グルーヴな感じ

日記だよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パーマカルチャーを体験して

2004年11月14日 21時31分59秒 | [地球] めざせパーマカルチャー
意味なく存在するものはない

石や木、鶏や牛など
鉱物、植物、動物、
自然に存在するものの個性を良く知り、
それらがそれらしく生きて、存在する、
それで、すべてが美しく循環していく。
もちろん、その世界の中に人間も含まれる。
たとえ、見かけ上、困った人でも、
嫌なものでも、問題のあることでも、
すべての存在には意味がある。
それをうまく活用する方法があるはず。

そういう考えのもとに、
文化をデザインすることを
パーマカルチャーという。
そこには、ひずみや無理がなく、
永続可能な文化ができていく。
他の定義の仕方もあるかもしれないけれど、
今回、体験をして、
私はそう感じた。

関心のある人は、
パーマカルチャーセンターのHPを参照ください。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« いい天気だな。 | トップ | ごはんづくり »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こういうところがあるんだね (Shio)
2004-11-20 11:16:28
こんち。日本は農業国になれるかしら。フランスみたいに。



Unknown (anju)
2004-11-20 20:46:33
Shioさん、ども。

そうね。みなさんの気づき次第でしょ。



パーマカルチャーは、

単に農業って言うよりは、

カルチャーなところが

anju的には

気に入りました。



こんにちは (おおひらしんすけ)
2004-11-22 02:11:42
なるほど、「農業がカルチャー」か。勉強不足で完全に理解していないけど、わくわくしますね。カルチャーはビジネスとは違うのですよね。

ロハスって概念は理想をビジネスとしても機能させて、より発展させようという意気込みも感じるのですが、パーマカルチャーはどちらの方に向かうのでしょうね。



どちらにしても、理想でなく、誰でも行動しやすいコンセプトとして、エコもスローも改良されていくと思います。



誰でも、もっとよりよく、そして、みな自然体が壊れてきていることを実感してきていますからね。



「わかっちゃいるけど、できない(しない)んだよね」というこの普通一般の理屈を打破できるきっかけを皆望んでいるんだと思います。



率先者はもう多く輩出してきて、これからは受身者を引っ張っていく段階かもしれません。

似たような解釈が、これ「http://synqoo.ameblo.jp/entry-e465e357d99e79e81f99d217756871d1.html



では、また情報交換よろしくお願いします。



お仕事 (anju)
2004-11-22 21:59:55
ビジネスって言う言葉は忙しそうな感じがするな。

個人的には仕事っていう言葉が好きかな。

一人ひとりが自分なりの仕事ができればよいのだね。

[地球] めざせパーマカルチャー」カテゴリの最新記事