あんみつとシナモン

ハイキング・山散歩・観光旅行・
美味しい店・美術鑑賞・等々
おすすめしたい事だけを
載せています。



北九州を旅しよう!工場夜景クルーズ編

2018年03月15日 | 国内旅行


最近は工場夜景クルーズ
人気です。
日本六大工場夜景のひとつ、
北九州の洞海湾沿岸に
広がる化学工場や
プラント群の夜景。

工場夜景大好き人間の私。
しっかり船上から
堪能してきました。





夕暮れに浮かび上がる
巨大なクレーン。

動物型の歩行戦車か?
まるでスターウォーズの世界。





三菱化学の工場煙突。
航空障害灯や無数の
パイプやタンクが
未来都市のように
幻想的に煌めく。





ライトアップされた
若戸大橋をくぐる。



北九州の夜景は
スケールが大きい。
洞海湾沿岸では化学工場や
プラント群、
小倉から戸畑にかけては
広大な製鐵所などの
多種多様な工場夜景
楽しむことができます。

北九州夜景観賞定期クルーズの
電話093-331-0222






コメント

伊豆稲取の「雛のつるし飾り」を見に行こう!

2018年03月11日 | 国内旅行

伊豆の稲取
3月上旬 つるし雛
見に行きました。





稲取では
3月31日まで
雛のつるし飾りまつり
開催しています。





つるし飾りのメイン会場は
文化公園雛の館(300円)と
雛の館「むかい庵」(300円)
があります。

今回は文化公園雛の館
行きました。


伊豆急稲取駅を降りたら
文化公園 雛の館まで
歩いて20分程です。





文化公園雛の館
稲取つるし雛会場
としては
一番大きいようです。





地元の方々が持ち寄った
約100対の雛つるし飾り
だそうです。





つるし飾り
比較的新しくて
きれいな色をしています。





稲取名物キンメダイの
骨を使ったつるし飾り

この骨をお財布に
入れていると幸運や金運に
恵まれるとの縁起物。




初めて稲取
つるし雛を見にきたのは
15年以上前です。

普通のお宅の家の中に
飾ってあるつるし飾り
見学させてもらえました。

そのお宅のおばあちゃまが
お子さんやお孫さんの
成長を願って一針一針
手作りのつるし雛
作っていました。

色が抜け、数十年経っている
年代物のつるし雛もありました。
でも、それらは
とても暖かく
やさしい気持ちにしてくれる
本物のつるし雛でした。

今はしっかり営業として
人寄せの観光になっています。






コメント

北九州を旅しよう!TOTOミュージアム編

2018年02月02日 | 国内旅行


トイレや洗面所で有名なTOTO

TOTOの100周年記念事業の
一環として開設した
TOTOミュージアム
行きました。
無料です。

JR小倉駅からバス15分です。





大地と水滴をイメージした
地上4階建てのTOTOミュージアム
白くて角がなく柔らかい
フォルムが印象的。
トイレの縁みたいです。





建物の1階はショールームです。
二階のミュージアムにあがります。
ドーム型の天井で
近未来的な空間です。





腰掛式サイホンゼット便器
1927年に商品化した
日本で初めての水洗便器。





1980年に発売された
初代ウオシュレット。





1918年に始めた磁食器造り。
1970年に停止。
その間の輸出用洋食器や
国内での食器を展示。





TOTO創始者やグループ創始者、
五代目社長などの功績と
受け継がれていく想いを紹介。





トイレのコマーシャルが
話題になるなんて…。
セリフが面白くて
評判なのは
寺田心くんがかわいすぎるから?
舞台で活躍の横田栄司さんも
かっこいい。





ホテルニューオータニの
客室内の水回り。

東京オリンピックに
間に合うように
短期完成が可能な
ユニットバスを造る。





子供用便座、
大人用便座、
相撲取り用便座。

相撲取り用便座に
座って大きさを体験する。



まいにち必ず使うもの
みんなが必ず使うもの

世界の最先端を行く
日本のトイレ。

勉強になるし
楽しいし、
ミュージアムといっても
堅苦しくないので
おすすめです。






コメント

北九州を旅しよう!産業遺産の東田第一高炉 編

2018年01月29日 | 国内旅行


高炉は鉄鉱石を溶かし
銑鉄を生産する施設です。






北九州市では、
東田第一高炉一帯を
指定文化財(史跡)に指定し、
史跡広場として整備
しています。


この東田第一高炉は、
明治34年(1901年)に
当時の八幡村に建設されて
操業を始め、
10回以上の改修工事を
繰り返しながら
産業を支える鉄を
作り続けてきました。





日本初の銑鋼一貫製鉄発祥の地、
北九州を象徴する
八幡製鐵所高炉です。

昭和47年(1972年)に役割を終えた
第10次改修高炉を、
モニュメントとして
保存しています。





広場内には、
高炉の説明図や
作業説明図の他に
東田第一高炉の歴史が分かる
パネル展示もあります。





高炉の内部を
覗くことができます。





人形による作業風景再現。

高炉で溶かされた銑鉄を
流している鋳床エリア。





その流れた銑鉄を
運搬する貨車トーピードカー。





広場に隣接した
北九州イノベーションギャラリー
近未来建築を
イメージした外観です。

建物内では
産業技術の保存と継承を
目的とし、
技術革新をテーマにした
常設展や企画展を実施しています。



この史跡広場の行き方は
JR鹿児島本線
スペースワールド駅から
徒歩5分です。



北九州の歴史的な価値を
持つ産業遺産を見学し
物見遊山的観光とは
ひと味違う旅をしましょう。








コメント

北九州を旅しよう!旧伊藤伝右衛門邸 編

2018年01月25日 | 国内旅行


JR新飯塚駅から車で10分。
筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門
歌人・柳原白蓮が過ごした
近代和風住宅を見学。





NHK朝ドラの
「花子とアン」にも
出てきた蓮子こと
白蓮伝右衛門
暮らした屋敷。

およそ7,600ヘイホウメートル
(約2,300坪)の敷地に
4棟の居住棟と3棟の
土蔵が建つ。
建物延床面積は
約1,000ヘイホウメートル(約300坪)。





屋敷内の廊下天井。





雛飾りを展示
およそ10畳分の広さ。





明治天皇を
モデルにした雛飾り。





屋敷の周囲は
手入れの行き届いた
回遊式庭園。





二階にある部屋は
白蓮居間
上品な数寄屋風。





白蓮の書。





食堂
西側に食器棚を
設けた洋間。
床は寄木張りで
明治時代後半の
はやり。





応接間
アールヌーヴォー調の
マントルピースを
しつらえている。




この屋敷には
白蓮が希望した
九州初の水洗トイレも
ありました。

白蓮の為に
当時の建築技術の
粋を集め、
贅を尽くしたもので
細部まで見ごたえが
ありました。


この豪華な御殿で
伝右衛門(50歳)は
25歳の
明治天皇のいとこ
白蓮を迎えますが

10年後に白蓮から
絶縁状を出したのです。






コメント

青森県を旅しよう!(奥入瀬・蔦沼・酸ヶ湯)

2017年11月19日 | 国内旅行

青森県といえば
奥入瀬です。
十和田湖畔の子ノ口から
焼山まで、
美しい渓流に沿って
14キロの遊歩道が続き
ます。

約15年前、奥入瀬に来た時は
真夏でしたが
石ケ戸から子ノ口までの
約9キロを歩きました。
その時から、
次回 来るときは
紅葉時期だ!と
心に決めていました。

今回は一部いいところだけ
抜粋して歩きました。

紅葉はズバリ最高でした。
晴天ならもっと良かったけど。

10月下旬
天気は曇り時々雨





阿修羅の流れ
奥入瀬渓流を代表する場所。
テレビや雑誌、ポスターで
紹介されています。





同上





銚子大滝
高さ7メートル、幅20メートル。
奥入瀬渓流本流にかかる
髄一の滝。



次は
蔦沼に向かいます。
  





蔦沼に着いたら
は 雪
かわってきました。

ほぼ吹雪状態なので
まともにをみることが
できませんでした。


さぶ~

蔦沼は青森県の
ほぼ中央にあります。

新青森駅からバスで
約130分の山深い場所にあります。
ブナの原生林が美しいそうです。





蔦沼の駐車場近く。


仕方がないので
ここの
素晴らしいであろう
紅葉写真を
ネットから戴いて
載せます。





《ネットからのいただき写真》
数年前に
JR東日本のポスターに
なったという
紅葉が美しい蔦沼

周囲1キロ
面積は6ヘクタール





《ネットからのいただき写真》
紅葉の時期の早朝。
木道の上ではカメラ愛好家が
鈴なり。



では、寒いので
早々に蔦沼を切り上げて
酸ヶ湯温泉に向かいます。

 


 


二年ぶりの酸ヶ湯温泉です。
2015年7月に来ました。
その時のブログ記事は
ここをクリックしてください。
     
青森の酸ヶ湯温泉に泊まろう!

今回はここには
泊まりません。

でも、東北酸ヶ湯
雪景色は趣があり最高です。





お風呂に入るために
館内へ
中庭はかなりの積雪。





今はまだ10月。
東京人には
考えられない景色ですが
こちらの人は
全然平気の積雪。
車はすでに
スタッドレスタイヤに
してあるそうです。


温泉でぽかぽかになったら
国道102号線で
奥入瀬にある宿泊ホテルまで
戻ります。





国道102号線の
幻想的な雪景色





同上





同上




まさか、
紅葉と雪景色
同じ日にみることが
できるなんて
思いませんでした。

今回の雪は
本格的な雪ではなく
数日で消えてなくなったようです。
「そろそろ冬の準備をしてね」と
促すような季節の催促
だったのですね。







コメント

福島県を旅しよう!(其の2)

2017年11月16日 | 国内旅行

2016年11月上旬に
福島県を旅行しました。
その第二弾です。



円蔵寺・福満虚空像尊


JR只見線会津柳津駅から
徒歩10分の円蔵寺

会津を代表する
名刹のひとつ。





高台にある本堂。

本尊の虚空菩薩像
弘法大師空海が手掛けたと
伝えられている。





本堂の舞台から
見えるのは只見川。





807年(大同2年)
名僧 徳一大師によって
開かれる。





紅葉の美しさで有名な寺。





境内の紅葉





同上





同上



鶴ヶ城


会津若松市の鶴ヶ城

幕末の戌辰戦争では
約一か月に及ぶ戦いが
鶴ヶ城を中心に行われた。





鶴ヶ城公園





同上



茶室麟閣


大正19年、千利休の死後
千利休の子供少庵が
藩主蒲生家のために
作った茶室と言われている。





お庭には
お茶席があり
お茶と和菓子が
いただける。(有料)





茶室
重要文化財に指定。



















大内宿


大内宿の見晴台より眺める。

昔ながらの佇まいが
今も残る宿場町。

何度か来ている大内宿だが
紅葉時期は初めて。

この季節は
新そばが美味しいのだ。
食べて帰るぞ~。






コメント

青森県を旅しよう!(葦毛崎・種差)

2017年11月09日 | 国内旅行




10月下旬に行った
青森県八戸市の旅です。

旅した場所は
地図の一番北にある
赤いの中の
江差海岸近く。

東日本大震災で甚大な被害を
受けた東北地方太平洋沿岸の
自然公園を再編した
三陸復興国立公園の一部です。





蕪島と種差海岸の
間にある
葦毛崎展望台から
大須賀海岸方面を望む。

蕪島から入江に沿って
遊歩道ができています。
ここを歩きました。





遊歩道を20分ほど歩くと
大須賀海岸

東北北部では最大規模の
散歩ができる長い砂浜は
約2.3kmある。

映画やテレビのロケに
よく使われているそうな。





種差天然芝生地
江差海岸の代表的景観。
まるで整備された
ゴルフ場のようですが
自然の芝原だそうです。






みちのく潮風トレイル
青森県八戸市から
福島県相馬市まで
太平洋沿岸をつなぐ
全長約700km長距離自然歩道
平成30年度には
全線開通する予定です。

いずれは挑戦したいですね。

 検索 みちのく潮風トレイル






コメント

福島県を観光しよう!(其の1)

2017年10月14日 | 国内旅行

2016年11月上旬に
福島県を旅行しました。



願成寺


最初に訪れたのは
いわき市の願成寺(ガンジョウジ)





ここには県内唯一の
国宝建造物
白水阿弥陀堂がある。
平泉の中尊寺金色堂を
模して建てられたお堂。





平安時代中期、
阿弥陀堂を中心に
池、中島を配し、
周囲の山々を借景し
この時代に流行した
浄土庭園を造る。

昭和47年の発掘調査で
その浄土式庭園が
復元された。




土津神社


猪苗代町にある
土津神社(ハニツジンジャ)





会津松平家の
初代藩主保科正之公
(1611~1672)
を祀った神社。
国宝を多数保有。





創建当初は
日光東照宮と
並び称されるほどの
豪華さだった。





神社境内にて。
紅葉の色にも
負けない新婦の
色打掛の鮮やかさ。





境内の紅葉。

野口英世も
青年時代に
参拝したらしい。




福島旅行はまだ続きます。
 






コメント

初秋の草津温泉に行こう!

2017年09月30日 | 国内旅行


草津温泉 湯畑

9月の中旬に来ました。

もう何回来たのでしょうか…
数えてみました。
春・夏・秋・冬 季節を変えて
今回が14回目です。
(アハハ好きね~)

でも以外と飽きない





湯滝
湯畑の温泉が
湯滝となって流れ落ちる。


                




・年振りに
西の河原を観光。





西の河原
きれいに整備された
遊歩道。





西の河原
東屋などもできて
憩いの公園になっている。





西の河原
西の河原公園の一番奥にある
見晴らし台。
そこから見渡す景色。





西の河原
川の水と温泉が
交わり流れる渓谷。





塀の奥に見える建物は
西の河原露天風呂


                




高台にあるホテルヴィレッジ
その周りの森には
リゾートマンションのヴィラが三棟。
そしてミニゴルフ場

それらすべてを囲むように
森林浴散策コース
整備されています。

ウッドチップが敷き詰められていて
とても足にやさしい遊歩道です。





全てを制覇すると
約120分の気持ちのいい
散歩コースになります。








森林浴コース内の
大谷池(おおやち)
初夏なら蓮の花が
きれいだそうです。
グリーンの橋は
モネの橋」というそうです。



まだまだ知らなかった
草津がありました。
これからも、
観光に、
ハイキングに、
スキー
訪れる予定です。






コメント