財団法人キープ協会 あんしんの森プロジェクト

東北関東大震災被災者支援 「子どもとそのご家族」避難受け容れプロジェクト

プロジェクトの主旨

東北関東大震災で被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
そして、今なお苦しい思いをされている方々に、一刻も早く希望の光が与えられますように
お祈り申し上げます。
私ども財団法人キープ協会は、山梨県・清里高原にあります。創設者ポール・ラッシュは、
1923年9月 関東大震災の復興の為日本を訪れた事をきっかけに、その人生を戦後の貧困に
苦しんでいた清里の農村復興、青少年の育成に捧げました。
今の私たちには、どんな支援ができるだろうか。検討を重ねた結果、不安な思いで生活を送る
子ども達、また小さい命と共に生きながら生活の再建を図られるご家族の皆様に、まずは安心で
安全な場所と時間を確保していただくために、関係各機関との連携のもと、キープ自然学校にて
一時避難のための受け容れを行います。
現時点では、3月21日(月)より4月7日(木)までの、約半月を予定しています。

募金のご協力ありがとうございました

お蔭様で、3月25日15:00現在 \3,423,829 の温かいお心差しをいただきまして、
「あんしんの森プロジェクト」に必要としていた募金の目標金額を達成することができました。
皆様のご協力に、心から感謝申し上げると共に、福島県よりいらしているそれぞれの
ご家族の、次の第一歩の為に大切に使わせていただきます。

3日と経たぬ短期間での力の集まりに、キープ協会スタッフ一同心より感謝申し上げるとともに、
気を引き締めて今後の更なる活動を誓わせていただきます。

なお、募金や支援物資の受付についてのお問合せを多くいただいております。
初期支援を目的とした今回の「あんしんの森プロジェクト」につきましては皆様のお陰をもちまして
必要充分な量の資金と支援物資が確保できたため、受付を締め切らせていただいたものです。
今後の新たな支援プロジェクトにつきましては、財団法人キープ協会として準備を進めている
ところでございます。
決定し次第、改めて皆様にご支援のお願いをさせていただければと思います。
引き続きご支援・ご協力のほど、何とぞよろしくお願いいたします。


【「あんしんの森プロジェクト」事務局ご連絡先】
財団法人キープ協会 キープ自然学校
TEL: 0551-20-7701 FAX: 0551-48-2143 E-mail: gakko@keep.or.jp

支援物資について

皆様からのご支援により、物資については充分な量を確保することができました。
たくさんの方に暖かなご支援を頂き、心より感謝しております。
生活用品のほかにも、子どもたちのための玩具や文具などの贈り物もたくさん頂きました。

支援物資の受付はこれで終了させていただきます。本当に、ありがとうございました。

【4月2日追記】
ご家族の皆さまから、「私たちには充分な量をいただいたので、使いきれない分は避難所で
生活している方々に届けたい」とのご意向があり、3/27と4/2に現地にお届けしました。
頂いた物資は、必要としている方の手から手へ、大切に使われてゆきます。

物資のご支援ありがとうございます

2011年03月23日 18時04分37秒 | 支援のお願い
【3月25日追記】
本日時点で、以下記事の物資につきましても充分な量が確保できました。
皆様のご支援、心より感謝申し上げます。


2日目にもご報告させていただきましたとおり、おかげ様で当面必要な物資については
ほぼ充分な量が整いました。

わずか3日間ほどの間に、70名を超える方々から大人・子ども用衣類、タオル類、電池、おむつ、
生理用品、洗剤や歯ブラシなどの衛生用品、子ども用のおもちゃなどをお持ちいただきました。
これらの物資は、ご宿泊のお部屋に置いたり、必要なものをお取りいただくスペースを設けるなどして
大切に使わせていただいています。
皆様のご支援、心より感謝いたします。



▲衣類のお部屋

現時点で支援をお願いしたい物資としては、
 ・卓上に置ける電池式ランタン(計画停電時に必要です)
 ・単一~単三の電池
 ・子ども用のルームシューズ(スリッパでは脱げやすいため)
   17cm 男の子用
   21.5cm 女の子用
となっています。

他に必要なものが出てきましたらこちらのブログでお知らせいたします。
また、今後皆様の生活を支えるためには、医薬品や物資の購入、移動のための交通費に充てる
資金が必要になってきます。
引き続き、ご支援をよろしくお願いいたします。