アンを探して Looking for Anne

「赤毛のアン」の島、プリンスエドワード島でオールロケ!第5回AFFF(シンガポール)で最優秀監督賞、グランプリを受賞!

9月16日の琉球新報の月1コーナー[往復書簡]憧れの村岡恵理さんとの往復書簡掲載です

2014年09月16日 | 「花子とアン」について

みなさま おはようございます。

本日9月16日(火)琉球新報の月1のコーナー往復書簡 言葉のあやとり に「アンを探して」監督宮平と「アンのゆりかご」著者の村岡恵理さんとの往復書簡が掲載されております。

いや~書きたいことが多すぎて、A5サイズには入りきりませんでした。

文中のなか「アンを探して」の完成を支えていただいた「アンスピリッツ」にあふれた方々の似顔絵を描いたのですが、映画の公開までを数えると、もっと沢山の人たちにささえられて「アンを探して」を観客のみなさんに届けることができました。似顔絵を描きながら、苦難のときも思い出し、なんだか泣けてきました。

いよいよ、「花子とアン」もクライマックスを迎えます。

沢山の脚色も加えられた「花子とアン」ですが、きっと沢山の人たちが村岡花子さんの功績に興味をいだくものとおもいます。

沖縄では、10月7日からいよいよ「モンゴメリーと花子の 赤毛のアン展」がスタートします。東京ではラジオのおばさん時代の村岡花子さんの生声もありましたが、聞けるのかしら?

ドラマでは見事にはぶかれてしまった、村岡花子さんの翻訳人生に大きな影響を与えたもう一人の腹心の友の存在や、また「赤毛のアン」の著者でもあるルーシー・モード・モンゴメリの、趣味であるスクラップブック、(こちらは「アンを探して」のなかでも参考にさせていただきました。)私は東京の赤毛のアン展初日に伺いましたが、本当にみのがせない展覧会です。

http://www.anne-ten.com/naiyo.html

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 2014年9/3(水)本日深夜 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「花子とアン」について」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事