公開するが後悔はしてない

ただの趣味ブログ

部屋の音響を構築してみた

2018-03-12 21:03:43 | 日記
部屋で小音量や低音質でも心地よく迫力のある音響をつくりゅ!
という事で音探しの旅をしてからいろいろ試した所、

↓液晶画面の後ろに置く↓

パワーアンプ1705x2:液晶画面の後ろに置いて電源ランプが見える位置をベストポジションにする

使い方は、
BOSE 101MMだけをON:ヴォーカル、ロック、メタル、ニュース番組、国会中継

両方ともON:ライブ、コンサートホール、リラクゼーション、クラシック、ジャズ、スポーツ、映画、パソコン

↓机に置く↓

BOSE 101MM :耳より少し上の高さ
(理想は吊るして使いたいが、天井に穴を空けたら自分が吊るされそうなので我慢)

アンプの設定、
Outputlevel:2
101 SERIES:高音域が少し柔らかくて耳が痛くならない
OTHERS:重低音を軽減したい時

↓足元の空気感↓

FOSTEX かんすぴセット 10cm KANSPI-10:立体感・空気感の補完で付属品のAP-05は使わない

SONY PCVA-SS1:響きすぎない低音域の補完(②と低品質のスピーカーケーブルで繋ぐ)

足元用アンプの設定、
Outputlevel:1
101 SERIES:低音域の強化、コンサートホール
OTHERS:ジャズ、スポーツ、映画、ネコ歩き系、高音域のシャープさが物足りない時、立体感や奥行きが広がる

見た目は凸でSONYを横にして台座にしてFOSTEXを上に置いてみた。

つくりゅうえで気にしたのは空気感・立体感・居心地の良さと近所迷惑対策。
メーカーはバラバラだが、特徴を活かせば好きな音響になるという事がわかった。

今回の音響の構築は小学生の頃にスピーカーを部屋の四隅に置いて「360度ミュージック!」と言って遊んでいた時と同じ楽しさがある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 念願のBOSEスピーカー | トップ | パソコンのRealtek HD オーデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事