本日もスケッチびより!

日々のスケッチ、水彩画、日本画、版画などをアップしていきます。ぜひぜひご一緒に♪

ミモザのはなしと薔薇と雀

2020-02-05 | 松屋個展2020/5月
この頃、タイトルの前に写真を入れられるようにスマホアプリが進化したようなので、普段撮ってる写真を入れたりしてるのですが、今日は描きかけのミモザ。
前日のタイトルのところにアップした、あのミモザを描いてます。
何故描きかけなのかというと、土日と頭痛に悩まされたため描きかけのまま止まってしまっているのであります。
ご存知の方も多いかと思いますが、ミモザはとっっっても水あげが悪く、あのふわふわした柔らかな花はあっという間にしぼんでしまうのです。
なんならお店に並んでるうちにしぼんできます。
それでも色はきれいだし、ふわふわの状態を見てないとそれでも十分きれいなもんだから、しぼみかけをうっかり買ってしまったりします。
丁寧なお花屋さんだと茎を木槌などで潰して水あげをしているそうです。
それでも上がった状態をキープするのは難しいのです。
とりあえず、よさそうなものを選んで買って、茎にハサミを入れて割ってみました。なんとか3日もちました!
…がもう花がちびっちゃくなってしまいました。
これはこれで可愛いのですが、ふわふわ感がありません。
もうドライにするしかありません。
でも昨日今日と早起きしてコツコツ描いたので、この写真よりは仕上がりに近づいてます。
もう一息ですので、描きあがりましたらアップしますね。
ミモザは大好きですが、たいへん!


さて、今日の日本画を。


テリハノイバラに雀
15×30cm 日本画

金ぴか✨に写真が撮れてしまいましたが、実際はこんなにはぎらついてません。
角度とか光のあてかたによるかな。
展示では額に入りますので、また雰囲気も変わります。
お楽しみにー♪

うちの駐車場の日除として植わっているテリハノイバラは、もう10才以上になります。
なぜか刺がほとんどないので、助かっています。
殺虫剤を使わないようにしているので、虫がいっぱいつくのですが、この花が咲く頃、子育て中の雀たちがたんぱく質を求めてやってきて悪い虫をどんどん取ってくれます。
そんな初夏の生命感あふれる営み、感じていただけたら嬉しいです。







コメント   この記事についてブログを書く
« 2月に入りました! | トップ | 春近し »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

松屋個展2020/5月」カテゴリの最新記事