを、いつもどうもありがとうございます。
楽しみに読ませていただいてます。
Re: 卒業卒園おめでとう! (スタッフより)
2011-04-01 22:58:09
cinnamonさんへ

こんばんは。

のどかな鳥のさえずりが聴こえる日もあれば、雪が舞う日もあって寒暖の差が激しいですね。
cinnamonさんも風邪を引かないようにお気をつけ下さい。

今回の卒園式・卒業式もそうですし、皆さんの手で日々の生活が作られていることが本当に
素敵なことだなと思います。
Re: Unknown (スタッフより)
2011-04-01 23:00:27
ユキさんへ

コメントありがとうございます。
楽しみに読んでくださっているとのこと、うれしいです。

このブログには書ききれないくらい日々いろいろなことがあるのですが、少しでも雰囲気を
お伝えできたらと思っています。

コメントを投稿